町中華で飲ろうぜ町中華で飲ろうぜ

過去の放送

2019年7月8日(月)

#15「品川編」/#16「月島編」

#15 品川編玉袋筋太郎

品川は東海道一の宿として栄えた宿場町。今回は、八ツ山橋から続く旧東海道沿いが舞台。

最初のお店は、昭和40年代の札幌ラーメンブームが起きた頃にできた「狸小路」。札幌ではなく静岡県出身の店主が手作りする餃子は野菜たっぷり。ビールと王道の組み合わせでほろ酔いの玉さん。

次に向かったのは、リーゼントヘアの店主が営む「あおた」。先代から受け継いだ「肉玉子炒め」は黒胡椒とショウガが効いたお酒が進む一品。さらに郷愁を誘う町中華の「カレーライス」も堪能。

最後に訪れたのは「栄華飯店」。近所で評判の「唐辛子あんかけ焼きそば」は、目が醒めるものを食べたいと、常連の一声で誕生したオリジナルメニュー。歴史深い宿場町で、味わい深い中華とお酒を満喫した玉さんでした。

#16 月島編坂ノ上茜

もんじゃの町として知られる月島はここ数年、高層マンションの建設など再開発で町が急変。路地や木造長屋が大飯だった都心の下町にも時代の波が押し寄せている。そこで、町中華娘こと坂ノ上茜が“いま行くべき町”として月島を選択。

一軒目は最盛期には都内で100店舗近くもあったという「生駒軒」で定番の海老のチリソースや人生初という中華おこげに舌鼓。

二軒目は、一昨年に開業したばかりの新しい町中華を選んだが、店主は月島の老舗町中華の味を受け継ぐ地元民。店内はお洒落な居酒屋のようだが、メニューは明らかに“飲める町中華”ファンからの要望に応え今回は紹興酒にも挑戦し、店主が絶対の自信を持つという正油ラーメンも堪能。もんじゃに行った2軒目は絶対に町中華と思える夜になった。

  • #15「品川編」/#16「月島編」のサムネイル
  • #15「品川編」/#16「月島編」のサムネイル
2019年7月1日(月)

#13「門前仲町編」/#14「浅草編」

#13 門前仲町編玉袋筋太郎

今回の舞台は江東区門前仲町。玉さんが二十代の頃、隣町に住んでいたという思い出の地。

一軒目は開業昭和5年の「三勝菜館」。まずは珍しい「生ザーサイ」で「青島ビール」を一杯。さらに「八宝菜」、「紹興酒」も注文。辰巳芸者や木場の旦那衆、花柳界で賑わっていた当時の話も酒のあてに大満足の玉さん。

二軒目は、二代目とそのお姉さんが店を切り盛りする「三幸苑」。熱々の「焼き小籠包」で「ハイボール」がグイグイすすむ。シメは横浜の名店の味をそのまま受け継いだという「タンメン」。優しい塩味のスープと白菜の甘味が絶妙な一品。思い出の地で見つけた町中華で今宵も酔いしれます。

#14 浅草編高田秋

今回は台東区浅草。毎週仕事で来るという高田秋さんが、いきつけの町中華を見つけようと訪れました。

1軒目は、看板に中華と鉄板焼きの文字が並ぶ「博雅」。近所の商店から新鮮な食材が手に入ったことから鉄板焼きを始めたそうだが、跡継ぎであった女将さんが結婚したご主人がもんじゃ焼き店に勤めていたこともあり、現在は「もんじゃ焼き」を提供する町中華に。

2軒目は、洋食と中華を提供する大正創業の「やよい」。名物は300gもあるボリュームが売りの「ポークソテー」で、「赤ワイン」を合わせて堪能しました。そして〆の一品は「ラーメン」。洋食も兼ねる町中華ならではのスープに、箸が止まりませんでした。

  • #13「門前仲町編」/#14「浅草編」のサムネイル
  • #13「門前仲町編」/#14「浅草編」のサムネイル
2019年6月10日(月)

#11「北千住編」/#12「蒲田編」

#11 北千住編玉袋筋太郎

今回、玉さんが訪れたのは足立区の北千住。
再開発が進む町で見つけたのは、女将さんが一人でのれんを守り続ける「幸楽」。自家製のかえしに漬け込んだ「チャーシュー盛り」と、汁まで飲(や)れちゃう「レバニラ」でお酒が進む!

二軒目は、ジャイアンツファンの店主が営む「建龍」。町中華の定番「麻婆豆腐」とツルッと飲める「ワンタン」に玉さん大感激。明るい店主と酒を酌み交わし、弾む会話も酒のあて。賑やかな北千住の夜に、とことん酔いしれます!

