金曜ナミダメ劇場 〜涙の数だけキレイになる〜

バックナンバー

#12 (2013年3月8日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『卒業』。

まず1つ目のナミダメレターは…
自分は教師にむいているのか。
自問自答を繰り返した3年間。
訪れた最後の日、卒業。
彼は、その答えを、ともに過ごしてきた
教え子たちに、教わったのです。

2つ目のナミダメレターは…
3年間、不登校で過ごした彼女にとって、
その卒業式は、よくある通過儀礼の1つ…
のはずでした。
あの日、新たな旅の扉が開き、
止まったままの時が、再び動き始めました。

ナミダメレター 23 『絶対に先生を辞めないで』
ナミダメソング 23 『贈る言葉』 海援隊 作詞/武田鉄矢 作曲/千葉和臣
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 24 『娘の心開いた、1人の卒業式』
ナミダメソング 24 『さくら(独唱)』 森山直太朗 作詞/森山直太朗 作曲/森山直太朗

(3月15日再放送)

#11 (2013年2月22日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『純愛』。

まず1つ目のナミダメレターは…
ひたむきな愛を実感した女性が、
夫への感謝を綴った手紙。
長く寄り添っているからこそ、
素直に伝えるべき言葉があるのではないせしょうか。

2つ目のナミダメレターは…
決して歓迎されることの無いわが家に嫁いでくれた妻へ、
夫が、永遠の愛を綴った手紙。
互いを理解し、強く信じ合う。
それこそが純愛の第一歩ではないでしょうか。

ナミダメレター 21 『素直に言えなくて、ごめんね』
ナミダメソング 21 『LOVE LOVE LOVE』 DREAMS COME TRUE  作詞/吉田美和 作曲/中村正人
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 22 『妻へ』
ナミダメソング 22 『青春の影』 チューリップ 作詞/財津和夫 作曲/財津和夫

(3月1日再放送)

#10 (2013年2月8日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『冬の想い出』。

まず1つ目のナミダメレターは…
冬の寒さが、厳しければ厳しいほど、
春は、優しく温かく、あなたのもとに訪れる。
巡る季節に想いを重ね、記憶の彼へ綴る 
読まれることのないラブレター…。

2つ目のナミダメレターは…
思い出の中に生きる、愛しきへ。
あの時、感じた温もりは、降り積もったまま。
記憶を刻んだ時計は、あの日の途中。
あなたの頬をなでる冬の薫りは、
どんな思い出を運んできますか…。

ナミダメレター 19 『花の季節』
ナミダメソング 19 『愛燦燦』 美空ひばり 作詞/小椋佳 作曲/小椋佳
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 20 『窓の外は雪』
ナミダメソング 20 『また君に恋してる』 坂本冬美 作詞/松井五郎 作曲/森正明

(2月15日再放送)

#9 (2013年1月25日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『想い出の味』。

まず1つ目のナミダメレターは…
一人の女性が、亡き母へ宛てた手紙です。
50年以上経った今も、鮮明に覚えている母の味。
その想い出は、美しい感謝の言葉と共に蘇りました。
「美味しいね」のひと言。
たまにはお母さんに贈ってみては?

2つ目のナミダメレターは…
愛しいわが子へ、母が宛てた手紙です。
ある日子どもたちが作ってくれた、世界一美味しい手料理。
「思いやり」や「愛情」に勝るスパイスは、
ないのかもしれません。

ナミダメレター 17 『かしわもち、ありがとう』
ナミダメソング 17 『春よ来い』 松任谷由実 作詞/松任谷由実 作曲/松任谷由実
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 18 『ホットケーキ』
ナミダメソング 18 『やさしくなりたい』 斉藤和義 作詞/斉藤和義 作曲/斉藤和義

(2月1日再放送)

#8 (2013年1月11日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『花嫁』。

まず1つ目のナミダメレターは…
いま。それは過去の積み重ね。
母親になると決めた“いま”、彼女は気付きました。
深い愛が刻まれた、父の広い背中に。
多くを語らないからこそ
後ろ姿は、雄弁に語りかけています。

2つ目のナミダメレターは…
すべてを語らなくても伝わることがある。
すべてを語っても語り尽くせないことがある。
ときに厳しく、ときに深い“絆”。
温もりに溢れた幸せの原風景。
きっと貴方の心にもあるはずです。

ナミダメレター 15 『子どものいる彼との結婚』
ナミダメソング 15 『パパ』 PRINCESS PRINCESS 作詞/中山加奈子 作曲/奥居香
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 16 『花嫁になった夜に』
ナミダメソング 16 『家族になろうよ』 福山雅治 作詞/福山雅治 作曲/福山雅治

(1月18日再放送)

#7 (2012年12月28日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『母から子へ』。

まず1つ目のナミダメレターは…
近くにいるから言いそびれる言葉がある。
伝えたいと思うほど声に出せない言葉がある。
それはたった5文字の〜ありがとう〜。

2つ目のナミダメレターは…
大切な人の喜ぶ顔が見たい。
それは、小さな身体に詰まった、大きな大きな、優しさでした。
掛け替えのない宝物。
忙しい時を過ごしながら、つい見落としたり、していませんか。

ナミダメレター 13 『私の子ども達』
ナミダメソング 13 『見上げてごらん夜の星を』 坂本九 作詞/永六輔 作曲/いずみたく
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 14 『春の贈り物』
ナミダメソング 14 『花』 石嶺聡子 作詞/喜納昌吉 作曲/喜納昌吉

(1月4日再放送)

