毎週土曜 よる10:00~10:54

#89 「ジャンダルム 日本岳人に捧ぐ【2時間特別編】」(10月10日 放送)

photo

長野県と岐阜県の県境、飛騨山脈の西穂高岳と奥穂高岳の縦走路途上に聳え立つジャンダルム。標高3,163m。 「衛兵」の意味を持ち、その姿を目にしただけで怯むほどのドーム型の岩稜である。

縦走路には、天狗ノ頭、ロバの耳、馬ノ背など、ポイントごとに独特の呼び名があり、どの地点もその名にちなむ風格がある。山登りならぬ岩登りと言っても過言ではないジャンダルムへ挑む。

【 ロケ日: 9月14日~9月17日 】

見どころ
photo

前回、霞沢岳の頂から望んだジャンダルムの山容に燃えたぎる闘争心を熱くした白石さん。

これまで数々の山を踏破してきたパートナーの赤沼さんに加え女性の山岳ガイド佐藤さんが加わり、三人でジャンダルムへ挑む。

憧れのピークに立つ時に白石さんは山の喜び、そして先人達の偉大さを思い知らされる。


取材後記
photo
photo
photo

今回のジャンダルム挑戦は、スタッフにも大きな重圧がのしかかりました。
どうやって安全を確保して臨むのか、何度もガイドなどと打ち合わせを重ねて挑む事になりました。
そこで出た結論が、1日で縦走できる行程を2日に分けて撮影するというもの。
なにしろ撮影はルートタイムの1.5倍から2倍かかる事もあります。

今回は天狗のコルまで行ったら一度エスケープルートで岳沢小屋まで下り、そこで1日体を休め、
翌日天狗のコルまで再び登り上げ撮影を再開する作戦。

エスケープルートも中々険しい所で、撮影前に体力が相当奪われました。
でも、ジャンダルムに到達して、その威風堂々とした山容を目にしたときは鳥肌がたつほど興奮でした!


今後の山の予定