高島礼子・日本の古都
~その絶景に歴史あり

毎週金曜
よる10:00~10:54

高島礼子・日本の古都<br>~その絶景に歴史あり

旅人・高島礼子の歴史探訪──古都の絶景からひもとく絢爛豪華な悠久の物語。

キャスト

    高島礼子

番組内容

京都、奈良、鎌倉、平泉、金沢…。
世界でも類を見ない美しさをたたえる「日本の古都」。
この番組では、古都の絶景を入口に、悠久の時を重ねる古都の知られざる物語を紐解いていきます。
日本の歴史を今に遺す古都を訪ね、国宝級の寺社仏閣はもちろんのこと、伝統、文化、風土、古の人々がこだわり作り上げた美の世界に迫ります。

<番組からのお知らせ>

6月24日(金)は特別編成のため、「高島礼子・日本の古都」はお休みです。

<再放送情報>

7月3日(日)夕方4:00~4:54
#40 京都歴史ミステリー「陰陽師 安倍晴明 大出世の謎」
80才半ばまで活躍…当時では異例の「長寿」だったが、歴史の表舞台に登場するのは40過ぎ…一体何があったのか?

どうぞお楽しみに!

次回の放送情報

  • 7月1日放送
    #33(再) 京都歴史ミステリー「家康と京都、謎の15年」第一夜
    #33(再) 京都歴史ミステリー「家康と京都、謎の15年」第一夜

    案内人:安部龍太郎(作家)
    たぬきおやじ…腹黒…ネガティブなイメージが強い徳川家康。しかし、信長・秀吉もできなかった天下泰平の国づくりをやり遂げた。実は、関ヶ原で勝利した時、すでに還暦を迎えようとしていた家康。当時の平均寿命を考えれば、家康には「時間」がなかったのだ。それにもかかわらず、なぜ豊臣家をすぐに潰さなかったのか?大坂夏の陣までの不気味な15年…その謎を解く!
    案内役は、小説「家康」を各紙で連載中の作家・安部龍太郎さん。第一夜は、桜の絶景…世界遺産「二条城」からスタート。関ヶ原に勝利した家康がまず手がけたのが、京都での城作り。二条城に秘められた…政権争奪の地、京都の攻略策とは?60歳から75歳…走り続けた家康は、権力欲に取りつかれた鬼だったのか?それとも…。没後400年、徳川家康の真実に迫る!

過去の放送

ページの先頭へ