next

次回の放送は6月29日です

夏の新潟 棚田から日本海へ
日本一の里山ごはんと憧れの古民家村

夏、新発見がいっぱいの新潟へ!
南魚沼で日本一の米を田植え体験。
真似したくなる、美味ごはんの秘密とは?
十日町で見つけた古民家村は、絵本の世界。
日本海で味わう贅沢な鯛茶漬けも。
暮らしたくなる里山里海めぐりです。

番組概要

日本には、まだまだ知らない美や伝統が眠っています。
商家の連なる、美しい街並み。
武家屋敷の清々しさ。
竹林へ続く、石畳の道。
地元の人しか知らない、とっておきの味や手仕事。
街道をたどり、古くから続く
「美しい日本」を再発見していく番組です。

夏日だったり、湿気でひんやりしたり。
皆様、体調を崩してはいませんか。
ただいま、コクーン歌舞伎にて
「四谷怪談」を上演中です。
舞台で夏をさきどり、
ちょっとひんやりしにいらっしゃいませんか?

profile

初代旅の案内人 中村勘九郎

1981年 東京都出身。86年に「盛綱陣屋」の小三郎役で初御目見得。翌年に「門出二人桃太郎」の桃太郎役で二代目中村勘太郎を名乗り初舞台を踏む。歌舞伎の世界に止まらず舞台、テレビ、映画などで活躍。TBS「世界遺産」では06年から約2年間ナレーションを務め好評を博した。これまでの主な出演作にはNHK大河ドラマ「新選組!」主演映画「禅ZEN」、舞台「おくりびと」「ろくでなし啄木」など話題作多数。2012年2月、六代目中村勘九郎を襲名。

旅の案内人 中村七之助

昭和58年、十八世中村勘三郎の次男として誕生。

昭和61年1月、歌舞伎座にて初お目見得。翌年、二代目中村七之助を名乗り、初舞台を踏む。

歌舞伎以外にも多くのテレビ、映画などで活躍。主な出演作には、トム・クルーズ主演映画「ラスト・サムライ」、「真夜中の弥次さん喜多さん」、「かぐや姫の物語」など多数。兄・六代目中村勘九郎と共に、現代歌舞伎界を担う役者の一人である。

music music

土岐麻子

沖仁

1974年生まれ。高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。その後スペインと日本を往復し20代を過ごす。2006年メジャーデビュー。07年4月~NHK大河ドラマ「風林火山」紀行テーマ曲を担当。 2010年スペインのフラメンコギター国際コンクール国際部門で 日本人初の快挙である優勝を果す。その模様は「情熱大陸」で放送された。デビュー10周年を記念した初のベストアルバム 「MI CAMINO [ミ・カミーノ] ~10年の軌跡~」をビクターエンターテインメントより発売。