THE世界遺産3D GRAND TOUR

過去の放送

番組詳細

イスタンブール歴史地区(トルコ)

イスタンブール歴史地区(トルコ)

2014年03月22日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。
2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。
立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。
21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

ヨーロッパとアジアの交差点、イスタンブール。この街はローマ帝国、オスマン帝国と人類の歴史に燦然と輝く帝国の首都として栄華を誇った。
4世紀から20世紀初頭までの長きにわたって、なぜこの街は繁栄を手にすることができたのだろうか?
西洋と東洋が出会う街、イスタンブールへのグランドツアーに出かけよう!

ベネツィアとその潟(イタリア)

ベネツィアとその潟(イタリア)

2014年03月15日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。そして21世紀の今。時代は立体写真から3D映像の世界へ。

今回は水の迷宮都市として知られるベネツィア。
15世紀、海洋都市国家として独自の発展を遂げ、黄金時代を築いた。
街に張り巡らされた大運河は建国より約千年の時を経ても尚、人々の重要な交通網になっている。その中に数多く残る建築物は、華麗なる貴族文化に満ちている。
さあ、アドリア海に浮かぶ宝石のような街、ベネツィアへのグランド・ツアーへ出かけよう。

ビスカヤ橋(スペイン)

ビスカヤ橋(スペイン)

2014年03月08日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。そして21世紀の今。時代は立体写真から3D映像の世界へ。

今回のグランド・ツアーは、スペイン・ビスカヤ橋。
1893年、産業革命期のビルバオに世界初の運搬橋・ビスカヤ橋が誕生した。ビルバオに鉄の時代を築き上げたこの橋は、人々の生活を支えた街の心臓であり、経済の中心地でもあった。
さあ、”鉄の時代のシンボル”ビスカヤ橋へのグランド・ツアーへ、出かけよう!

マチュピチュ歴史保護区(ペルー)

マチュピチュ歴史保護区(ペルー)

2014年03月01日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った旅”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。

今回のグランド・ツアーは、ペルー、マチュピチュ歴史保護地区。
「私は夢を見ているのではないか?」アンデスの山奥で謎の空中都市を発見した冒険家は、思わず口にした。
インカの人々は独自の知恵と技術を駆使し、標高およそ2400メートルの地に、巨大な都市を築き上げた。
さあ、太陽に最も近い天空都市、マチュピチュへのグランド・ツアーへ、出かけよう!

イグアス国立公園(アルゼンチン・ブラジル)

イグアス国立公園(アルゼンチン・ブラジル)

2014年02月22日放送
かつてヨーロッパの若者たちは、青春時代の締めくくりとして世界を巡る旅に出かけていた。21世紀の今、3D映像のグランド・ツアーへ。

今回は、イグアス国立公園。
ここにはブラジルとアルゼンチンの国境を跨いで轟音をあげる世界最大の滝、イグアスの滝がある。
ほとばしる水しぶきの中で命が滝に寄り添い、特有の多くの動植物を育む。太陽と水が光のページェントを繰り広げるイグアスの滝へのグランドツアーに、出かけよう!

古代都市チチェン・イツァー(メキシコ)

古代都市チチェン・イツァー(メキシコ)

2014年02月15日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った旅”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーはメキシコ、チチェン・イツァー。
ユカタン半島に位置するマヤ文明最大の遺跡である。
泉のほとりに花開いたその文明は、高度な天文学を持ち、神と崇める太陽に生贄を捧げることで、収穫や戦争の勝利を祈った。
さあ、謎に包まれたチチェン・イツァーへのグランド・ツアーへ、出かけよう!

ハバナ旧市街とその要塞(キューバ)

ハバナ旧市街とその要塞(キューバ)

2014年02月08日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーはキューバ、要塞群に囲まれた街・ハバナ。
アメリカの文豪・ヘミングウェイが愛したその街には、まるで骨董品のようなクラシックカーが今もなお走り回り、葉巻工場や電車の整備工場が、時空を超えてきたかのように動き続けていた。
さあ、大西洋の海風香るハバナのグランド・ツアーへ、出かけよう!

