こころ ふれあい紀行~音と匠の旅~

毎週日曜
午前9:00~9:24

こころ ふれあい紀行~音と匠の旅~

二胡奏者ジャー・パンファンが、素敵な活動をする方々を日本各地に訪ねる音楽紀行番組。

キャスト

    ジャー・パンファン[賈鵬芳] (二胡奏者)
    中村圭之介

スタッフ

    テーマ曲
    「Here For You」(歌:ピーボ・ブライソン+小柳ゆき)

    エンディングテーマ曲
    「桃園の契り」(二胡:ジャー・パンファン)

    題字:金澤翔子

番組内容

日本には思わず笑顔になる素敵な場所がある。そこに素敵な笑顔の人々がいて、笑顔を生む素敵なものを作っている。そんな「笑顔の日本」を探しだし、ふれあう旅に出かけよう。

旅人は、中国の伝統楽器「二胡」の世界的トッププレイヤー、ジャー・パンファン。
日本の「笑顔」に魅せられ、日本に暮らしはじめて26 年。日本人以上に日本の「笑顔」に敏感だからこそ、日本人も知らなかった素敵な「笑顔」を見つけ出せる。

番組のみどころは、様々なジャンルで日本を笑顔にしている人たちとジャーさんの、ふれあいとコラボ。
美しい日本の風土の中にジャーさんの二胡の音色が響き渡る。
ジャーさんが二胡を肩に日本各地を訪れ、素敵な笑顔の方たちと出会う。訪れた先々の素晴らしい風景の中で、素敵な笑顔に囲まれて、ジャーさんはあるときはソロで、またあるときは訪問先のゲストの方々とのコラボで、二胡の美しい演奏を披露する。訪れる様々な地。
その土地の魅力を、BSならではの美しい映像によってたっぷりとお伝えしていく。

■ジャー・パンファン (賈鵬芳)
中国黒龍江省生まれ。8 歳で初めて二胡を手にし、18 歳でプロの演奏家を目指し北京へ。「中国中央民族楽団」で、ソリストとして10 年間活躍、時代を代表するトッププレイヤーとなる。その後、二胡の新たな表現の可能性を求めて1988年に来日。作曲家・服部克久氏との出会いが転機となり、日本での音楽活動の場を広げる。

次回の放送情報

  • 2月26日放送
    #149「張子で素朴なぬくもりを」
    #149「張子で素朴なぬくもりを」

    ゲスト:房本武義さん(なにわ張子面職人/大阪市生野区)

    京都の伏見稲荷の狐や鞍馬の天狗の面を今も本格的な張子の技術で作っているのが、房本武義さん。張子面を作る職人は、国内ではほぼ姿を消し、今売られているものは中国製がほとんど。房本さんは貴重な存在だ。厚手の紙で作る和装用マネキンの技術を応用し「内張子技法」でお面作りを始めたのが40年以上昔。それまでの「外張子」と違い、より細かい表情が出せるようになった。房本さんの張子面は独特のぬくもりで人気を集める。
    “今週の演奏曲”は、「祭りのあと」(作曲:吉田拓郎/二胡:ジャー・パンファン/ギター:中村圭之介)。

過去の放送

ページの先頭へ