美の王国 モロッコ

過去の放送

番組詳細

#10

#10

2017年12月15日放送
サハラ砂漠の玄関口ケラア・ムグナという小さな町には、世界が注目する緑あふれるバラの花畑「バラの谷」が広がっている。ここで花開くのは2万種以上あるバラの中で最も香りが高いと言われるバラの女王「ダマスクローズ」。
クレオパトラも愛したと伝えられる神秘のバラの正体とは…。

#9

#9

2017年12月08日放送
アトラス山脈に囲まれた高原の町・ミデルトには、モロッコ女性のビューティーライフを支えるハーブ畑が広がっている。ミネラルをたっぷりと含んだアトラス山脈の雪解け水によって、栄養と香りを蓄えた質の良いハーブに育っている。古くから自然療法としてハーブの力を信じ、生活の中に取り入れてきたモロッコ女性たちの姿をご紹介。

#8

#8

2017年12月01日放送
今、世界が注目するモロッコの新たな美のアイテムが「ウチワサボテン」。サボテンの種から抽出され、優れた保湿力があるといわれる「サボテンオイル」
や、タンパク質・ビタミン・ミネラルをバランスよく含んだスーパーフード「サボテンパウダー」など、サボテンから生み出される美容アイテムの全貌を紐解いていく。

#7

#7

2017年11月24日放送
モロッコ美容を代表する「アルガンオイル」は、お肌に潤いをもたらす天然の美容液としてだけでなく、古くからスーパーフードとして料理にも使われてきた。悪玉コレステロールを減らすオレイン酸や老化を防ぐビタミンEが豊富で、あらゆる料理に適した万能オイル。そんなモロッコの大地の恵みがギュッと詰まった絶品料理をご紹介。

#6

#6

2017年11月17日放送
モロッコ南部の町「アガディール」は、世界中の女性たちを魅了する天然の美容液「アルガンオイル」の故郷です。ここだけにしか自生しないアルガンツリーの木の実から抽出され、昔から地元の女性たちの手作業によって生み出されてきた希少なアルガンオイル。紫外線の強いモロッコで美しくあるために女性たちが愛してやまない奇跡のオイルの秘密を解き明かします。

#5

#5

2017年11月10日放送
モロッコの女性たちは「ハマム」と呼ばれる公衆浴場で美を磨く。古くからアルガンオイルやローズウォーターなど、大自然が生み出すアイテムを美容に取り入れてきたモロッコにおいて、ハマムは世界のエステサロンの原点とも言われている。「サボンノワール」「ガスール」といった天然の美肌アイテムを使い、ゆっくりと過ごす癒しのひと時をご紹介。

#4

#4

2017年11月03日放送
モロッコの歴史ある建物をホテルに改装した「リヤド」。強い日差しを遮り、風通しを良くするため中庭を囲むように部屋が並ぶリヤドは、モロッコ人の古くからの知恵がホテルとして新たな輝きを放ち、世界中の女性を魅了する場所となっている。シンプルでモダンなスタイルのマラケシュのリヤド、そして幾何学模様のタイル地を、ふんだんに使った北部の都市フェズのリヤドなど、伝統とトレンドが融合するモロッコを肌で感じられる場所を紹介。

#3

#3

2017年10月27日放送
マラケシュ随一の「ビューティースポット」へ。「スーク」と呼ばれる市場にはわずか3mほどの路地の両側に、およそ2000のお店が並んでいる。色とりどりのスパイスやハーブなどが並ぶ「スパイス広場」観光客の一番のお目当てが。モロッコの南西部でしか自生しないアルガンツリーの木の実からとれるアルガンオイル。天然の美容液とも言われる、このオイルは日本はもちろん、世界の女性の憧れの逸品。日本でもお馴染みとなったバブーシュなど女性に人気のハンドメイドのモロッコ雑貨も紹介する。

#2

#2

2017年10月20日放送
交易の十字路として古くから栄えてきた内陸の町「マラケシュ」。世界遺産に登録されている旧市街「メディナ」にはジャマ・エル・フナ広場にはおよそ200軒の色とりどりの果物や、ドライフルーツの露店が立ち並ぶ。名物は女性に大人気のオレンジジュースにシーフードフライ…牛や羊の肉を炭火で焼いた「ケバブ」など。陽気でエネルギーに満ちた、モロッコの素顔を、最も感じることができる場所をご紹介。

#1

#1

2017年10月13日放送
東西の文化が交じりあい、独自の発展を遂げた「モロッコ王国」は古くから「美の王国」として世界中の憧れと称賛を集めている。美しいインテリア雑貨や、体の中からキレイになれる伝統料理、エステ発祥の地で味わう、癒しのひとときなど今も、多くの女性たちを魅了する「美のアイテム」を紹介する。

番組詳細

ページの先頭へ