伊達な旅紀行~いいトコ!みやぎ

過去の放送

番組詳細

#285「名物おばちゃん漬け」

#285「名物おばちゃん漬け」

2017年08月16日放送
※特別編成の為8/16(水)よる9:54より放送致します。

仙台と山形、米沢を結ぶ山中七ヶ宿街道の中心地。古い街道には、道路や旅行者を守る道祖神がまつられている。今回は、グルメ情報満載の宿場町、七ヶ宿をご紹介。

#284「あぶ急の旅」

#284「あぶ急の旅」

2017年08月08日放送
※特別編成の為8/8(火)よる9:54より放送致します。

阿武隈急行は「あぶきゅう」と呼ばれ沿線のみんなに親しまれているローカル鉄道。福島との県境では阿武隈川を見下ろす絶景を見ながら走りる。今回は、福島との県境の鉄道の旅をご紹介。

#283「話題沸騰!石巻の猫島」

#283「話題沸騰!石巻の猫島」

2017年07月31日放送
今、ちょっとした猫ブーム。石巻には猫島として有名な島がある。今回は、猫の島として話題の田代島をご紹介。

#282「南三陸町の自然を満喫」

#282「南三陸町の自然を満喫」

2017年07月24日放送
南三陸町には、羊の牧場など、自然と触れ合える場所がたくさんある。今回は、南三陸町で自然を満喫できる場所を紹介。

#281「夏は親子で大島へ!」

#281「夏は親子で大島へ!」

2017年07月21日放送
※特別編成の為7/21(金)よる8:54より放送致します。

昔から海に浮かぶ「緑の真珠の島」というふうにも呼ばれている。今回は、夏休みにピッタリの気仙沼大島での体験をご紹介。

#280「復興に立ち上がった人々~気仙沼編~」

#280「復興に立ち上がった人々~気仙沼編~」

2017年07月10日放送
気仙沼の浪板地区には、約300年間守り続けている宮城県指定無形民俗文化財がある。それが「浪板虎舞」。今回は、気仙沼で復興に向けて頑張っている人たちをご紹介。

#279「宮城で野球を楽しもう!」

#279「宮城で野球を楽しもう!」

2017年07月03日放送
丸一日、試合前から試合後まで楽しめるようなボールパークを目指して、日本の他のスタジアムでは味わえない、いろんな経験ができることが最大の魅力。今回は、「Koboパーク宮城」の楽しみ方をご紹介。

#278「パワースポットと七不思議」

#278「パワースポットと七不思議」

2017年06月26日放送
登米市の歴史は古く、縄文時代から栄えていたと言われている。歴史のあるこの町にはたくさんの神社仏閣があり、パワースポットが集まっていると言われ観光客に人気。今回は、パワースポットが集まる登米の町をご紹介。

#277「レトロタウンみやぎの明治村」

#277「レトロタウンみやぎの明治村」

2017年06月19日放送
登米市登米町。この町には明治時代の建造物が多く残り、「みやぎの明治村」と呼ばれている。今回は、明治時代にタイムスリップしたかのようなハイカラな建物が残る「みやぎの明治村」をご紹介。

#276「来て、見て、ふれて、くりでんミュージアム!」

#276「来て、見て、ふれて、くりでんミュージアム!」

2017年06月12日放送
今から10年前、惜しまれつつ廃線となった、くりはら田園鉄道。他の私鉄で使用されていた車両を採用するなど、全国の鉄道ファンにも人気が高い鉄道だった。今回は、平成29年4月にオープンした「くりでんミュージアム」をご紹介。

#275「栗駒山麓ジオパークで地球の歴史を体感!」

#275「栗駒山麓ジオパークで地球の歴史を体感!」

2017年06月05日放送
4月の終わり頃、栗駒山の山肌には駒の形と種をまく坊主のような残雪が姿をあらわす。毎年、田植えの時期を知らせる風物詩で栗駒山を水源とする幾筋もの豊かな清流が、ふもとで暮らす人々の生活に豊かな恵みをもたらしている。今回は、栗駒山麓で体感する「ジオパーク」の魅力をご紹介。

#242「サーファーおすすめ県南スポット」

#242「サーファーおすすめ県南スポット」

2017年05月29日放送
宮城県南部の山元町、笠野。震災前は県南屈指のサーフポイントと知られ、県外からも大勢のサーファーが訪れていた。今回は、県南のサーファーおすすめスポットをご紹介。

#274「復興に立ち上がった人々~女川編~」

#274「復興に立ち上がった人々~女川編~」

2017年05月22日放送
女川町、おらが町のサッカーチーム「コバルト―レ女川」の本拠地。東日本大震災以降、女川町と共に生きるチームであるということを確認し、町を元気にすることを目標に活動を続けて来た。今回は、女川で復興に立ち上がったサッカーチームをご紹介。

#273「廃校校舎でグリーンツーリズム体験」

#273「廃校校舎でグリーンツーリズム体験」

2017年05月15日放送
こちらは学校だろうか?廃校となった木造校舎を利用した「校舎の宿さんさん館」。ここに宿泊して、農業や漁業など、様々な体験ができる。今回は、話題となっている南三陸町の体験グリーンツーリズムをご紹介。

#272「石巻パワースポットめぐり」

#272「石巻パワースポットめぐり」

2017年05月08日放送
樹齢300年ぐらいと言われる、松と楓が一緒になっている不思議な木。こぶに体の調子が悪い所をつけるとよくなるというご神木。お金についた不浄を洗い流すという銭洗い場。など…今回は、石巻のパワースポットめぐりをご紹介。

#271「リニューアルオープン!南三陸町の商店街」

#271「リニューアルオープン!南三陸町の商店街」

2017年05月01日放送
南三陸さんさん商店街。東日本大震災の後、仮設店舗で営業していたが、3月3日に嵩上げされたこの場所にリニューアルオープンした。今回はオープンした新南三陸さんさん商店街をご紹介。

#270「仙女を応援しに行こう!」

#270「仙女を応援しに行こう!」

2017年04月24日放送
2006年に旗揚げされた、女子プロレス団体「センダイガールズプロレスリング」。女子プロレスとしては初の地域密着型の団体。今回は、仙台を本拠地とする女子プロレス団体をご紹介。

#269「コーヒーの街・仙台」

#269「コーヒーの街・仙台」

2017年04月17日放送
1978年創業の歴史のあるお店。元々、自転車で移動販売をしていたお店。テイクアウト専門のお店。今回は、仙台市にある、こだわりのコーヒー店をご紹介。

#268「東京で楽しむ宮城の味」

#268「東京で楽しむ宮城の味」

2017年04月10日放送
※特別編成の為よる10:54より放送致します。

池袋にあるアンテナショップ。神田にある季節料理。すり身とおでんのお店。今回は、東京都内にある「みやぎゆかりのお店」をご紹介。

#267「震災を語りつぐ千年希望の丘」

#267「震災を語りつぐ千年希望の丘」

2017年04月03日放送
東日本大震災の津波によって、壊滅的な被害を受けた岩沼市の沿岸部。「千年希望の丘」は、千年先まで大津波の出来事を伝えるために、震災廃棄物を再生利用して整備が進められている。今回は、岩沼市の「千年希望の丘」を紹介する。

