ONE×TIME 建築の記憶

毎週水曜
よる9:54~10:00

ONE×TIME 建築の記憶

仲村トオル。彼がシャッターを切ることで「世界でただひとつの時間」が証し立てられていく。

キャスト

    仲村トオル

番組内容

仲村トオル。彼は、時を収集し保存する、虚とも実ともつかぬ、「時の写真家」。彼は、時の流れに風化せず、時代に対して超然とした姿勢を保ち続ける名建築を選び取りカメラを向けてきた。建築は、その存在のみでは未完だが、人々と結び合うことで特別な時を刻み出す。本来、写真に記録されるのは“永遠の一秒”。しかし、彼はそこに“永遠”を発見していくのである。
無為な1秒は、ただ1秒に過ぎず、豊かな1秒は過ぎ去ってもなお、かけがえのない一瞬、永遠と等価である。彼がシャッターを切ることで「世界でただひとつの時間」が証し立てられていくのである。

次回の放送情報

  • 10月5日放送
    #236森のこころ ジョージ・ナカシマ・ハウス・アンド・ヴィラ
    #236森のこころ ジョージ・ナカシマ・ハウス・アンド・ヴィラ

    アメリカ、ペンシルヴァニア州ニューホープ 1947年−1975年 建築家:ジョージ・ナカシマ
    20世紀を代表する、木工デザイナー、ジョージ・ナカシマの家。広大な森の中に拠点を置き、ナカシマは自然と共存する暮らしを始めた。スタジオ、ゲストハウス、そして家族と暮らす家。木を集め、石を積み、ナカシマは、デザインから建設まで自ら行った。木々の声を聞き、その魂が訴えかける、美しき形を露わにした。

過去の放送

リンク

ページの先頭へ