シェーンブルン宮殿(オーストリア)

シェーンブルン宮殿(オーストリア)

2014年02月01日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った旅”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーは、オーストリア、シェーンブルン宮殿。
645年の長きに渡り、ヨーロッパに君臨したハプスブルグ家。
その栄華の結晶、シェーンブルン宮殿。
この華麗な宮殿は、女帝・マリア・テレジアの愛情で満たされていた。
さあ、マリア・テレジアが愛したシェーンブルン宮殿へのグランド・ツアーへ、出かけよう!

古都京都の文化財(日本)

古都京都の文化財(日本)

2014年01月25日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った旅”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーは、日本の古都、京都の文化財。
1200回目の春。古都京都は、花と緑にあふれていた。
清らかな水に育まれた古の都。桜が満開の社寺。水のない庭に息づく禅の心。
さあ、桜色に彩られた京都へのグランドツアーへ、出かけよう!

ロワール渓谷(フランス)

ロワール渓谷(フランス)

2014年01月18日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った旅”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーはフランス、ロワール渓谷。
150年もの間、フランス文化の中心だったロワール地方。
中世の優美なシャトーが点在するロワール川流域、美しく広がる豊かな田園風景。
さあ、2つの顔を持つ優雅なロワール渓谷のグランド・ツアーへ、出かけよう!

※7/6(土)は特別編成の為放送休止

古都スコータイ(タイ)

古都スコータイ(タイ)

2014年01月11日放送
かつてヨーロッパの若者たちが青春時代の締めくくりとして世界を巡った旅”グランド・ツアー”。そんなかつての若者たちが体感した世界旅行を臨場感あふれる3D映像でお届けする。
今回のグランド・ツアーはタイの古都、スコータイ。タイの歴史の中で、独自の仏教文化を花開かせた遺跡である。スコータイとは、「幸福の夜明け」を意味する言葉。その名の通り、すべての人々が、豊かに暮らしていた、理想郷であった。
さあ、幸福の街、スコータイへのグランド・ツアーへ、出かけよう!

アンコール(カンボジア)

アンコール(カンボジア)

2014年01月04日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんだのである。そして今、21世紀。さあ、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、カンボジア、アンコール。
150年前フランス人の学者が密林に発見した巨大石像伽藍、アンコール・ワットはクメール人の宇宙観を地上に具現化した寺院。ヒンドゥーの神ヴィシュヌ神に捧げられたアンコール・ワットは、東西1.5km、南北1.3km。幅190mの環濠は深く、無限の大海を象徴し、中央の尖塔は世界の中心、須弥山を模している。15世紀にシャム軍に進攻され、クメール王朝は滅亡するが、その後もアンコール・ワットは仏教の聖地であり続けた。現在も仏教徒であるカンボジアの人々にとって、アンコール・ワットの中の石像は信仰の対象であり、精神的支柱である。
周囲12kmの環濠に囲まれたアンコール・トムは、クメール王朝最盛期の都城。その中央に建つバイヨンは、歴代の王の中で初めて仏教に帰依した王、ジャヤバルマン7世が建てた仏教寺院。バイヨン寺院の54の尖塔すべての四面に、観世音菩薩が彫られている。一つの顔が2mもある石の菩薩顔は、ジャヤバルマン7世の顔そのものであり、見る角度と光の具合によって微笑んでいたり、泣いていたりするといわれる。

クメール王朝が遺したアンコールの遺跡群。古の歴史と謎が眠る石の宇宙の、迫力ある3D映像をお楽しみに。

※12/28(土)は特別編成の為放送休止いたします。

アントニ・ガウディの作品群(スペイン)

アントニ・ガウディの作品群(スペイン)

2013年12月21日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんだ。そして今、21世紀。さあ、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、スペイン、アントニ・ガウディの作品群。
19世紀後半、貧しい人を救う為に民間のカトリック団体が聖堂の建設を計画。1882年、サグラダファミリアの建設がはじまった。建設途中のサグラダファミリア内部。ガウディがサグラダファミリアに抱いたイメージは、「静寂な森」。
ガウディのパトロンであったグエルはカタルーニャ地方の中心を作ろうとしていた。グエルに、その全てを託されたガウディが考案したのは広大な庭園都市計画であった。それは、現在バルセロナ市に寄贈され公園となっている。グエル公園である。
1906年に完成した、海底洞窟をモチーフにした住宅「カサ・バトリヨ」。1・2階部分は海底洞窟をイメージしてあり、さらには上階に行くほど水面に上昇していくかの錯覚に陥る仕掛けが施されている。
「カサ・ミラ」、山と地中海をイメージした巨大住宅。その風変わりな外観から現地では、ラ・ペドレラ(石切場)というネーミングが主流で使われている。
バルセロナの街に広がるガウディの作品群を、迫力ある3D映像をお楽しみに。