#253「みやぎ体験シリーズ~加美町で陶芸体験~」

#253「みやぎ体験シリーズ~加美町で陶芸体験~」

2017年03月27日放送
宮城県の北部、加美町は広大な水田が広がる古くからの米どころ。地域のランドマーク「薬菜山」が見守るこの町は、仙台藩御用窯として上質な献上品を生み出す陶芸の町だった。今回は、加美町で楽しむ陶芸体験をご紹介。

#257「まち歩きシリーズ~女川町編~」

#257「まち歩きシリーズ~女川町編~」

2017年03月20日放送
スタートは、JR石巻線女川駅。海と山に囲まれたデートスポット~スペインタイルのお店~国産ギターの製造~新鮮な魚を販売する魚屋と飲食のできるお店~女川トレーラーハウス宿泊村。今回は、一日かけて女川町をめぐるお散歩コースをご紹介。

#235「まち歩きシリーズ~石巻編~」

#235「まち歩きシリーズ~石巻編~」

2017年03月13日放送
漁港として有名な街、石巻。スタートはJR石巻駅。今回は、一日かけて石巻を巡るお散歩コースをご紹介。

#241「多賀城の新グルメ」

#241「多賀城の新グルメ」

2017年03月08日放送
※特別編成の為3/8(水)午後5:54より放送致します。

1300年前の奈良時代。ここに東北一帯を治める政庁があった。当時の人々が食べていたであろうあるものが、今日の主役…今回は、多賀城で話題の新グルメをご紹介。

#266「仙台あおばスイーツ」

#266「仙台あおばスイーツ」

2017年02月27日放送
仙台あおばスイーツは仙台市が市内のパティシエたちとコラボレーション。杜の都の新鮮野菜をテーマ食材として誕生したスイーツ。今回は、今人気の「仙台あおばスイーツ」を紹介。

#265「門前町の賑わいを行く」

#265「門前町の賑わいを行く」

2017年02月20日放送
仙台市西部にある観光地「定義山」。古くから縁結び・子授け・安産にご利益があることで知られ、一生に一度の願いであれば、必ず叶うと言われている。今回は、情緒溢れる定義山の門前町をご紹介。

#264「仙台温泉めぐり」

#264「仙台温泉めぐり」

2017年02月17日放送
※特別編成の為2/17(金)よる8:54より放送致します。

冬はやっぱり温泉に浸かって、体の芯から温まってみたい。今回は、宮城の名湯「秋保温泉」と「作並温泉」をご紹介。

#263「秋保で食のブランド進行中」

#263「秋保で食のブランド進行中」

2017年02月06日放送
地元生産の新鮮な野菜やお惣菜などを販売する物産館「アグリエの森」、そして秋保ワインの魅力など…今回は、食のブランド化を進める秋保ならではの食をご紹介。

#214「宮城の名物丼(凍みっぱなし丼編)」

#214「宮城の名物丼(凍みっぱなし丼編)」

2017年01月30日放送
酒造など歴史を感じさせる町並みが残る町。岩出山地域の新しい名物となっているのが、凍みっぱなし丼。今回は、大崎市の名物凍みっぱなし丼を紹介。

#226「青根温泉でちょっと贅沢な旅」

#226「青根温泉でちょっと贅沢な旅」

2017年01月23日放送
伊達藩の保養所として1528年に開湯して以来、480年余りの歴史を誇る青根温泉の魅力をご紹介。

#228「宮城の日本酒飲み比べ」

#228「宮城の日本酒飲み比べ」

2017年01月16日放送
宮城県は毎年春に全国規模で開催される全国新酒鑑評会での金賞受賞率が全国でトップクラス。今回は、その日本酒の魅力をご紹介。

#220「仙台で伝統野菜を味わう」

#220「仙台で伝統野菜を味わう」

2017年01月06日放送
※特別編成の為1/6(金)よる8:54より放送致します。

宮城は牛タンや仙台牛が魅力的だが、実は野菜もオススメ。食材王国・宮城にあって、県庁所在地「仙台」の名を冠した伝統野菜。今回は、今注目の仙台伝統野菜の魅力をご紹介。

#262「宮城が誇る仙台牛」

#262「宮城が誇る仙台牛」

2016年12月26日放送
全国有数の米どころ、宮城。水もよく、その清らかな水で育ったササニシキなどの稲わらを食べて仙台牛は育つ。ふるさとの豊かな自然の恵みが仙台牛のおいしさの秘密。今回は、その仙台牛の魅力をたっぷりとご紹介。

#261「栗原で移住体験」

#261「栗原で移住体験」

2016年12月19日放送
皆さん、ふと都会を離れ田舎暮らしをしたいと思ったことはないだろうか?そんな方々に、とっておきの場所がある。今回は、田舎暮らしや栗原市への移住を考えている方に、とっておきの体験スポットをご紹介。

#260「まち歩きシリーズ~大崎編~」

#260「まち歩きシリーズ~大崎編~」

2016年12月12日放送
スタートは古川駅。1913年に開業した歴史ある駅~諸絶橋~醸室(かむろ)~観光物産センターなど。今回は大崎市、古川駅周辺をご紹介。

#259「ラムサールトライアングルを巡る旅」

#259「ラムサールトライアングルを巡る旅」

2016年12月05日放送
ラムサール条約ってご存知だろうか?水鳥などの生息地として重要な湿地を守るための国際的な条約で、湿地の「保全」と「ワイズユース(賢明な利用)」を目指しており、日本には現在50か所のラムサール条約湿地がある。今回は、県北に直径およそ10キロの範囲に3つのラムサール条約湿地があり、ラムサールトライアングルと呼ばれている、その自然豊かな保護区をご紹介。

#193「宮城カルテ食堂」

#193「宮城カルテ食堂」

2016年11月29日放送
※特別編成の為11/29(火)よる10:54より放送致します。

ヘルシーな食生活を提案する、話題のプロジェクトをご紹介。健康面でも素晴らしいプロジェクト。健康も気遣いながら、宮城の食材が堪能できる「宮城カルテ食堂」みなさんも、仙台にお越しの際は是非味わってみませんか?

