夢の鍵

毎週土曜
夕方5:30~6:00

夢の鍵

世界に通用する「モノづくり」に挑む姿を追う!

キャスト

    ナレーター:賀来賢人 大谷亮平

番組内容

日本のお家芸、モノづくりに情熱を傾ける人々を描いてきたTBSテレビのドキュメンタリー『夢の扉』放送終了から半年。『夢の扉』の志はBS-TBSへと引き継がれ、新番組『夢の鍵』が始まります。21世紀の世界で通用する日本のモノづくりとは何か、熱い志をもってそれぞれの道を切り開く人たちに焦点を当てることで、戦後日本のお家芸と言われた「モノづくり」を未来へ引き継ぐ人たちを応援します。見ているみなさんに元気を与える番組を目指していきます。

次回の放送情報

  • 8月18日放送
    #96 先端医療を支える双腕ロボット
    #96 先端医療を支える双腕ロボット

    医療の最先端に身を置く研究者にとっても、働き方改革は切実な問題だ。医療研究の分野には『ピペット奴隷』という言葉があるそうだ。
    薬剤などを試験管から吸い上げ、シャーレや小さな容器に移し替えるスポイトのようなものをピペットというのだが、このピペットを使って延々と繰り返される単純作業のことを『ピペット奴隷』という。
    結局、最先端の研究も最後は人海戦術となる側面は否定できない。タンパク質の研究者だった夏目徹さんは、この現状を憂い、人間が行う作業をロボットに置き換えられないかと真剣に考えた。
    研究者はもっと創造的な分野に時間を使うべきだと。夏目さんは18年前に開発に乗り出したのだが、前途は多難。研究費が底を尽きかけた頃、当時、安川電機が開発中だった双腕ロボットに衝撃を受け、産業ロボットの父と言われる鈴木健生さんたちとの開発が始まる。
    そして完成したロボットは今や筑波大学の全ゲノム解析プロジェクトなど様々な分野で活躍中だ。番組は最先端の医療分野で威力を発揮する最新ロボットの能力を追った。

    ナレーション:賀来賢人

過去の放送

ページの先頭へ