過去の放送


次回の放送

11月17日(日)放送

「ロックタウンは恋の街」ストレイ・キャッツ

アメリカNY出身の3人組バンド「ストレイ・キャッツ」。本国からイギリスに渡り、80年代初頭世界的なムーヴメントを巻き起こしたネオ・ロカビリー・ブームの火付け役となった。「ロック・タウンは恋の街」はセカンドシングルとして1981年にリリース。全英ヒットチャートを賑わし、ヨーロッパや日本でも大ヒット曲となった。すぐにリリースされた1stアルバム『Stray Cats(涙のラナウェイ・ボーイ)』は斬新なサウンドをクリエイトした作品で、ネオ・ロカビリーの金字塔的なアルバム言われる。本国アメリカでは1982年アルバム『Built For Speed』でデビュー、15週に渡り2位にチャートインする超ビックヒットとなった。ロカビリーを愛し、パンク・ムーヴメントを捉え、独自のスタイルを生み出したストレイ・キャッツ。なぜ本国アメリカではなくイギリスでデビューをしたのか?この曲はどのように生まれたのか?など、ストレイ・キャッツのメンバー、ブライアン・セッツァーとスリム・ジム・ファントムが熱く語る。