#198「石巻新名物 開発合戦」

#198「石巻新名物 開発合戦」

2016年11月22日放送
※特別編成の為11/22(火)よる10:54より放送致します。

石巻といえばB級グルメ、石巻焼きそばが全国的にも有名、今、復興へのパワーを込めた新名物が次々と生まれている。石巻の元気を伝える、とっておきグルメをご紹介。

#227「足跡を辿るシリーズ(仙台真田氏編)」

#227「足跡を辿るシリーズ(仙台真田氏編)」

2016年11月21日放送
伊達家の重臣、片倉小十郎の居城と知られる白石城。ここに真田家の子孫が暮らしていたといわれている。今回は宮城県に残る仙台真田氏の魅力をご紹介。

#215「鳴子で奥の細道巡りと湯治体験」

#215「鳴子で奥の細道巡りと湯治体験」

2016年11月07日放送
芭蕉が歩いたことでも知られる奥の細道出羽仙台街道中山越。鳴子温泉には、当時の面影がそのままに残されている。今回は、鳴子で体験できる奥の細道巡りと湯治の楽しみ方をご紹介。

#211「角田で宇宙スイーツ」

#211「角田で宇宙スイーツ」

2016年10月31日放送
宮城県の南部に位置する、角田市(かくだし)。小惑星探査機はやぶさで、おなじみの宇宙航空研究開発機構(JAXA)の角田宇宙センターがある。今回は、宇宙シティのあま~い魅力を紹介。

#258「復活!石巻魚市場」

#258「復活!石巻魚市場」

2016年10月24日放送
昨年9月、震災で被災した石巻魚市場が全面再開した。なんと大きさは世界最大級。今回は、その石巻魚市場をご紹介。

#256「石巻がおすすめするお宿」

#256「石巻がおすすめするお宿」

2016年10月11日放送
※今回は特別編成の為10/11(火)よる10:54から放送致します

創業80年、家庭的な雰囲気を大切にしている宿。山の中に佇む一軒宿。人気料理は、くじらの刺身。今回は、東日本大震災からの復興が進む、石巻の趣のある宿をご紹介。

#255「気仙沼のカツオ」

#255「気仙沼のカツオ」

2016年10月03日放送
気仙沼漁港は、生鮮カツオの水揚げが19年連続で日本一。震災の年も漁師さんの努力で一位を維持したそうだ。今回は、そんな気仙沼のカツオをご紹介。

#254「食材王国みやぎ地産地消推進店」

#254「食材王国みやぎ地産地消推進店」

2016年09月26日放送
旅に行って味わいたいのは、豊かな自然やその土地の動植物、そして温泉や歴史。そのなかでも「食」は地域を知る一番の近道ではないだろうか?今回は、食材王国みやぎの素材を使った県北の「地産地消」に取り組むお店をご紹介。

#252「みやぎ体験シリーズ~大郷町で収穫体験~」

#252「みやぎ体験シリーズ~大郷町で収穫体験~」

2016年09月12日放送
※特別編成の為よる10:54より放送致します。

仙台から車で40分ほどの大郷町。街の中心を流れる吉田川の流域には水田地帯が広がり、里山の原風景が残る緑豊かな場所。今回は、自然の恵みを存分に体感できるスポットを紹介。

#251「伊達政宗公の城下町」

#251「伊達政宗公の城下町」

2016年09月05日放送
仙台から北へ50キロ。岩出山は、仙台に城を築く前に政宗公が居城した場所。岩出山城は現在、公園として整備され、訪れる人々の憩いの場となっている。今回は、大崎市岩出山の見どころを紹介。

#250「仙台真田氏ゆかりの地巡り」

#250「仙台真田氏ゆかりの地巡り」

2016年08月29日放送
白石市、蔵王町は、真田幸村ゆかりの地。大坂夏の陣のとき幸村公は、自身の子である阿梅、大八らを敵方の片倉小十郎重長公に預ける…今回は、その真田幸村ゆかりの場所をご紹介。

#249「まち歩きシリーズ~村田編~」

#249「まち歩きシリーズ~村田編~」

2016年08月22日放送
村田町の町並みは、県内初の重要伝統的建造物群保存地区に選定。まるでタイムスリップしたような雰囲気を味わうことができる。今回は、その村田町をご紹介。

#248「江戸時代の旅人気分を満喫!」

#248「江戸時代の旅人気分を満喫!」

2016年08月15日放送
※特別編成の為8/15(月)よる10:54より放送致します。

江戸時代には、奥州と羽州を結ぶ道が「山中七ヶ宿街道」と呼ばれ、7つの宿場があったそうだ。この街道をわらじで歩くのが「わらじで歩こう七ヶ宿」というイベント。今回は、その七ヶ宿町をご紹介。

#247「おいしい!ヘルシー!和豚もち豚」

#247「おいしい!ヘルシー!和豚もち豚」

2016年08月08日放送
大河原町にある「とんとんの丘 もちぶた館」は和豚もちぶたの精肉だけでなく、ハム・ソーセージ、手づくりの惣菜品などを販売している。今回は、もち豚の魅力いっぱいの「とんとんの丘 もちぶた館」を紹介。

#246「みやぎ体験シリーズ~蔵王でチーズ作り体験~」

#246「みやぎ体験シリーズ~蔵王でチーズ作り体験~」

2016年08月01日放送
※特別編成の為よる10:54より放送致します。

蔵王山麓に広がる大自然のもとで作られる蔵王のチーズケーキ。蔵王ハートランドは広々とした牧場で、牛や羊、ヤギなどが飼育されている。今回は、この豊かな自然環境の中で作られている、蔵王チーズを紹介。

#245「政宗公の食卓夢紀行」

#245「政宗公の食卓夢紀行」

2016年07月25日放送
宮城を代表する戦国武将の一人、伊達政宗公。実はかなりのグルメ、食通だったことを知っていますか?今回は、政宗公の食卓をご紹介。

#244「仙台の農家レストラン」

#244「仙台の農家レストラン」

2016年07月18日放送
藩政時代から伊達藩の台所と言われた仙台東部地区。みのり豊かな大地が広がっている。今回は、仙台の農家レストランをご紹介。

#243「ゆりあげから元気をお届け!」

#243「ゆりあげから元気をお届け!」

2016年07月13日放送
※特別編成の為7/13(水)午後5:54より放送致します。

名取市閖上。閖上といえば「赤貝」といわれるほど、品質のいい赤貝の名産地として知られていた。今回は、復興した閖上さいかい市場をご紹介。!

#240「まち歩きシリーズ~塩釜編~」

#240「まち歩きシリーズ~塩釜編~」

2016年06月20日放送
漁業の町、そして酒造りの町、塩釜。スタートはJR東北本線塩釜駅。今回は、一日かけて塩釜を巡るお散歩コースをご紹介。

#239「宮城で進む防災教育」

#239「宮城で進む防災教育」

2016年06月13日放送
仙台市の隣にある多賀城市。数多くの歴史的遺構が残っている。この歴史に彩られた町も、震災による津波が襲い、甚大な被害が生じた。そうした経験を糧に、災害のスペシャリストを育てる事を目標にした、防災専門の学科を新設した学校がある。今回は、防災教育が進むみやぎの今を紹介。

#238「今が旬です!宮城の銀ザケ」

#238「今が旬です!宮城の銀ザケ」

2016年06月04日放送
※特別編成の為6/4(土)よる8:54より放送致します。

石巻港に隣接する「石巻魚市場」。2016年3月下旬から、待ちに待った銀鮭の水揚げが始まった。銀色に輝く、みやぎの銀鮭。生産量日本一を誇る宮城の銀鮭は今が旬。今回はその「みやぎの銀鮭」をご紹介。

