「江戸のススメ」検定問題

2013年2月25日 放送更新版

問一

家々を訪ねては戸口で芸能を演じた芸人を何と呼んだでしょう?

い)大道芸人

ろ)門付け芸人

は)物売り芸人

答えを見る
【回答】ろ)門付け芸人
【解説】

門付け(かどづけ)芸人は、家々を訪ねては戸口で芸能を演じて、金品を得ることを生業としていました。代表格の「新内流し」は、吉原などで客の求めに応じ、三味線を弾きつつ新内節を披露しました。季節に合わせた縁起物の門付け芸には、獅子舞など現在まで伝承されているものもあります。

問二

見世物小屋は、主にどの奉行の管轄下にあったでしょう?

い)寺社奉行

ろ)道中奉行

は)町奉行

答えを見る
【回答】い)寺社奉行
【解説】

寺社奉行は寺院・神社のみならず、連歌師、楽人、陰陽師なども含めた寺社領の領民支配に関わりました。門前町や境内で開かれた見世物も監督し、訴訟があればその審理も行いました。

問三

「籠抜け」という見世物は、どのような技でしょう?

い)籠の箱から脱出する

ろ)籠の中の物を消す

は)籠の筒を飛び抜ける

答えを見る
【回答】は)籠の筒を飛び抜ける
【解説】

見世物の花形・軽業の中でも、高い技術が要求された技が「籠抜け」です。長さ2メートルほどの竹で編んだ籠の筒を飛び抜けました。籠の中に等間隔に4本の蝋燭を立て、その焔を揺らさずに飛び抜ける軽業師もいたといいます。

問四

天保4年(1833)、尾張熱田で捕獲され見世物となっていた動物はどれでしょう?

い)アザラシ

ろ)イルカ

は)ペリカン

答えを見る
【回答】い)アザラシ
【解説】

現場には見物人が押し寄せ、のちに捕えられて見世物に出ました。芸を覚え人気を博したといいます。江戸時代にも現代同様、各地でアザラシ騒動が起こっています。

問五

4代目歌川広重が絶賛した軽業師の名はどれでしょう?

い)松井源水

ろ)早竹虎吉

は)村上平蔵

答えを見る
【回答】ろ)早竹虎吉
【解説】

大阪を拠点に活躍していた早竹虎吉の一座は、安政4年(1857)に江戸に進出して一世を風靡しました。巨大な駒を片手で回したり、肩などで支える長い竹竿上で子方が軽業をするなど、「曲技」を得意としました。その後、虎吉の一座をはじめ幕末の日本の軽業芸人たちは、競うように欧米に渡航し、人気を博しました。

これまでの今週の問題はこちらから

過去の問題一覧

  • 江戸のススメ公式ツイッター
  • 公式モバイルサイト スマホ・携帯サイトにも対応
  • ダウンロード無料!番組オリジナルスマホアプリ
  • 「江戸のススメ」検定
江戸のススメテーマソング

メモワール~君がくれた未来 歌 髙橋真梨子

「メモワール~君がくれた未来」という曲は、過去から現在そして未来へとつながる「愛」をテーマに作った曲です。

ひとつの時代を懸命に生き、後世に伝えてゆくことはこの時代に生まれてきた私たちの使命であり、過去のたくさんの出来事を知れば受け継がれていくことの大切さを感じます。

毎日いろいろなことがめまぐるしく起こり、悲しみ、戸惑い、傷つくこともあります。でも時は動き流れ続ける・・・

未来に向かってその足跡をしっかり踏みしめて、歩いていきましょう。きっと誰かがそれを待っているはずです。

高橋真理子