アスリート夢共演

日曜あさ9:30~10:00
月2回放送

アスリート夢共演

障がい者アスリートと健常者アスリートが、2020へ、その先へ続く「夢」を共に語り合う!

番組内容

「TOKYO!」。
2013年IOC総会でのあの瞬間以来、その成功はパラリンピックの成功なくして有り得ないと言われている。
その主役である障がい者アスリートに変わらぬ敬意を払い続けているのは、他ならぬ健常者アスリートだ。この番組では、障がい者アスリートと同じ競技の健常者アスリート(現役・OB・OG問わず)が、練習を体験し、2020のみならずアスリート同士の「スポーツの夢」を共に語る。

次回の放送情報

  • 8月20日放送
    #9  藤本怜央 × 五十嵐圭 (前編)
    #9  藤本怜央 × 五十嵐圭 (前編)

    リオパラリンピック日本代表選手団の主将・車いすバスケットボールの藤本怜央選手が登場!「夢共演」のお相手は、Bリーグ新潟アルビレックスBBの『元祖イケメンアスリート』五十嵐圭選手。小学校3年の時に交通事故で右足の膝から下を失った。5年生から始めたバスケットボールも、高校までは健常者のチームで行っていた。その藤本選手が車いすバスケットボールに出会ったのは、東北福祉大学1年の時。そして、19歳で代表入りしてからは、アテネから4大会連続でパラリンピックに出場する日本のエースに駆け上がる。その藤本選手の「車いすバスケのスゴ技」を、2006年に日本で行われた「バスケットボール世界選手権」の日本代表だった五十嵐選手が体験。様々な技に挑戦するが、その流石なこなし方は必見だ。
    対談では、2020で悲願のメダルを目指す藤本選手の原動力になっている「父からの言葉」が明かされる。また、二人の愛する奥様の秘話も出た対談では、五十嵐選手の2020への思いも語られる。
    バスケットボールに尽きる事のない情熱を燃やす二人が、最後に見せるのは「フリースロー対決」!その結果は…?!お見逃し無く!!
    そして、日本のバスケットボール界をリードする二人が語る「大切な言葉」もお楽しみに!

    藤本怜央  1983年9月22日 静岡県生まれ
    小学3年生の時に交通事故で右足の膝から下を切断。
    東北福祉大学1年の時に車いすバスケットボールに出会い、19歳で日本代表2004アテネから16リオまで4大会連続でパラリンピック出場。リオでは日本選手団の主将を務める。
    日本で所属する「宮城マックス」は、17年大会で9連覇達成。
    2014-5シーズンから、ドイツ・ブンデスリーガ「BG BasketsHamburg」に所属。

    五十嵐圭 1980年5月7日 新潟県生まれ
    中央大学時代インターカレッジ3位(1年)準優勝(3年)。
    2003日立サンロッカーズ入団、05年キリンカップ優秀選手。
    2006世界選手権・日本代表。
    2009トヨタ自動車アルバルク-10~16三菱電機ダイヤモンドドルフィンズを経て、16オフ新潟アルビレックスBBに移籍。
    2014NBLオールスターに選出。

過去の放送

ページの先頭へ