#237「東北で出会う100のツリーハウス」

#237「東北で出会う100のツリーハウス」

2016年05月30日放送
ツリーハウスは、「トムソーヤの冒険」の話の中に出てくるような木の上に造られた建物。このツリーハウスを東北に100棟つくり、観光事業の振興を図ろうとするプロジェクトが進行中。今回は、気仙沼のツリーハウスをご紹介。

#236「奥松島の楽しみ方」

#236「奥松島の楽しみ方」

2016年05月23日放送
日本三景・松島から足を延ばした先にある、もうひとつの松島と呼ばれる奥松島。半島をはさんで、松島と反対側にあり、岩の形が男性的で荒々しいのが特長。今回は、奥松島の醍醐味をご紹介。

#234「おのくん里親募集中」

#234「おのくん里親募集中」

2016年05月09日放送
ぬいぐるみの名前は「おのくん」。ソックスで作られたソックモンキー。今年はサル年ということもあって、注目を集めている。今回は、東松山で震災後販売をはじめた、ハンドメイド品をご紹介。

#233「宮城のこけし」

#233「宮城のこけし」

2016年05月07日放送
※特別編成の為5/7(土)よる8:54より放送致します。

東北で生まれた「こけし」は11系統もあることを知っていますか?そのうち、5系統は、宮城。今回は、宮城のこけしの魅力をご紹介。

#232「仙台青葉まつり」

#232「仙台青葉まつり」

2016年04月25日放送
この時期、仙台三大まつりのひとつ、仙台青葉まつりので、町は大いに賑わう。今回は、仙台の初夏の風物詩、青葉まつりの楽しみ方を紹介。

#231「ミステリー紀行~仙台六芒星の謎~」

#231「ミステリー紀行~仙台六芒星の謎~」

2016年04月18日放送
およそ400年前、伊達政宗公によって築かれた町・仙台。そこには、現在に至るまで知られなかった、ある秘密があった。今回は、仙台六芒星の謎を紹介。

#230「蔵王でそば巡り」

#230「蔵王でそば巡り」

2016年04月11日放送
※特別編成の為よる10:54より放送致します。

仙南のリゾート地、蔵王。春の訪れと共に、この季節ならではの味覚が登場する。それは「寒晒(かんざら)しそば」。今回は春の蔵王の味わい、そば巡りの旅を紹介。

#229「宮城でお花見に行こう」

#229「宮城でお花見に行こう」

2016年04月04日放送
大河原町から柴田町に渡る白川町の畔には、一目千本桜と呼ばれる見事な桜並木が連なり、20万人もの人が訪れます。今回は、そのイチオシお花見スポットを紹介。

#222「石巻・渡波の赤貝」

#222「石巻・渡波の赤貝」

2016年03月28日放送
冬場に旨味を増す赤貝。宮城では閖上(ゆりあげ)産が有名だが、石巻の渡波(わたのは)の赤貝も、まさるとも劣らない味わい。今回は絶品!渡波の赤貝の魅力をご紹介。

#210「足跡を辿る(片倉小十郎編)」

#210「足跡を辿る(片倉小十郎編)」

2016年03月21日放送
白石市のシンボルとも言える白石城。仙台藩の宰相として、伊達正宗公を支えた片倉小十郎景綱の居城。今回は、独眼竜の名参謀、片倉小十郎の足跡を辿る旅をご案内。

#206「足跡を辿るシリーズ(松尾芭蕉編)」

#206「足跡を辿るシリーズ(松尾芭蕉編)」

2016年03月14日放送
仙台と塩釜の間に位置する多賀城市。奈良時代から平安時代にかけておよそ200年もの間、東北の政治・文化の中心地としての役割を果たしてきた歴史のある場所。芭蕉は千住を旅立ってからおよそ1ヶ月半の後、この地を訪れた。

#200「気仙沼で塩作り体験」

#200「気仙沼で塩作り体験」

2016年03月09日放送
※特別編成の為3/9(水)よる8:54より放送致します。

気仙沼の塩作り体験を紹介する。江戸時代には、伊達藩御用達の上質な塩が作られ、塩の産地として有名だった。こちらの塩づくり体験館では、昔の製法を学びながら自分で塩を作ることが出来る。

#225「地下鉄東西線で巡る旅(後編)」

#225「地下鉄東西線で巡る旅(後編)」

2016年02月08日放送
仙台市内のアクセスをより便利にする地下鉄東西線。山側の八木山動物公園駅から海側の荒井駅までを東西に結ぶ全13駅の路線。今回は仙台駅を挟んで東側の駅周辺をご紹介。

#263「秋保で食のブランド進行中」

#263「秋保で食のブランド進行中」

2016年02月06日放送
地元生産の新鮮な野菜やお惣菜などを販売する物産館「アグリエの森」、そして秋保ワインの魅力など…今回は、食のブランド化を進める秋保ならではの食をご紹介。

#224「地下鉄東西線で巡る旅(前編)」

#224「地下鉄東西線で巡る旅(前編)」

2016年02月01日放送
仙台市内のアクセスをより便利にする地下鉄東西線。山側の八木山動物公園駅から海側の荒井駅までを東西に結ぶ全13駅の路線。今回は仙台駅を挟んで西側の駅周辺をご紹介。

#223「南三陸できりこを作ろう!」

#223「南三陸できりこを作ろう!」

2016年01月25日放送
瓦礫が撤去され復興を待つ、旧おさかな通り。そこに雄々しく立っているのは、きりこ。南三陸に古くから伝わる、神棚飾りなどに使われる縁起のいい切り絵。今回は、その「きりこ」作りを体験できるプログラムをご紹介。

#221「宮城の名物丼 牡蠣丼編」

#221「宮城の名物丼 牡蠣丼編」

2016年01月11日放送
日本三景のひとつとして、多くの観光客で賑わう松島。冬といえば海の幸、牡蠣。今回は宮城の名物丼のひとつ、松島の牡蠣丼をご紹介。

#219「宮城ふるさとプラザに行こう!(後編)」

#219「宮城ふるさとプラザに行こう!(後編)」

2015年12月28日放送
「宮城ふるさとプラザ」はJR池袋駅、東口を出て歩くことおよそ3分。食材王国みやぎの特産物や観光情報が東京にいながらにして手に入る、宮城の情報発信基地。宮城の情報がいっぱい詰まった宮城ふるさとプラザ、後編をお楽しみに。

#218「宮城ふるさとプラザに行こう!(前編)」

#218「宮城ふるさとプラザに行こう!(前編)」

2015年12月21日放送
「宮城ふるさとプラザ」はJR池袋駅、東口を出て歩くことおよそ3分。食材王国みやぎの特産物や観光情報が東京にいながらにして手に入る、宮城の情報発信基地。宮城の情報がいっぱい詰まった宮城ふるさとプラザ、前編をお楽しみに。

