吉田類の酒場放浪記 毎週月曜日 夜21時放送 店舗情報
トップページ 放送スケジュール 放浪マップ 吉田類さんって? 番組グッズ

<<#854 京成船橋「やきとり大松」  |  放浪マップTOP  | #856 新杉田「三角屋」>>


■ #855 屏風浦「鰻屋」 2018/9/10 初回放送

昭和53年創業の「鰻屋」。 鰻と焼き鳥の二枚看板。夫婦ふたりで切り盛りしてきた酒場である。 店内はコの字カウンターの中で立ち呑みできるスペースがあり、毎夜地元民で賑わう。 吉田さんがまず驚いたのは、焼き鳥の価格。創業以来40年、値段は据え置いたままだという。 それもあって、持ち帰り客も多く、屏風浦マダムやベビーカーに乗った可愛いご常連が店の前で焼き上がりを待っていた。 自慢の鰻は、国産鰻を関東風にふっくらと柔らかく仕上げたもの。マスターの秘技で1枚の鰻から蒲焼と白焼きを同時に焼き上げられるという。 さて、そのマスターの秘技に吉田さんはどう応えたか?

 

立ち寄り
御菓子司 光永堂
昭和38年創業の老舗和菓子店。名物の「磯しぐれ」は、数々の受賞歴がある銘菓。店主は洋菓子の職人だったこともあり、パウンドケーキやマドレーヌなど昔ながらの洋菓子もオススメ。

住 所:神奈川県横浜市磯子区森3-19-11
電 話:045-753-7493
営 業:午前8時半〜午後6時
定休日:木・第3金


 
 
「鰻屋」
住 所:神奈川県横浜市磯子区森3-19-11
電 話:045-753-7493
営 業:持ち帰り 午後4時〜無くなり次第
    立ち呑み 午後5時〜無くなり次第
定休日:日


Copyright&copy BS-TBS, INC. All rights reserved.
BS-TBS