ほっこり!富山きときと手帖

過去の放送

番組詳細

#10ベニズワイガニ(射水市)

#10ベニズワイガニ(射水市)

2017年12月07日放送
富山県を代表する漁港の街、新湊は旬を迎えるベニズワイガニが水揚げされる。新湊漁港では獲れたてのベニズワイガニを食卓の夕飯に出せるよう、昼セリが行われている。

#9五箇山の茅葺き(南砺市)

#9五箇山の茅葺き(南砺市)

2017年11月30日放送
世界遺産五箇山の合掌造りの家は定期的に屋根を葺き替えている。屋根の茅を刈る人は年々少なってきているが、伝統を絶やさないため新しい世代が茅刈を始めた・・・。

#8黒部米(黒部市)

#8黒部米(黒部市)

2017年11月23日放送
北アルプスの雪解け水と豊かな土壌から生まれた黒部米は冷めても甘みや美味しさが持続するのが最大の特徴!その黒部米を手がける20代女性唯一の生産者。彼女の夢とは?

#7万葉の里(高岡市)

#7万葉の里(高岡市)

2017年11月16日放送
3日間に渡り昼夜通して行われる高岡万葉祭り。たくさんの人々が万葉集4516首を歌い継ぐ。その万葉集の和歌を現代風にアレンジして創作舞踊を行う子どもたちが・・・。

#6黒部ダム(中新川郡立山町)

#6黒部ダム(中新川郡立山町)

2017年11月09日放送
日本最大級の水力発電ダムの黒部ダム。ダム湖からの放水は言葉を失うほどの大迫力!天気の良い日には虹が見えるという。そんな黒部ダムには珍しいトロリーバスが走る。

#5黒部峡谷トロッコ電車(黒部市)

#5黒部峡谷トロッコ電車(黒部市)

2017年11月02日放送
発電所建設のために作られたトロッコ電車。車窓から見えるはエメラルドグリーンに輝く黒部川や山と谷が織りなす風景。その先には湧きたての温泉を1人じめできる秘湯が!?

#4五箇山和紙(南砺市五箇山地区)

#4五箇山和紙(南砺市五箇山地区)

2017年10月26日放送
世界遺産に登録されている合掌造りの集落「五箇山」で、古くから受け継がれてきた「五箇山和紙」薄さと強さの秘密は原料の楮。この和紙に惹かれて和紙職人を目指すのは?

#3こきりこ節(南砺市五箇山地区)

#3こきりこ節(南砺市五箇山地区)

2017年10月19日放送
およそ1400年前に誕生し、この地に受け継がれてきた日本最古の民謡「こきりこ節」。この民謡にかかせない楽器「ささら」。波を打たせ奏でるその音色は、職人の技が作り出す音。

#2あめ(富山市)

#2あめ(富山市)

2017年10月12日放送
江戸時代お薬に熱心な富山のお殿様が広めたあめ。麦芽、玄米、でんぷんだけで作る自然の甘さの水あめは、丸薬の苦さをやわらげるために一緒に口にしたとか・・・。

#1おわら風の盆(富山市八尾地区)

#1おわら風の盆(富山市八尾地区)

2017年10月05日放送
300年以上の歴史をもつ富山の祭り「おわら風の盆」。ダイナミックな男踊りと妖艶な女踊り、夜中まで踊り歩くこの祭にかかせない「胡弓」の秘密とは?

番組詳細

ページの先頭へ