#217「うみの杜水族館へ行こう!(後編)」

#217「うみの杜水族館へ行こう!(後編)」

2015年12月14日放送
「仙台うみの杜水族館」は、今年の7月にオープン。仙台港インターチェンジからすぐの場所に立地する東北最大級の水族館。魅力いっぱいの仙台うみの杜水族館、後編をお楽しみに。

#216「うみの杜水族館へ行こう!(前編)」

#216「うみの杜水族館へ行こう!(前編)」

2015年12月05日放送
※今回は特別編成の為12/5(土)夕方4時24分から放送。
12/7(月)は休止致します。

「仙台うみの杜水族館」は、今年の7月にオープン。仙台港インターチェンジからすぐの場所に立地する東北最大級の水族館。魅力いっぱいの仙台うみの杜水族館、前編をお楽しみに。

#197「栗原の長屋門」

#197「栗原の長屋門」

2015年11月30日放送
ここは宮城県栗原市。栗原の農家には長屋門と呼ばれる、独特の門構えが500軒以上も残されている。歴史的建造物として、大切に保存され、観光にも大いに生かされている。栗原の歴史を伝える長屋門ウオッチングの小旅行をご紹介。あなたも、長屋門の里、栗原を訪ねてみませんか。

※次回は12/5(土)夕方4時24分から放送。12/7(月)は特別編成の為、休止致します。

#203「食材王国みやぎ地産地消推進店」

#203「食材王国みやぎ地産地消推進店」

2015年11月23日放送
食材王国みやぎの素材を使った「地産地消」に取り組むお店をご紹介。豊かな自然に囲まれ、海・山・大地が育む多彩で豊富な食材に恵まれているおかげで、おいしい料理を存分に楽しむことができる。

#201「南三陸『てん店』めぐり」

#201「南三陸『てん店』めぐり」

2015年11月16日放送
震災で甚大な被害を受けた南三陸町。徐々に復興がすすむ中、あるマップが人気を呼んでいる。それが、「南三陸てん店まっぷ」。この、「南三陸てん店まっぷ」は、今年、「観光王国みやぎおもてなし大賞」を受賞した。観光客の方が、これを片手に町内に「点々」と点在する商店や観光施設を巡ることができるというものだ。

#194「仙台駄菓子を徹底調査」

#194「仙台駄菓子を徹底調査」

2015年11月09日放送
色とりどりの可愛らしいお菓子。進化し続ける伝統的な和菓子「仙台駄菓子」をご紹介。「仙台駄菓子」とは、江戸時代から庶民向けのお菓子として親しまれていた和菓子のひとつ。全国に広まった駄菓子の文化も高度成長期には徐々にその姿を消し、廃れつつあった。みなさんも、仙台で懐かしくカワイイ、伝統の味を味わってみよう?

#176「女川で復興ダイビング」

#176「女川で復興ダイビング」

2015年11月02日放送
女川町竹浦漁港沖。女川の海で、復興の一助にと活動している、ダイビングサービスを紹介します。復興進む女川の海を実感できる、ダイビング。みなさんの旅のプランにいかがですか。

#213「どぶろく特区でハッピー気分」

#213「どぶろく特区でハッピー気分」

2015年10月12日放送
鳴子温泉は、種類豊富な泉質が楽しめる温泉地。2004年に国の構造改革特区に認定され、厳しい条件を満たした方に、どぶろくの製造が許されるようになった。今回は、その鳴子温泉のどぶろくをご紹介。

#212「里山ごはんを作ろう!」

#212「里山ごはんを作ろう!」

2015年10月05日放送
農家の方と一緒に作る素朴な里山料理。その魅力を人々に伝える活動を行っている人たちがいる。それが「さとのわ」。今回は、里山料理体験をご紹介ﻩ

#209「自転車で楽しむ町・丸森」

#209「自転車で楽しむ町・丸森」

2015年09月14日放送
町の北側に川下りで有名な阿武隈川の流れ。ここは水と緑の百貨店と呼ばれる自然豊かな丸森町(まるもりまち)。今回は、サイクリングで楽しむ丸森町の魅力をご紹介。

#208「蔵王で星空さんぽ」

#208「蔵王で星空さんぽ」

2015年09月07日放送
蔵王といえば、スキー場や高原リゾートが人気だが、もうひとつ、高地から眺める満点の星空が、とても素敵だ。今回は、蔵王の星空ツアーをご紹介。

#207「松島で島巡り」

#207「松島で島巡り」

2015年08月31日放送
東日本大震災により甚大な被害を受けた野蒜(のびる)駅と東名(とうな)駅。新たに高台に移設され、JR仙石線が4年ぶりに全線開通。これに併せてJR東北本線との接続線もでき、松島へのアクセスが便利になった。

#205「夏の秋保温泉」

#205「夏の秋保温泉」

2015年08月17日放送
自然と芸術、そして温泉が魅力の夏の秋保(あきう)温泉を紹介。仙台の中心部から車でおよそ30分ほど。秋保温泉の魅力はなんといっても、豊かな自然。仙台駅からも近いことから、市民の憩いの場所としても慕われている。




#204「新生女川まちびらき」

#204「新生女川まちびらき」

2015年08月10日放送
今年の3月21日。JR石巻線が全線開通した。東日本大震災で甚大な被害があったJR石巻線。4年の歳月をかけて少しずつ改修し、最後となった浦宿(うらしゅく)駅から女川駅までの区間が再開。遂に全線開通することができた。

#202「仙台七夕直前情報」

#202「仙台七夕直前情報」

2015年07月27日放送
夏真っ盛り、いよいよ七夕まつりの季節がやってきた。東北三大祭りの一つ、仙台七夕まつり。今年も8月6日から8日まで開催される。見どころは、なんといっても豪華絢爛な笹飾り。地区別に飾り付けの賞が競われる。豪華な笹飾りとイベントが盛りだくさの仙台七夕まつり。みなさんも遊びに来てみませんか。

#199「女川のホヤ」

#199「女川のホヤ」

2015年07月06日放送
海のパイナップルと呼ばれ、一度食べたら癖になる独特な味わいホヤ。震災前は全国の生産量のおよそ8割を宮城県産が占めていた。なかでも女川町は、ホヤの産地。女川町で、新鮮なホヤを味わってみよう。

#173「小原の国指定天然記念物」

#173「小原の国指定天然記念物」

2015年06月29日放送
宮城県白石市小原(おばら)。白石川上流の緑豊かな渓谷に面した風光明媚な場所です。東京から東北新幹線でおよそ2時間。宮城蔵王の玄関口。四季を通じて豊かな自然に恵まれたこの場所には、国の天然記念物が多く存在します。一度は見ておきたい天然記念物。あなたの旅のプランに、いかがですか。

#180「金運スポット 黄金山神社」

#180「金運スポット 黄金山神社」

2015年06月22日放送
金運祈願で人気を呼んでいる黄金山神社。8世紀半ばの天平21年、この場所から、日本で初めて金が産出されました。それ以来、金運、開運、商売繁盛の神が祀られています。みなさんも、天平のロマンに思いを馳せ、金運スポットを訪れてみてはいかがですか?次回も伊達な旅でお会いしましょう。

