極上のクルーズ紀行

次回放送

BS-TBS

次回の放送

2019年1月3日 午前10時~ #295 「ノルウェー オーロラ舞う世界で最も美しい航路を行く 前編」
ユーラシア大陸の北西端に位置する国ノルウェー。
その西部海岸線には入り組んだ水路が縦横に拡がっており、「世界一美しい旅※1」としてクルーズファン憧れのコースになっています。今回乗船するのは、ノルウェーで125年の歴史を誇るフッティルーテン社のノールノルゲ(MS.NORDNORGE)。乗客定員590名の中型船です。フィヨルドを航海するのに最適なサイズで、ノルウェーが誇る大自然の美しさをより身近に感じながら旅をすることができます。
旅の前半は、ノルウェー沿岸を北上し、北極圏に入り、オーロラ観測の名所、トロムソまでのクルーズをご紹介します。 ノルウェーの短い秋は夏の名残りと秋の黄葉、そして厳しい冬が来る直前のオーロラを一度に楽しめる貴重な時期なのです。オーロラが見られるか、見られないか、どんな大きさでどれくらいの時間現れるのかは、 誰にも予測できないといいますが、クルーズ4日目、北極圏に入った最初の夜に、専門家も驚く程の大きなオーロラの爆発がノールノルゲの上空を覆い、ゲストから感嘆の声が上がりました。折しも船は水路の狭まったフィヨルドを航行中のこと。船のすぐそばに迫るフィヨルドの断崖と、空を覆うオーロラの光に包まれる至極の時間を堪能します。
※1:「世界一美しい旅」は、累計1億2千万冊の販売実績をもつ、最大級の旅行ガイド本「ロンリープラネット」が提唱。
ノルウェーの西海岸は島や半島が入り組んだ穏やかな海オーロラは天空からの贈り物

2019年1月3日 午前11時~ #296 「ノルウェー オーロラ舞う世界で最も美しい航路を行く 後編」
世界最北の定期船、フッティル−テン社のノールノルゲで巡る北欧ノルウェー、北極圏探訪クルーズ。旅の後半、船はさらに北へ。ノルウェーが誇る雄大な自然の懐深くへと進んでいきます。
今回はトロムソからロシア国境のキルケネスで折り返し、トロンハイムに南下する復路を紹介します。
クルーズ7日目、船は世界最北端の岬ノールカップがある、ホニングスヴォーグへ。ここは、多くのゲストが、このクルーズの目的地に挙げていた場所。厳しい自然が創り出した美しい風景を目の当たりにします。 また、ロシアとの国境まで、僅か7キロに位置するキルケネスでは、自然の懐に入るという、ノルウェー人の生き方に触れるアウトドアツアーや北極圏の恵みを豪快に味わうタラバガニ漁ツアーを楽しみます。
キルケネスで航路を折り返したノールノルゲは、海面から急峻な山がそそり立つ美しい景観の中を航行し、最大の見所、トロルフィヨルドへ。氷河が削りだした荒々しい岩肌まで手を伸ばせば届くような狭い水路は、少しでも風が強まれば立ち入ることのできないクルーズの難所。神秘的なまでの美しさを湛えるノルウェーの醍醐味を十二分にお届け致します。
セブンシスターズと呼ばれる7つの頂ノルウェーの海には物語がある氷河が作り出した大地の芸術フィヨルド