#6 (2012年12月14日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『クリスマス』。

まず1つ目のナミダメレターは…ある日突然、病魔に襲われた一人の男性。
しかし、奥さんから贈られた一言で、彼に奇跡が起こります。
それはまさに、クリスマスの夜の出来事でした。

2つ目のナミダメレターは…一人の女性が綴った、クリスマスの思い出。
子どもの頃、誰もが心を躍らせたクリスマスプレゼント。
それは時として、永遠に心に刻まれます。

ナミダメレター 11 『忘れられないクリスマス』
ナミダメソング 11 『いつかのメリークリスマス』 B'z 作詞/稲葉浩志 作曲/松本孝弘
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 12 『クリスマスツリー』
ナミダメソング 12 『White Christmas』 手嶌葵 作詞/I.Berlin 作曲/I.Berlin

(12月21日再放送)

#5 (2012年11月30日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『弟から兄へ』。

まず1つ目のナミダメレターは…ある日、兄から弟へ届いた一通の封筒。
そこに記されていたのは、辛く悲しい現実でした。
兄弟以上の絆を実感した弟が今、その思いを綴りました。

2つ目のナミダメレターは…4年前に亡くなった兄へ、弟が送った手紙。
後悔の裏で鮮明に残るのは、兄の優しさだけでした。

ナミダメレター 9 『兄貴へ伝えたかった「ありがとう」』
ナミダメソング 9 『HERO』 Mr.Children 作詞/桜井和寿 作曲/桜井和寿
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 10 『どうしてもかなわない兄貴へ』
ナミダメソング 10 『ありがとう』 大橋卓弥 作詞/大橋卓弥 作曲/大橋卓弥

(12月7日再放送)

#4 (2012年11月16日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『父との想い出』。

まず1つ目のナミダメレターは…とある女性が、幼いころに犯した小さな過ち。
数十年後、その記憶は、お父さんとの美しい想い出となってよみがえりました。

2つ目のナミダメレターは…亡くなった父へ、娘が送った手紙。
思春期の女の子なら、誰もが一度は経験する、父親との溝。
その女性は、誤解で生まれたその距離を、父の生前に埋めることができませんでした。

ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 7 『父は、知っていた』
ナミダメソング 7 『逢いたい』 ゆず 作詞/北川悠仁  作曲/北川悠仁
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 8 『父が「大嫌い」だった』
ナミダメソング 8 『涙そうそう』 夏川りみ 作詞/森山良子 作曲/BEGIN

(11月23日再放送)

#3 (2012年11月2日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『最後の恋』』。

まず1つ目のナミダメレターは…いつか結婚しよう―。
希望に満ち溢れた未来の時間を埋めたのは、無情にも余命1年という命の宣告でした。
もしも、遺された時があと365日なら…貴方は誰と過ごしますか?

2つ目のナミダメレターは…余命5年。最愛の人が目の前から居なくなると知ったとき。
それでも、貴方は愛を貫けますか。それとも、貴方は諦めますか。
この2人の男女は、その遺された時間を、誰よりも大事に、誰よりも愛おしく、
相手への想いを募らせながら、過ごしました。

ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 5 『残りの1年、最高の時を過ごせるよる』
ナミダメソング 5 『糸』 中島みゆき 作詞/中島みゆき 作曲/中島みゆき
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 6 『仕事を投げ打ち、最愛の人を看取る』
ナミダメソング 6 『蕾』 コブクロ 作詞/小渕健太郎 作曲/小渕健太郎

(11月9日再放送)

#2 (2012年10月19日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
今回のナミダメテーマは、『親と子』。

まず1つ目のナミダメレターは…あなたは、あなたが生まれた日のこと、知っていますか?
もしくはお子さんに、生まれた日のことを話してあげたことはありますか?
新しい家族が増えた日の、みんなの笑顔を覚えていますか?

2つ目のナミダメレターは…母を想う20代の女性。
おばあちゃんが亡くなった時に、悲しみに暮れる母を見てある決意をしました。

ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 3 『哀しい言葉』
ナミダメソング 3 『遠雷』 Do As Infinity 作詞/D・A・I 作曲/D・A・I
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 4 『世界一幸せな人』
ナミダメソング 4 『未来へ』 Kiroro 作詞/玉城千春  作曲/玉城千春

(10月26日再放送)

#1 (2012年10月5日放送)

感動的な朗読と歌で、涙をさそう感動のエンタテインメント番組。
記念すべき劇場オープン初日のナミダメテーマは、『家族』。

まず1つ目のナミダメレターは…ある日突然、ガンを告知された62歳の女性。
その闘病生活を支えてくれたのは、33年間連れ添ったご主人でした。
自分を愛してくれるご主人へ、女性が、最初で最後に送った手紙があります。
アタナなら、愛する人へ、最後の手紙で何を伝えたいですか?

2つ目のナミダメレターは…大好きなじいちゃんへ、お孫さんが送った手紙。
幼いころから、一緒に遊んでくれて、いつもそばにいてくれたじいちゃん。
しかし、そんなじいちゃんは今、ベッドで寝た切り。
病気で、記憶を一つ一つ失っていっています。
もし、大好きな人があなたとの過去を忘れてしまったら。
あなたはその人と、どんな未来を作りますか?

ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 1 『最初で最後のラブレター』
ナミダメソング 1 『たしかなこと』 小田和正 作詞/小田和正 作曲/小田和正
ナミダメレター・ナミダメソング
ナミダメレター 2 『じんちゃんの孫』
ナミダメソング 2 『大きな古時計』 平井堅 作詞/保富康午 作曲/H.C.WORK

(10月12日再放送)