#164「石巻絶景ポイント」

#164「石巻絶景ポイント」

2015年06月15日放送
石巻市の中央にそびえる、上品山。地元の方に「上品さん」と呼ばれ親しまれている里山。頂き近くまで登ると、東北最大の川・北上川、海、そして牡鹿半島が見渡せる、絶景ポイント。山のふもとには道の駅「上品の郷」があり、石巻の海・山の幸が勢ぞろい。直売所でのヒット商品は「モサガン」。いったいどんな食べ物なんだろう?ここにあるレストランでは地元の食材を使った料理をバイキングで思う存分味わえる。地元の名産をいただきながら、ぜひ上品山でのパノラマを楽しんでみよう。

#163「光る!寿司職人の技」

#163「光る!寿司職人の技」

2015年06月13日放送
塩竈といえば寿司の町。今回は、そんな塩竈の極上の寿司と、職人さんの技をご紹介。創業47年、地元の寿司通が火曜という大寿司さんや、なによりもマグロにこだわる大入寿司。自宅でもすぐにできる、寿司職人さん直伝の技を聞きいた。新鮮なネタと職人さんの技がコラボした極上の寿司を堪能しに、塩竈へ出かけてみよう。

※6/8(月)は特別編成の為放送休止致します。
※6/13(土)は特別編成の為よる8:54より放送致します。

#160栗原の「らいん」

#160栗原の「らいん」

2015年06月01日放送
「らいん」という言葉をご存知だろうか?宮城県栗原市では昔から「何々しませんか?」という言葉の語尾に親しみを込めて、「食べらいん」など「「らいん」と付くそうだ。栗原市では毎年、この「らいん」に「つながり」や「線」という意味を重ねて「くりはら博覧会「らいん」」というイベントを開催している。「手打ちうどんづくり」や「蒟蒻づくり」など、さまざまなプログラムがあるんだとか。心のこもった優しい言葉「らいん」。ぜひ、栗原市でそんな温かさの詰まった体験をしに行こう。

#196「サン・ファン・バウティスタ再出発」

#196「サン・ファン・バウティスタ再出発」

2015年05月11日放送
ここは石巻。駅から車で15分ほどの入江に、復元された実物大の帆船が係留されている。船の名は、サン・ファン・バウティスタ号。江戸時代に、はるかヨーロッパへと旅した船だ。蘇った歴史的帆船とその新たな魅力を、ご紹介。石巻で体験する歴史と冒険の旅、みなさんも一度、訪ねてみませんか。

#195「宮城で春の味覚三昧」

#195「宮城で春の味覚三昧」

2015年05月07日放送
※特別編成の為5/7(木)よる8:54より放送致します。

ここは宮城県の北西部にある、加美町(かみまち)。地元では加美富士と呼ばれている薬莱山(やくらいさん)が美しい、自然豊かなエリア。春ともなれば、山の恵み、山菜が何よりのご馳走。春の味覚が満喫できる加美町の旅をご紹介。みなさんも、加美町で、宮城の春の味覚を満喫してみませんか。

#192「DATE BIKEで気ままな街歩き(寺町散策編)」

#192「DATE BIKEで気ままな街歩き(寺町散策編)」

2015年04月16日放送
※特別編成の為4/16(木)よる8:54より放送致します。

DATE BIKEで巡る仙台の街を紹介。駅の東側に位置するこの界隈は、仙台開府当初、仙台城から見て鬼門に位置していたため、多くの寺院が集まり寺町をつくった。歴史のある寺が多く、境内には名木・古木などがあり、みどころも満載。ゆったりとマイペースで行ける自転車散策の旅。みなさんもDATE BIKEで、仙台の街を散策してみては?

#191「DATE BIKEで気ままな街歩き(歴史散策編)」

#191「DATE BIKEで気ままな街歩き(歴史散策編)」

2015年04月06日放送
週に一度は伊達な旅。いいトコ!みやぎへさあ出かけよう。空気はまだ冷たいが、仙台は清々しい春の朝を迎えた。DATE BIKEで行く史跡めぐりの旅をご紹介。今日の旅で使用するDATE BIKEは、誰でも予約無しに利用できるレンタサイクル。皆さんもDATE BIKEで、伊達文化の面影を探しに、仙台の街を散策してみよう。

#186「仙台駅前ゆったり散歩」

#186「仙台駅前ゆったり散歩」

2015年03月30日放送
近代的な建物が建ち並ぶ仙台駅前。しかし、その中には、昔ながらの仙台を感じさせてくれる場所がまだまだ残っている。朝市や横丁、工芸品屋など・・・。新しさと懐かしさが入り混じる不思議な街めぐり。

#182「ふつふつ共和国」

#182「ふつふつ共和国」

2015年03月23日放送
宮城の米どころ大崎市。古くから米作りや酒造業、味噌醤油製造業など、発酵食文化が根付き、自然や歴史などたくさんの魅力があります。その魅力を表現する際に発酵の擬音でありますふつふつという言葉、あと多様な魅力が合わさる様を共和国という形で、表現しています。みなさんも大崎市で、食や文化が作り出す新たな魅力を感じてみませんか?

#185「仙台セリ鍋」

#185「仙台セリ鍋」

2015年03月16日放送
寒い日が続き、鍋が恋しくなる季節になりました。仙台で最近流行りの鍋の謎を探ります。セリといえば、七草粥を想像しますが、このセリ鍋、きりたんぽ鍋に入れた、根のついたままのセリが、おいしかったことから、それを主役にした鍋ということです。

#168「再発見!美しい松島湾」

#168「再発見!美しい松島湾」

2015年03月09日放送
日本三景のひとつ松島。その景観の美しさは、世界でも認められている。松島湾は、昨年、NGO「世界で最も美しい湾クラブ」への加盟が認められた。日本からの加盟は初めて。湾内には、260あまりの島があり、そのいくつかには橋が架けられている。なかでも有名なのが、3つの朱塗りの橋。

#154「復活!唐桑御殿」

#154「復活!唐桑御殿」

2015年03月03日放送
※特別編成の為3/3(火)よる8:54より放送致します。

宮城県・気仙沼市、唐桑半島に見られる唐桑御殿。まさに豪邸というこの建物は、この地の漁師さんの家。今、その唐桑御殿を一般に開放している場所もある。「民宿 唐桑御殿つなかん」は震災後、一度は取り壊しを考えたが、民宿として再活用することに決めた。牡蠣や帆立を使った美味しい料理を味わうこともできる。ぜひ一度、漁師さんの豪快さと温かみに触れに、唐桑御殿をたずねてみませんか。

#190「宮城のいちご」

#190「宮城のいちご」

2015年02月23日放送
赤い宝石のように輝くいちご。これから春にかけて宮城県内ではいちごの収穫が最盛期を迎えます。いちごの産地として知られる亘理町、山元町をご紹介。

