毎週土曜 よる9:00~9:54

#8 「神々の住む山 高千穂峰」(6月8日 放送)

photo

1300年前に書かれた日本最古の歴史書「古事記」。そこに連綿と記される太陽と山にまつわる神話。
日本神話にとって特別な存在の場所が九州にある。
鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連峰にある高千穂峰。そして、宮崎県高千穂町。
天照大神の命で葦原中国統治のためニニギノミコトが天孫降臨したと言われる場所。
シンガーソングハイカーの加賀谷はつみが、この地を訪れ、日出ずる国の歴史に触れながら、
伝説の山・高千穂峰山頂を目指す。

見どころ
photo

日本の滝百選に数えられる真名井の滝を中心に広がる高千穂峡の美しい景色、神秘的な光景と共に天岩戸神話を伝える天安河原、神武天皇の孫が九州統治の際に立ち寄って国見をされたという伝説の丘、国見ヶ丘からの絶景を紹介。神の住まう町と思えるような景色をお届けします。

そして、新燃岳の噴火が記憶に新しい霧島連山。噴火に伴う入山制限が解除され、登山が可能になった今、活きている山の魅力を紹介。そして高千穂峰山頂からのご来光を捉えるべく、日の出撮影に挑戦します。


取材後記
photo
photo
photo

加賀谷はつみ(シンガーソングハイカー)

高千穂に受け継がれる神話。植物の強さ。高千穂が生み出す神秘は見たことのない景色、聞いたことのない音、感じた事のない空気、登ったことのない山でした。その中で神様と自然と人間が深く、深く繋がっているのを感じました。そして高千穂峰で観たツツジの様に、私も凛と咲く花になりたいです!


今後の山の予定