永遠の歌姫 島倉千代子
~人を愛し、歌に生きた波瀾の人生~

2017/10/1(日)
よる7:00~8:54

永遠の歌姫 島倉千代子<br>~人を愛し、歌に生きた波瀾の人生~

歌姫・島倉千代子の人生は、まさに“人生いろいろ”だった。度重なる苦難を乗り越え、歌と恋に生きた島倉千代子の物語。

キャスト

    小林幸子 コロッケ 南こうせつ 加藤和也 ほか

番組内容

2013年11月、75歳でこの世を去った昭和を代表する歌手・島倉千代子。「お千代さん」の愛称で親しまれ、ヒット曲は「東京だョおっ母さん」「からたち日記」「人生いろいろ」など多数。NHK紅白歌合戦には生涯で35回出場した。
島倉千代子がよく口にした言葉、それは「一日一恋」。男女を問わず、一日一回誰かに恋すること。ふと見かけた喫茶店のウェイターに一目惚れしたり、年下の後輩を我が子のように可愛がる…。いつも誰かに恋をしている…それが島倉千代子だった。
しかし、彼女の人生はそれだけでなかった。代表曲「人生いろいろ」のとおり、まさに波乱万丈だったのである。幼少時の怪我、プロ野球のスター選手との結婚と離婚、中絶体験の公表、失明の危機、金銭トラブルによる多額の借金、がんとの闘い…。
番組では、再現ドラマと関係者の証言、歌唱映像を中心とする島倉千代子の貴重VTRにより、永遠の歌姫・島倉千代子の人生を紐解いていく。
インタビュー出演は、小林幸子、コロッケ、南こうせつ、加藤和也ほか。
デビュー当時のレコード会社が島倉さんと同じで、「母さん」と慕っていた小林幸子。
ものまねをきっかけに、島倉千代子との親交を深めたコロッケ。
美空ひばりの長男・加藤和也氏。島倉千代子はデビュー前から美空ひばりの大ファン。その後、レコード会社の先輩後輩として美空ひばりは、島倉千代子を妹のように可愛がった。
南こうせつは、島倉千代子の遺作となった「からたちの小径」を作曲。島倉さんは、「からたちの小径」のレコーディングを行った3日後、天国に旅立った。

初回放送:2017/3/10(金)

ページの先頭へ