#189「冬の丸森ゆったり旅」

#189「冬の丸森ゆったり旅」

2015年02月16日放送
冬の阿武隈ライン舟下り(こたつ船)で名物しし鍋を楽しむ。

#188「冬のみやぎ蔵王を楽しもう!温泉宿編」

#188「冬のみやぎ蔵王を楽しもう!温泉宿編」

2015年02月09日放送
蔵王連邦を望む標高330mの高原に湧き出る遠刈田温泉。茶褐色で熱めのお湯は、足腰に効くと評判。小腹が空いたら、蔵王のそば粉で打った蕎麦がおすすめ。

#187「冬のみやぎ蔵王を楽しもう!ウィンターアクティビティ編」

#187「冬のみやぎ蔵王を楽しもう!ウィンターアクティビティ編」

2015年02月02日放送
蔵王周辺スキー場。ウィンタースポーツをしない方も樹氷ツアーや遠刈田温泉をどうぞ!自然が作り出す芸術。蔵王樹氷は毎年多くの人々を幻想的な世界へ招待でてくれる。雪上車ワイルドモンスターで豪快に山頂へ。スノーシュートレッキング。

#179「三日湯治でリフレッシュ」

#179「三日湯治でリフレッシュ」

2015年01月26日放送
川渡温泉は、「脚気川渡」と呼ばれ、古くから神経痛などに効能が見られる湯治場として知られてきました。温泉にゆったり浸かった後は、畑のそばの農道を散歩。2泊3日で気軽に湯治を楽しんでも良し、畑を借りて、収穫した野菜を味わいながら1年を通して、のんびり湯治をしても良し、どちらも魅力的です。みなさんも、川渡温泉で心も体もリフレッシュして見てはいかがですか。

#174「美味し街 石巻」

#174「美味し街 石巻」

2015年01月19日放送
石巻は、海山の幸に恵まれ、駅の周辺を歩くだけでも、名物を提供する食事処が目白押し。美味し街、石巻。地元でなくては味わえない、名物料理の食べ歩き。みなさんも、ぜひ一度、お試しください。

#181「蔵の街古川」

#181「蔵の街古川」

2015年01月12日放送
悲恋伝説が残る緒絶川。ここに架かる「緒絶橋」は芭蕉が見たがった名所と言われている。大崎の古道を散歩。食の蔵「醸室」がある。江戸時代後期に建てられた橋平酒造店の酒造を国や県・市の協力を得て改修された商業施設だ。

#178「ふるさとプラザで宮城三昧」

#178「ふるさとプラザで宮城三昧」

2015年01月07日放送
※特別編成の為1/7(水)よる8:54より放送致します。

池袋駅のすぐ近く「宮城ふるさとプラザ」があります。食材王国宮城の特産物や観光情報がいっぱい詰まったアンテナショップです。豊富で確かな品揃えで、皆様をお待ちしております。ぜひ一度、お越し下さい。宮城ふるさとプラザへのアクセスは、JR山手線、池袋駅東口から徒歩3分。営業時間は、午前11時から午後8時まで。年末年始を除いて無休で営業しています。

#156「子どもたちの思いが詰まった新名物」

#156「子どもたちの思いが詰まった新名物」

2014年12月29日放送
震災で大きな被害を受けた気仙沼。子どもたちが復興に向けてさまざまな活動を行っているのをご存知だろうか?「鮫フリ茶漬け」は気仙沼の小中高生たちが協力して作った商品。また、「なまり節ラー油」は高校生が商品開発した。地元のいいところ、地元の名産を広げていって、商品を売った売上を復興に使う。気仙沼の子どもたちは未来に向かって歩いている。ぜひ、子どもたちの作った地元の味で、気仙沼の元気を感じてみませんか?

#184「2014SENDAI光のページェント」

#184「2014SENDAI光のページェント」

2014年12月08日放送
2014年の光のページェント。160本のケヤキ並木は、60万個の光をまとい、夜の仙台に光の杜が浮かび上がります。震災後も各地の支援により続けてきましたが、今年は震災前と同じような状態まで戻ったそうです。

#183「塩竈ブランドひがしもの」

#183「塩竈ブランドひがしもの」

2014年12月01日放送
朝焼けに霞む塩竈漁港。ここは、三陸沖漁場を抱える日本有数の漁港です。遠洋・近海で獲れた新鮮な魚が豊富に水揚げされ、中でもマグロは日本有数の水揚高を誇っています。

#166「仙台の新しい名物を発見!」

#166「仙台の新しい名物を発見!」

2014年11月24日放送
新たな仙台名物としてブームになったマーボー焼きそばや、日本一を決める「ナポリタンスタジアム」でグランプリを受賞したナポリタンスパゲッティの紹介。新しいグルメが次々と生まれる街、仙台へ出かけてみよう。

#158「登米地域の名物グルメ」

#158「登米地域の名物グルメ」

2014年11月17日放送
宮城県登米地域のご当地グルメといえば、名産品「油麩」を使った「油麸どんぶり」。油麸どんぶり会が監修し、さらに新しいメニューができ話題となっている。その名も「油麸どんぶりバーガー」。一体どんなものなのだろうか?また、醤油や味噌の産地として知られる登米市には、他にも「味噌アイス」など、ほかの地域にはあまり見られないご当地グルメがあるのだ。歴史ある街で、新しいご当地グルメ、ぜひ味わってみよう。

#175「唐桑~自然の脅威を体感する旅」

#175「唐桑~自然の脅威を体感する旅」

2014年11月10日放送
宮城県気仙沼市にある唐桑半島。三陸復興国立公園の南に位置し、美しい自然の造形が楽しめる観光スポットです。リアス式海岸と美しい海、絶景が続く唐桑半島。牡蠣の養殖が盛んなところとしても知られています。みなさんも、唐桑の町を訪ねてみませんか。

#161「松島を味わおう」

#161「松島を味わおう」

2014年11月05日放送
※特別編成の為11/5(水)よる8:54より放送致します。

日本三景のひとつ、松島。ここには数々の絶品グルメがある。最近注目なのは「どらぼこ」。松島名物のかまぼこがどら焼きに!?一体どんな味なのだろうか?また、海に面した松島は海の幸も豊富。松島さかな市場は、震災で被害を受けたが、その年の7月には新装オープン。この市場で人気を集めているのが、地元の牡蠣を使った「松島かきバーガー」。ぜひ試してみたい一品だ。景色よし、食べてよし。松島の旅を満喫してみよう。

#177「気仙沼で味わう水揚げ日本一の海の幸」

#177「気仙沼で味わう水揚げ日本一の海の幸」

2014年09月22日放送
全国屈指の水産都市、気仙沼。そのランドマークとも言える気仙沼海の市・シャークミュージアムが今年4月に再開。7月には海鮮市場も復活を果たしました。カツオの水揚げで日本一の気仙沼は、サメの水揚げでも日本一を誇ります。気仙沼で味わう、海の幸グルメ、みなさんも日本一を味わう旅、いかがですか。

