捜査指揮官 水城さや3

2017/11/23(木)
よる7:00~8:54

捜査指揮官 水城さや3

警視庁唯一の女性管理官・水城さやの活躍を小池栄子がパワフルに演じるシリーズ第3弾! 

キャスト

    水城さや(警視庁刑事部捜査第一課管理官・警視):小池栄子
      ○
    岸本達也(警視庁刑事部捜査第一課第三強行犯捜査係主任・警部補):杉本哲太
      ○
    渡辺愛子(警視庁刑事部捜査第一課第三強行犯捜査係・巡査):北川弘美
    丸尾晴子(墨田警察署・刑事):杉田かおる
    菱沼伊知朗(警視庁刑事部捜査第一課理事官・警視):林 泰文
      ○
    森内義一(墨田警察署・刑事):中本 賢
    谷川英樹(墨田警察署・刑事課長):松澤一之
    江藤大輔(「ビストロ三島」コック):石井智也
    水城繁雄(さやの弟・鰻職人):山口翔悟
      ○
    水城千代子(さやの母・鰻屋の女将):市毛良枝
      ○
    篠田幸次郎(実業家・「シルバーフォレスト」代表):川野太郎
    三島恭平(「ビストロ三島」シェフ):大浦龍宇一
      ○
    浅草太郎(本名不明の認知症老人):笹野高史
      ○
    葉山和久(警視庁刑事部捜査第一課長・警視正):伊武雅刀

スタッフ

    脚本:安井国穂
    監督:児玉宜久

番組内容

捜査員の“オヤジ”たちを色気で殺す訳ではなく、死ぬほど働かせることから“オヤジ殺し”との異名を持つ警視庁唯一の女性管理官・水城さやの活躍を小池栄子がパワフルに演じるシリーズ第3弾! 
まだまだ男性社会が色濃く残る警察組織の中で、女性の管理官として事件の捜査を指揮し、捜査員らを束ねるさや。事件が発生し、捜査の指揮を執るためにさやが捜査本部に赴くと、捜査員である“オヤジ”刑事たちに軽視されるのが常であるが、今回は捜査員の中の紅一点、女刑事・丸尾晴子(杉田かおる)と捜査をめぐって火花を散らす!
ちょっと強引な捜査(ダーティー)をする女刑事・晴子(ハリー)に“ダーティーハリー”とあだ名を付けつつも、刑事としての腕前を認めるさやだが、晴子の単独捜査がさやの立場を窮地に追い込むことに!? 
今回も捜査員たちの反発や上層部の圧力を受けながらもそれに屈することなく、管理官のさやは真相を追い求め突き進んでいく!!

【あらすじ】
警視庁刑事部捜査一課の警視である水城さや(小池栄子)は、捜査本部を指揮する際、事件解決のためにオヤジ刑事たちを死ぬほど働かせることから“オヤジ殺し”との異名を持つ警視庁唯一の女性管理官だ。
ある日、墨田署管内のとある石段下で、男性の転落死体が発見され、事件の捜査本部を指揮することになったさやはいつものように部下の岸本達也(杉本哲太)、渡辺愛子(北川弘美)と共に現場へ出向いた後、捜査本部が置かれた墨田署へと赴く。初動捜査の報告で被害者は墨田署内にある有料老人ホーム「シルバーフォレスト両国」に勤務する介護ヘルパーの野中守(岡部尚)で、死因は後頭部を強打したことによる脳挫傷と判明。所持していた金品類が残っていることから物取りの可能性は低いと思われるが、さやはすべての可能性を視野に入れて捜査の指示を出す。その後の捜査員たちの調べで、野中が事件当夜に井川実(柳憂怜)という夕刊紙記者と面会する約束をしていたことが判明。井川がシルバーフォレストの不正疑惑を取材していることが判り、自分の待遇に不満を抱いていた野中が井川にシルバーフォレストを内部告発しようとしていたとの推測が浮上する。
そんな中、捜査員たちの中で紅一点の丸尾晴子(杉田かおる)は自分が聞き込みで面会したシルバーフォレストの代表・篠田幸次郎(川野太郎)が怪しいと強く主張し、さやに重要参考人として事情聴取させて欲しいと言い出す。さやは晴子の主張は現時点では根拠が弱いと判断し、晴子の要望を却下するが、晴子はさやの指示に強く反発し捜査本部が紛糾する。
そんな矢先、捜査報告書を読み直していたさやは犯行現場付近の目撃情報として記述された不審な老人の目撃情報に目が留まる。その老人の風貌が、数日前、さやの実家である鰻屋で無銭飲食し補導された認知症らしき老人(笹野高史)の風貌に酷似していたからだ。母の千代子(市毛良枝)からその老人が浅草太郎という仮名で近隣の老人ホームに保護されていると聞いたさやは、千代子と共に老人ホームを訪問。職員の調べで太郎が事件当夜にホームから出かけていたことを知る。
一方、勝手に単独捜査を始めた晴子は、事件当夜の篠田のアリバイを証言した秘書の小島塔子(上野なつひ)を執拗に追い回してアリバイの偽証を認めさせる。晴子はさやに篠田の事情聴取を認めさせ、篠田から事情聴取を行うのだが…。

ページの先頭へ