町中華で飲ろうぜ町中華で飲ろうぜ

次回の放送

青い雲
2019年7月22日(月)

#13「門前仲町編」/#14「浅草編」

#13 門前仲町編玉袋筋太郎

今回の舞台は江東区門前仲町。玉さんが二十代の頃、隣町に住んでいたという思い出の地。

一軒目は開業昭和5年の「三勝菜館」。まずは珍しい「生ザーサイ」で「青島ビール」を一杯。さらに「八宝菜」、「紹興酒」も注文。辰巳芸者や木場の旦那衆、花柳界で賑わっていた当時の話も酒のあてに大満足の玉さん。

二軒目は、二代目とそのお姉さんが店を切り盛りする「三幸苑」。熱々の「焼き小籠包」で「ハイボール」がグイグイすすむ。シメは横浜の名店の味をそのまま受け継いだという「タンメン」。優しい塩味のスープと白菜の甘味が絶妙な一品。思い出の地で見つけた町中華で今宵も酔いしれます。

#14 浅草編高田秋

今回は台東区浅草。毎週仕事で来るという高田秋さんが、いきつけの町中華を見つけようと訪れました。

1軒目は、看板に中華と鉄板焼きの文字が並ぶ「博雅」。近所の商店から新鮮な食材が手に入ったことから鉄板焼きを始めたそうだが、跡継ぎであった女将さんが結婚したご主人がもんじゃ焼き店に勤めていたこともあり、現在は「もんじゃ焼き」を提供する町中華に。

2軒目は、洋食と中華を提供する大正創業の「やよい」。名物は300gもあるボリュームが売りの「ポークソテー」で、「赤ワイン」を合わせて堪能しました。そして〆の一品は「ラーメン」。洋食も兼ねる町中華ならではのスープに、箸が止まりませんでした。

  • #11「北千住編」/#12「門前仲町編」のサムネイル

    門前仲町編

  • #11「北千住編」/#12「浅草編」のサムネイル

    浅草編

番組からのお知らせ

青い雲
2019年7月4日(木)
ホームページをリニューアルしました

Instagram

「町中華で飲ろうぜ」公式インスタグラムです。
出演者のふとした美味しい瞬間など放送では観られない表情を投稿しています。ぜひフォローしてください!

フォロー