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群(トルコ)

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群(トルコ)

2013年12月14日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんだのである。そして今、21世紀。さあ、3D映像のグランドツアーへ。
今回のグランドツアーは、トルコ、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群。トルコ中央高原にまるで別の惑星のような風景が広がる。そこは奇岩が並び立つ世界遺産、カッパドキア。なぜこんな奇妙な岩が生まれたのか。
人々は昔から、自然の地形を生かして暮らしてきた。やがてその荒涼とした大地に祈りの場を見出し、キリスト教の修道士がやってきた。彼らが遺した類まれなる美の空間。
目を見張るような異世界を巡る旅。ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩石遺跡群の迫力ある3D映像をお楽しみに。

フィレンツェ歴史地区(イタリア)

フィレンツェ歴史地区(イタリア)

2013年12月07日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんだのである。そして今21世紀。さあ、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、イタリア、フィレンツェ歴史地区。
この街は、「屋根のない美術館」と謳われてきた。芸術への情熱があふれる自由都市。金融や織物業がもたらした富が、多くの才能を支えた。人類の歴史にそびえたつルネサンスという輝かしい都市文化を創造したフィレンツェ。ルネサンスとは、神の意志がすべてだった中世世界から、人間や自然そのものに関心を向かわせた文化運動。ルネサンスは、芸術や建築を媒介として、15世紀のフィレンツェから全ヨーロッパへと広がっていった。
ミケランジェロは、4メートルを越える巨大な大理石の中から、一人の英雄を生み出した。旧約聖書に登場する古代イスラエルの英雄、ダビデ。1505年、ダビデ像は政庁舎の前に置かれた。全裸の彫刻を公共の場に置いたこと自体、画期的だった。
ミケランジェロをはじめとするさまざまな才能が同時期に活躍した「屋根のない美術館」フィレンツェ歴史地区の迫力ある3D映像をお楽しみに。

九寨溝の景観と歴史地区(中国)

九寨溝の景観と歴史地区(中国)

2013年11月30日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんだのである。そして今、21世紀。さあ、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、中国、九寨溝の景観と歴史地区。中国の人々が「この世にただ一つ」と自負する絶景の世界遺産。澄みきった水の流れが生んだ自然美。大小100以上の湖や滝の数々が標高2000mを超える渓谷に連なる。
渓流の中に木々が生い茂り、段々畑のように小さな湖が集まる「樹正群湖」の奇観。青や緑に染まる美しい湖、中国の人々が「九寨溝の一絶」(世界中で唯一の絶景)と絶賛する「五花湖」の絶景。幅約300m、落差約25m。九寨溝最大の滝「諾日朗滝」の圧巻。
神話の世界にも例えられる幻想の水辺、九寨溝の景観と歴史地区の迫力ある3D映像をお楽しみに。

日光の社寺(日本)

日光の社寺(日本)

2013年11月23日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真、2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんだ。そして今、21世紀。さあ、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、日本、日光の社寺。
日光の象徴とも言える東照宮の陽明門。この門だけでも500以上もの彫刻が施され、その壮麗な装飾をかつての人々は寛永バロックと称した。力強い東照大権現のイメージにふさわしく、その姿は真昼の光を浴びたとき、神々しい輝きを放つ。
徳川家光の霊を祀る輪王寺、大猷院。山の斜面にある敷地には合計5つの門があり、門をくぐり抜ける度に少しずつ天上の世界に近づくような意匠が施されている。金色に輝く本殿の天井には巨大な竜の絵が描かれ、単なる仏教寺院とは全く異なる不思議な空間が広がっている。
他の地区の文化財建造物とは異なり、日光の社寺は専門の技術者集団が常に維持管理を行っている。漆、彩色、飾り金具など様々な匠の技を受け継ぐ彼らの手により、日光の社寺はいつまでも色あせることなく鮮やかで輝かしい姿をとどめている。
日光。東照宮。陽明門。陽の光を名前に冠した日光の社寺。その荘厳な建築群の、迫力ある3D映像をお楽しみに。

グランドキャニオン国立公園(アメリカ)

グランドキャニオン国立公園(アメリカ)

2013年11月16日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、グランドキャニオン国立公園。アメリカ西部を貫く大河コロラド川が、600万年という途方もない歳月をかけて創り出した大峡谷。そこには幾多の天地創造の神話が生まれた。
「地球の年代記」と呼ばれている地層からは、20億年前の地球の姿を見ることができる。
世界で最も壮大な景観を誇る峡谷”グランドキャニオン国立公園”へのグランドツアーに出かけよう!