#12 蒲田編坂ノ上茜

かつては“町工場の町”と呼ばれた蒲田だが、最近は『羽根つき餃子発祥の地』と言われ、町中華好きには注目の町。

坂ノ上茜も「餃子が好きだから」という理由で今回、蒲田に訪れたが1店舗目ハズレなしと見込んだ老舗の「寳華園」という店へ。常連一押しの「肉団子の甘酢あんかけ」と裏メニューという「豚肉のガーリックバター炒め」に舌鼓。またスーパーやコンビニではまず見ることができないサッポロの赤星に遭遇してご満悦。

二軒目は夫婦で営む「新ポン太」という変わった店名の町中華へ。店主自慢の「レバーの唐揚げ」は絶品。最後に人生初の「ワンタン麺」をいただいた坂ノ上だが、2店舗とも後継者がなく今の代で店じまい。そう聞いて、早く次の町で町中華めぐりをしたいと思う夜になった。

  • #11「北千住編」/#12「蒲田編」のサムネイル
  • #11「北千住編」/#12「蒲田編」のサムネイル
2019年6月3日(月)

#9, 10「荻窪SP編」

#9, 10 荻窪SP編玉袋筋太郎/高田秋

今回は杉並区荻窪。
荻窪といえば、バブル期に東京ラーメン(しょう油ベースのあっさり味)の一種として一大ブームを巻き起こした“荻窪ラーメン”が全国的に有名だが、実は町中華の密集地帯。
JR荻窪駅周辺には、ラーメン店に負けず劣らずの店舗数があり、町中華ファンには名店とよばれる店も少なくない。

そこで、今回は前半の玉袋筋太郎さん、後半の高田秋さんが立て続けに荻窪で飲っちゃうスペシャル版。

玉袋さんは以前から馴染みの店という「ことぶき食堂」へ行き、名物の豚唐や中華なのにハムエッグに舌鼓。すると、お友達という建設会社の社長さんが偶然来店し、“芸人・玉袋”ではない素顔の一面も。

一方、高田さん町中華には珍しい若者が営む「啓ちゃん」へ。名物の木耳卵をあてにほろ酔い気分。二軒目は対象的に老夫婦が営む「冨士中華そば」。中華なのに、メニューの多くは和食という異質の町中華。ラストは『現存する最古の東京ラーメン』を手掛ける昭和6年創業の「春木家本店」で締めの一杯。

町中華の楽園、荻窪をお楽しみに。

  • #9, 10「荻窪SP編」のサムネイル
  • #9, 10「荻窪SP編」のサムネイル
2019年5月20日(月)

#7「錦糸町編」/#8「浅草橋編」

#7 錦糸町編玉袋筋太郎

今回は錦糸町。玉さんは繁華街が栄える南口ではなく、あえて北口を散策。そこで訪れたのは3年前リニューアルした「百花亭」。大将はお客の要望ならなんでも作る中華職人。玉さんが大好きなエビを使った特別メニューにビールが止まりません。

続いては、奄美大島出身の女将さんが営む「菜来軒」。名物の「メンマチャーシュー」で「熱燗」を一杯。そしてなぜか常連客の手土産も酒の肴に。まるで家族のように会話が弾むアットホームな雰囲気に、身も心も満たされご満悦の玉さんでした。

#8 浅草橋編高田秋

今回は台東区浅草橋。古くから問屋街として知られるこの町なら地元に根付く町中華があるのではと、高田秋さんが訪れました。

1軒目は、明治の中頃にフルーツパーラーとして開業した「水新菜館」。美味しい料理とワインが楽しめる一風変わった町中華で、店の隣にはなんとワインバーまで。小籠包やあんかけ焼きそばなどをワインと堪能しました。

2軒目は明治創業で和製中華の草分け的存在だった人形町の大勝軒をルーツに持つ「浅草橋大勝軒」。酒飲みには嬉しい300円の小皿メニューの肉玉や、自家製麺でつくるしいたけそばに舌鼓。レモンハイや梅干しサワーでグイっと飲りました。

  • #7「錦糸町編」/#8「浅草橋編」のサムネイル
  • #7「錦糸町編」/#8「浅草橋編」のサムネイル
2019年5月13日(月)

#5「高円寺編」/#6「堀切編」

#5 高円寺編玉袋筋太郎

今回、玉さんが訪れた町は高円寺。その佇まいから敷居が高いと足を踏み入れるのを遠慮していた念願の「七面鳥」へ。50年以上変わらぬ「コの字」カウンターの店内でセルフ式の瓶ビールを一杯!名物の「オムライス」はボリューム満点の一品!

