アスリート夢共演

日曜あさ9:30~10:00
月2回放送

アスリート夢共演

障がい者アスリートと健常者アスリートが、2020へ、その先へ続く「夢」を共に語り合う!

番組内容

「TOKYO!」。
2013年IOC総会でのあの瞬間以来、その成功はパラリンピックの成功なくして有り得ないと言われている。
その主役である障がい者アスリートに変わらぬ敬意を払い続けているのは、他ならぬ健常者アスリートだ。この番組では、障がい者アスリートと同じ競技の健常者アスリート(現役・OB・OG問わず)が、練習を体験し、2020のみならずアスリート同士の「スポーツの夢」を共に語る。

次回の放送情報

  • 1月21日放送
    #20 吉田信一 × 平野早矢香 (後編)
    #20 吉田信一 × 平野早矢香 (後編)

    今回の主役は、リオパラリンピック・車いす卓球日本代表の吉田信一選手・52歳。17歳の時に交通事故で車いす生活になった福島県出身の吉田選手は、28歳の時に卓球に出会う。そして、2011年。東日本大震災で被災した地元のために、本格的にパラリンピックを目指してからは、不断の努力で、リオパラリンピックの代表に。そんな吉田選手を訪ねたのは、北京・ロンドンと2大会連続でオリンピックに出場し、ロンドンでは女子団体で日本を銀メダルに導いた卓球・下日本代表の平野早矢香さん。オリンピック銀メダリストの平野さんも、車いす卓球は初体験。五輪メダリストが感じたその奥深さと楽しさとは…。

    さらには、2人が車いす卓球で直接対決の真剣勝負!ここで、平野さんの表情が一変。現役時代さながらの勝負師の顔に!果たして、その結果は…?!そして、2人が、その競技人生で大切にしている言葉に込められた「共通の思い」とは。平野さんは、吉田選手の卓球への思いにも迫る。日本卓球界を代表する二人の「夢共演」お見逃し無く!


    吉田 信一  1965年 福島県生まれ
    17歳の時、バイクの交通事故で車いす生活に。
    28歳で車いす卓球と出会う。
    2011年の東日本大震災被災した地元の為にパラリンピックを目指す。
    16年リオパラリンピック・車いす卓球日本代表。

    平野早矢香  1985年 栃木県生まれ
    幼稚園の時に両親の影響で卓球を始める。
    18歳で全日本選手権を初制覇。
    2008年北京オリンピック・卓球女子日本代表。
    12年ロンドンオリンピック・卓球女子団体で銀メダルを獲得。
    14年 の世界選手権で日本女子31年ぶりの銀メダル。
    16年競技生活を引退。

過去の放送

ページの先頭へ