白川郷・五箇山の合掌造り集落(日本)

白川郷・五箇山の合掌造り集落(日本)

2013年11月09日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

今回は、白川郷・五箇山の合掌造り集落。日本中部、富山県と岐阜県にまたがる豪雪地帯。かつて辺境と呼ばれたこの地には、3つの合掌造り集落がある。険しい山と川に狭まれ、昔は一年の半分ほども雪に閉ざされた陸の孤島であった。詩情豊かな日本の原風景が、今も、ここに残されている。
独特の四季と風土が生んだ合掌の家”白川郷・五箇山の合掌造り集落”へのグランドツアーに出かけよう!

ベリーズのバリアリーフ保護区(ベリーズ)

ベリーズのバリアリーフ保護区(ベリーズ)

2013年11月02日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。
2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。
立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。
21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

今回は、ベリーズのバリアリーフ保護区。
世界有数の透明度を誇るベリーズのバリアリーフは、カリブ海に面するユカタン半島の東海岸にそってのびる世界第2位の珊瑚礁である。
地球上で最大の魚ジンベエザメの3D撮影に成功したほか、希少動物であるマナティやウミガメなどの海中生物が3D映像で躍動する。
海の生物たちと色彩豊かな珊瑚が織りなす自然の水族館”ベリーズのバリアリーフ保護区”へのグランドツアーに出かけよう!

ヴィエリチカ岩塩坑(ポーランド)

ヴィエリチカ岩塩坑(ポーランド)

2013年10月26日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

今回のグランドツアーは、ヴィエリチカ岩塩坑。ポーランドの首都ワルシャワから南におよそ300km、かつての都クラクフ近郊にヴィエリチカ岩塩坑がある。地下130mに広がる巨大な空間は、ポーランドの基盤を約800年もの間支え続けた。その坑道の全長は実に300km以上にも及ぶ。
さあ、ポーランド繁栄の秘密を現在に伝える”ヴィエリチカ岩塩坑”へのグランドツアーに出かけよう!

古代都市テーベとその墓地遺跡(エジプト)

古代都市テーベとその墓地遺跡(エジプト)

2013年10月19日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。
2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。
立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。
21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

今回は、古代都市テーベとその墓地遺跡。
エジプトの首都、カイロから南におよそ500km。今日のルクソール周辺に、新王朝時代の都テーベはあった。テーベの都は、ナイル川によって東と西に分かれていた。東は、神殿が立ち並ぶ生者の街。そして西は、ファラオや貴族たちの墓が造営された来世の街。
生と死のコントラストを放ちながら、人類史上類まれなる文明の舞台となった。”古代都市テーベとその墓地遺跡”へのグランドツアーに出かけよう

メンフィスの墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

メンフィスの墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯(エジプト)

2013年10月12日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。
2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。
立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。
21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

今回は、メンフィスの墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯。
古代エジプト文明の象徴、ピラミッド。永遠の命を望んだファラオが来世への旅立ちのために建造した。古代エジプトの人々は、このピラミッドに大きな力が宿ると信じていた。
遥かなる時を越えて、”メンフィスの墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯”へのグランドツアーに出かけよう!

古都奈良の文化財(日本)

古都奈良の文化財(日本)

2013年10月05日放送
100年以上前に欧米で大流行した立体写真。
2枚の写真で再現されるはるか異国の風景。
立体写真によって人々は3次元の大いなる世界旅行を楽しんでいた。
21世紀の今、3D映像のグランドツアーへ。

西暦710年、まほろばの地・奈良に都が開かれた。
しかし次々と降りかかる天災や疫病の数々。そこで当時の天皇はシルクロードを通って大陸から伝わった仏教で国を治めようとしていた。
そして当時の人々が見たこともなかった、大きな仏像や寺院が築かれた。
日本の原点に出会う古都・奈良へのグランドツアーに、出かけよう!

番組詳細

ページの先頭へ