永山絢斗&尾上松也 W主演 BS-TBS開局20周年記念ドラマ

池波正太郎原作 上意討ち

2020年12月5日(土)よる7:00~8:54放送

永山絢斗&尾上松也 W主演 BS-TBS開局20周年記念ドラマ 池波正太郎原作 上意討ち 2020年12月5日(土)よる7:00~8:54放送

概要概要

自分の許嫁を自害に追い込んだ殿様におきて破りの打擲<ちょうちゃく>行為におよび、自ら藩を出奔した田中源四郎(尾上)。そして、殿様の理不尽な尻ぬぐいのために、不本意ながら上意討ちを命ぜられた森十兵衛(永山)。二人の武士の数奇な運命を描き、人生とは何か?人間の幸せとは何か?を現代に問いかける池波正太郎の原作を映像化。

原作・スタッフ原作・スタッフ

原作:池波正太郎「上意討ち」(新潮文庫)
脚本:金子成人
監督:服部大二
製作協力:(株)松竹撮影所
プロデューサー:遠藤宗一(BS-TBS)、足立弘平(松竹)、岡村紘野(松竹)
制作:BS-TBS/松竹株式会社
4K制作 ※BS-TBSとBS-TBS 4Kで同時放送

キャストキャスト

永山絢斗 … 森十兵衛(鰺岡藩士)
尾上松也 … 田中源四郎(鰺岡藩士)

桜庭ななみ … お妙(庄屋の娘)
北原里英 … 千里(源四郎の許嫁)
室龍太(関西ジャニーズJr.) … 斎藤半平(鰺岡藩士)

宇梶 剛士 … 堀兵庫頭忠行(鰺岡藩主)

高島礼子 … みね(十兵衛の母)
中村梅雀 … 橋本彦八(庄屋)

永山絢斗さん

永山絢斗さん(森十兵衛役)コメント

京都の松竹撮影所の皆さんや、素敵なキャストの方々と、本格的な時代劇を作れること、声をかけていただいたことに心から喜びを感じております。剣豪の役を出来るだけ若いうちに演じてみたくもありましたし、『上意討ち』の話しにとても魅力を感じていて、今から楽しみで仕方ありません。社会の理不尽さや、運命のいたずらに翻弄される登場人物たちに、共感出来ることがきっとあるはずです。20周年記念ドラマに相応しい、素敵な時代劇を届けられるよう、一生懸命に臨みたいと思います。

尾上松也さん

尾上松也さん(田中源四郎役)コメント

久しぶりの時代劇なので、どのようになるのかわかりませんが、物語が重厚で、自分のお役も重要なお役なので、皆様に一喜一憂していただけるように、自分も上意討ちの世界に入り込みたいと思っております!

桜庭ななみ

桜庭ななみさん(お妙<たえ>役)コメント

追う十兵衛と追われる源四郎、どこか友情関係にある2人だからこその切ない物語です。十兵衛がそんな時に出会うお妙と言う女性を今回私は演じます。心身共に疲れ果てた十兵衛を看病しながら再び源四郎の姿を探しに出てしまうことに寂しさを感じるとともに、恋心に気づく…優しさと芯の強さを持った女性です。クランクインまでの時間、役作りに集中し、お妙のシーンは観ている方がホッとするような、そしてちょっと甘酸っぱく感じてもらえるようなシーンにできたらなと思います。

高島礼子さん

高島礼子さん(みね「十兵衛の母」役)コメント

これまで数多くの時代劇に出演させていただいてきましたが、今回は武家の母という役回り。立派な剣豪でありながら、惻隠(そくいん)の情を示すことができる十兵衛という人物を育て上げた武家の女ですので、凛としておりながらも、母としての温かさを併せ持つ、そんな演技ができたらと思います。

中村梅雀さん

中村梅雀さん(橋本彦八「庄屋・お妙の父」役)コメント

理不尽でとても厳しく、重い題材。切なくも、ほのかに心が温まるラスト。私の役は、色々な意味合いを含んだ深さを求められます。良い脚本だと思います。久々の時代劇。心して演じたいと思います。

プロデューサー・遠藤宗一(BS-TBS) コメント

2000年12月にBS-TBSが開局して、今年で20年を迎えます。この20年間では様々な出来事が起きました。その中でも今年、コロナウィルスが私達の生活に大きな影響を与えています。
どうにもならない理不尽さの中で、もがきながら日々を過ごしていかなければなりません。江戸時代の封建の世でも、理不尽に翻弄されながらも必死に生きていた人々がいました。本作に登場する二人の主人公・森十兵衛と田中源四郎は、慎ましくも小さな幸せを望んでいただけなのにそれは叶わず、葛藤しながらも自らの運命に立ち向かいました。池波正太郎氏が描くその世界は、決して押し付けることなく、ストンと心に落ちる感覚があります。「これからの日々を少しでも前向きに歩んで頂けたら」という思いを胸に、W主演の永山絢斗さん、尾上松也さんをはじめキャスト・スタッフ一同、心をひとつにして本ドラマを一生懸命制作して参ります。ぜひご覧ください!