アスリート夢共演

日曜あさ9:30~10:00
月2回放送

アスリート夢共演

障がい者アスリートと健常者アスリートが、2020へ、その先へ続く「夢」を共に語り合う!

番組内容

「TOKYO!」。
2013年IOC総会でのあの瞬間以来、その成功はパラリンピックの成功なくして有り得ないと言われている。
その主役である障がい者アスリートに変わらぬ敬意を払い続けているのは、他ならぬ健常者アスリートだ。この番組では、障がい者アスリートと同じ競技の健常者アスリート(現役・OB・OG問わず)が、練習を体験し、2020のみならずアスリート同士の「スポーツの夢」を共に語る。

次回の放送情報

  • 11月18日放送
    #39 川西 健太×鈴木 啓太(前編)
    #39 川西 健太×鈴木 啓太(前編)

    今月の障がい者アスリートは、アンプティーサッカー日本代表の川西健太選手
    19歳。共演するのは、オシムジャパンには欠かせない日本代表だった鈴木啓太さん。

    Jリーガーを夢見ていた中学1年の時に、右骨盤に見つかった悪性腫瘍により、その夢を断たなければならなくなった川西選手に新たな目標を与えたアンプティーサッカーの魅力に、鈴木さんが迫ります。

    クラッチと呼ばれる松葉杖を使って行うアンプティーサッカーに、レッズ一筋・Jリーグ功労賞も受けた鈴木さんが四苦八苦。その苦闘ぶりもさることながら、流石のセンスにも是非注目を!

    順風満帆ではなかった二人のサッカー人生。ただ、どんな悪い事があっても、それを「どん底」とは言わないと言う二人のアツいトークもお見逃し無く!そんな二人が「大切にしている言葉」そして、摂南大学薬学部に通う川西選手が抱く「夢」の理由とは?!さらに二人が様々な「真剣勝負」を披露!その結果は…?!お楽しみに!!

    川西健太 1999年 大阪府生まれ
    小学1年生からサッカーを始める。中学1年生の時に右骨盤に「ユーイング肉腫」が見つかり、手術を受けたが右足に障がいが残る。
    2014年中学3年生の時にアンプティーサッカーに出会う。
    2017年日本代表に選出。
    2018年10月、アンプティーサッカーワールドカップメキシコ大会に出場。

    鈴木 啓太  1981年 静岡県生まれ 
    小学生時代は清水FCに所属。中学・高校と全国大会常連。
    2000年浦和レッズ入団、以来レッズ一筋にJリーグで活躍。
    2006年日本のA代表に選出後オシムジャパンでは唯一全試合出場。
    2006年・2007年Jリーグベストイレブン。2016年Jリーグ功労賞。
    2015年現役引退。

過去の放送

ページの先頭へ