続いては、玉さんが若かりし頃に通っていたという「満州王」。中国出身の店主、王さんと久々の再会を果たし、当時よく頼んでいた「肉ナス」を注文。懐かしの味に年代ものの「紹興酒」がグイグイ進みます!

#6 堀切編坂ノ上茜

坂ノ上茜さんが訪れたのは葛飾区の堀切菖蒲園。そこには「ラーメン街道」と呼ばれる町中華密集地域があり、町中華をもっと知るにはうってつけの町。

1軒目は開業昭和3年という老舗町中華の「三河屋」。あれもこれも食べたい坂之上さんは餃子にチャーハン、焼肉など計5品を注文。スタッフに手伝ってもらいながらも、沢山の料理に囲まれビールを堪能、ご満悦でした。

2軒目はラーメン街道で気になっていた「来集軒」。お客さんに勧められて頼んだ麻婆豆腐が土鍋仕立ての熱々で大興奮。そのくせになる美味しさに、ウーロンハイが止まりませんでした。

  • #5「高円寺編」/#6「堀切編」のサムネイル
  • #5「高円寺編」/#6「堀切編」のサムネイル
2019年4月8日(月)

#3「新小岩編」/#4「高田馬場編」

#3 新小岩編玉袋筋太郎

今回、玉袋筋太郎さんが選んだ町は新小岩。
1軒目は聞き込みで最多票を得た「黒龍」へ。常連客に人気の肉丼を「あたま」(※丼の具だけのこと)で注文。炒めた豚肉を醤油味のトロトロあんで仕上げたボリューム満点の一品!

2軒目は夫婦で営む「宝竜」。女将さん自家製の「鶏ハム」に、店主考案の「麻婆餃子」!オリジナル中華料理にウーロンハイが進む。二代目も合流し酒を酌み交わす一幕も。新小岩の「濃い」町中華に酔いしれた。

#4 高田馬場編坂ノ上茜

坂ノ上茜さんが訪れたのは高田馬場。きっかけは高田馬場の町中華が番組公式インスタグラムに“いいね!”してくれたこと。
1軒目はサラリーマンに根強い人気を持つ「秀永」。町中華の師と仰ぐ玉袋さんを真似て、一番人気の香港飯を「あたま」で注文。豆板醤の辛さがきいた一皿にビールも進む。

2軒目は“いいね!”してくれた「一番飯店」。あの手塚治虫所縁の店とのことで、手塚さんの一番のお気に入りだった「上海焼きそば」を注文。具材たっぷりのあんに茜ちゃんもご満悦。店主に勧められて初めての紹興酒にも挑戦!

  • #3「新小岩編」/#4「高田馬場編」のサムネイル
  • #3「新小岩編」/#4「高田馬場編」のサムネイル
2019年4月1日(月)

#1「浅草編」/#2「亀有編」

#1 浅草編玉袋筋太郎

玉袋筋太郎さんが下積み時代を過ごした浅草へ。
1軒目は、地元の皆さんが勧める、ミシュランに選ばれた「餃子の王さま」。野菜餃子は細かく刻まれた野菜が甘みと独特の食感を生み出し、肉餃子は旨味たっぷりで食べ応え満点!

お酒も入り“下地”ができたところで2軒目の「中華 カド」へ。ニラレバや生姜焼きを頂きながら、大将とおしゃべり。そしてシメは常連さんがオススメしてくれたチャーシュー麺。柔らかく漬けこまれたチャーシューは、流行りも廃りもなくホッとする味だった。

#2 亀有編高田秋

高田秋さんが亀有の町中華へ。
モデルという職業でありながら、趣味はなんと立ち呑み。そんな高田さんは、若者らしくスマホで町中華を検索し、写真をインスタにアップしながら1軒目の「亀有飯店」へ。餃子に続いて頼んだのは、常連の呑兵衛がこぞって頼む玉子の素揚げ。高田さんもビールを注ぐ手が止まらない。

2軒目は、夜9時を過ぎても賑わう「珍満」
お客さんからのリクエストをメニュー化したため、タン塩やマグロなど町中華では見かけない料理が並ぶ。高田さんもタン塩と山かけに、レモンのウォッカサワー・樽ハイをオーダー。間もなく81歳になるというご主人の話を聞きながら、町中華の魅力にはまっていった。

  • #1「浅草編」/#2「亀有編」のサムネイル
  • #1「浅草編」/#2「亀有編」のサムネイル