レオパレス21 ミャンマーオープン 2017

2017/1/28(土),29(日)

レオパレス21 ミャンマーオープン 2017

アジアのトッププロによる決勝ラウンドを日本国内独占生中継!

キャスト

    解説:矢野 東(プロゴルファー)
    実況:小笠原亘(TBSアナウンサー)

番組内容

【放送概要】
1/28(土)ごご3時30分~5時30分 生中継 延長なし 
1/29(日)ごご2時30分~5時30分 生中継 延長あり 最大延長よる7時

ミャンマーオープンは、1996年に創設されて以来、3度に渡るトーナメント中止期間を経て、2016年にレオパレス21を冠スポンサーに迎え復活。
ミャンマー国内唯一のアジアンツアー公式プロトーナメントであり、ミャンマー国内のゴルフ文化を牽引してきた本大会は、アジアンツアーとJGTOの共同主管競技として国内男子ツアーに加わり、獲得賞金も日本国内ツアー賞金ランキングに加算される。日本男子ゴルフツアー2018シーズンの第2戦となる。

2017年1月に開催された大会は、オーストラリアのトッド・シノットが優勝し、飛躍の年になった。日本勢では選手会長の宮里優作と矢野東が6位タイと優勝争いを演じた。過去には平塚哲二、チャワリット・プラポール、アンソニー・カン、トンチャイ・ジャイディーなど、日本・アジア・世界で活躍する名プレーヤー達が優勝を果たした本大会は、ミャンマー国内、アジア各国から注目されている。
この大会は黄金の国・ミャンマーの最大都市ヤンゴンで開催され、2018年もミャンマー有数の難コース、パンラインゴルフクラブを舞台に、“南アフリカの黒豹ゲーリー・プレイヤー設計”の難コースで熱き戦いが繰り広げられる。

今年の注目選手としては、悲願の賞金王の座についた宮里優作。
昨年末世界ランク50位以内に与えられる夢のマスターズ出場権を手に、その勢いは日本ツアーNo1である。
今年は日本ツアーに主戦場を移し、最年少で選手会長就任となった石川遼。
2017年カシオワールドオープンでは優勝争いを演じるなど、本来のゴルフを取り戻しつつある。新生、石川遼の優勝に期待が膨らむ!
次に、昨年本大会で予選落ちした悔しさを晴らしたいホストプロの今平周吾。
昨年ツアー初優勝を飾り、賞金ランキング6位と躍進した若手代表として、
虎視眈々と優勝を狙う!

その他、惜しくも昨年賞金王を逃した小平智や、JGTOで最上位のワールドランキング36位の池田勇太、韓国勢からはソン・ヨンハン、スンス・ハンなど実力者たちが今年も、豪華メンバーが顔を揃える!

JGTOとアジアンツアーから、2018年も賞金ランキング上位選手が多数出場!両ツアーの意地とプライドをかけた戦いを是非ご期待下さい!
BS-TBSでは決勝ラウンドの模様を生中継します。

【大会概要】
名 称: レオパレス21ミャンマーオープン2018
会 場:パンラインゴルフクラブ(ミャンマー ヤンゴン)
日 時:2018年1月25日(木)、26日(金) 予選ラウンド
     2018年1月27日(土)、28日(日) 決勝ラウンド
出場選手 アマチュア含む150名(JGTO65名、アジアンツアー60名)
賞金総額 75万ドル(約8770万円) 優勝賞金 13万5千ドル(約1580万円)


リンク

ページの先頭へ