#171「川崎町の支倉常長武将隊」

#171「川崎町の支倉常長武将隊」

2014年08月18日放送
宮城県南西部、蔵王連峰の麓に位置する川崎町(まち)は、伊達一門や家臣支倉常長ゆかりの地。昼と夜の気温差が大きく水のきれいな川崎町は、香り高いそばができます。あなたも川崎町で、歴史を感じ、自然の恵みを味わう旅にでかけませんか。

#170「水守の郷で涼しいひとときを過ごそう!」

#170「水守の郷で涼しいひとときを過ごそう!」

2014年08月04日放送
ここは県内一の大きさを誇る七ヶ宿ダム。江戸時代、出羽と陸奥(みちのく)を結んだ山中(やまなか)七ヶ宿街道には、7つの宿場が置かれていました。十三の大名が参勤交代で行き交った歴史ある町です。大自然の絶景で涼む夏、あなたも旅のプランにいかがですか。ぜひお出かけください。

#169「2014仙台のたなばたさん」

#169「2014仙台のたなばたさん」

2014年07月28日放送
恒例の仙台七夕祭り。仙台藩祖正宗公が七夕に関する句を詠んでいる事から、当時既に七夕祭りが行われていた。毎年大勢の観光客が訪れ、大いに賑わう。仙台七夕の長い歴史、昔から、変わらないまつりの楽しさが伝わってくる。

#167「万葉と昭和を偲ぶ村」

#167「万葉と昭和を偲ぶ村」

2014年07月14日放送
県のほぼ中央に位置する県内唯一の村「大衛村」は米どころとして知られ、村の農家で大切に育てられた酒米「蔵の華」を100%使用し、奥羽山系の湧き水で仕込んだ地酒がある。「昭和万葉の森」は、万葉植物を主体に23ヘクタールの広さを持つ全国でも有数な森林公園。家族でアスレッチックを楽しんでみてはいかがだろうか?

#165「初夏の金華山 パワースポットめぐり」

#165「初夏の金華山 パワースポットめぐり」

2014年06月30日放送
「奥州三大霊場」のひとつ、金華山。震災以来運休していた、女川~金華山航路が昨年5月に再開され、今、パワースポットの島として注目されている。3年続けてお参りすれば、一生お金に困ることはないという言い伝えもあるんだとか。他にも、島にある子安地蔵には、子宝に恵まれるということで、ご夫婦だけでなく、孫の顔が見たくてという方々もお参りにくるのだそうだ。石巻の沖に浮かぶ神秘の島、金華山。ぜひ、パワースポット体験の旅に出かけてみよう。

#162「観タクンで行く被災地と復興商店街巡り」

#162「観タクンで行く被災地と復興商店街巡り」

2014年06月08日放送
石巻で「駅から観タクン」という取り組みが行われているのをご存知だろうか?被災地石巻の今を旅し、石巻の元気を伝える新しい取り組みなのだ。出発地は石巻駅でコースは4つの中から選ぶ。観タクンは予約がいらず、駅前のどのタクシーでも対応してくれるのだとか。石巻が一望できる場所を訪れたり、美味しい地元の味を楽しんだり、さまざまな石巻の「今」を知ることができるのだ。復興の槌音を体感できる石巻の観タクン。みなさんもぜひ。

※特別編成の為よる8:54より放送

#159「パワースポット登米」

#159「パワースポット登米」

2014年05月19日放送
宮城県登米市は、パワースポットが多く集まる場所だとご存知だろうか?「上沼八幡神社」は、樹齢およそ950年のご神木「姥杉」をはじめ、巨樹古木が生い茂ってなんとも言えない雰囲気のある場所だ。日本三虚空像尊の一つ、「柳津虚空像尊」。ここにある樹齢1200年とも言われる「玉こぶの欅」は、不審火によって焼けてしまったが、その後も残る姿と存在感からさらに神々しさが増したと言われている。その地に宿る大きな力を感じるパワースポットに出かけみよう。

#157「日本初の岩魚養殖業」

#157「日本初の岩魚養殖業」

2014年05月05日放送
宮城県栗原市栗駒耕英地区の特産品は、幻の魚と呼ばれる「岩魚」。難しいとされてきた、岩魚の養殖業が、45年前ここで日本で初めて始まった。この地区では、そんな岩魚を、お刺身や岩魚丼などさまざまな料理で思う存分味わうことができる。名物岩魚料理を大自然のなかで楽しんでみよう。

#155「未来に生きるモアイ」

#155「未来に生きるモアイ」

2014年04月21日放送
宮城県・南三陸町にモアイ像があるのをご存知だろうか?じつは、チリのイースター島から世界で初めて贈呈された本物のモアイ像なのだ。もともとあったモアイ像だが、2011年の津波によって流されてしまった。しかし震災後、再びイースター島の石を使ったモアイ像が贈られたのだ。南三陸さんさん商店街には、届いたモアイを記念してお菓子や缶バッチも売られている。ぜひ南三陸町でモアイめぐりをしてみませんか。

#153「南三陸シルクロード」

#153「南三陸シルクロード」

2014年04月07日放送
宮城県・南三陸町入谷地区は、仙台藩養蚕発祥の地として絹の生産で栄えた場所。「ひころの里」ではいまでも養蚕の歴史を知ることができる。シルク館では、繭から花の飾りを作る繭細工作りを体験することも。敷地内にある、松笠屋敷は、江戸時代後期の貴重な建物で、当時の暮らしをうかがうこともできる。歴史のロマンを感じられる場所で、のんびりと時間を過ごしてみよう。

#138「B級グルメと歴史散歩」

#138「B級グルメと歴史散歩」

2014年03月24日放送
岩沼市の絶品グルメをご紹介。岩沼市は「豚肉の町」。町を歩けば、多くのとんかつ屋さんが目につく。そして最近では「岩沼とんちゃん」もご当地グルメとして大人気!ジンギスカン鍋で焼くホルモンにはミネラルも豊富。お店によってタレが違うのが特徴なので、それぞれのお店で独自の味を楽しめる。そんな豚肉のグルメスポットがたくさんの岩沼市でお腹一杯、旅してみませんか。

#139「藻塩で塩竈を元気に!」

#139「藻塩で塩竈を元気に!」

2014年03月17日放送
古代から塩竈に伝わる伝統の塩、「藻塩」。海の恵みが凝縮した旨味たっぷりの藻塩は、様々な形で使われている。毎年7月に御釜神社で行われる「藻塩焼神事」の前夜には「宵祭り」が行われ、縁日では様々なお店が並ぶ。その中の一つ「おさんこ茶屋」では、このお祭りの日にだけ特別に、藻塩を使ったずんだ餅が提供されるんだとか。塩の町塩竈で大切にされてきた藻塩。そんな伊達な塩グルメを味わってみませんか。

#116「みやぎが凝縮!道の駅めぐり」

#116「みやぎが凝縮!道の駅めぐり」

2014年03月10日放送
車で旅する人の憩いの場、道の駅。最近は地域の情報発信基地としてさまざまな工夫がされている。宮城にも「道の駅みなみかたもっこりの里」をはじめ、多くの道の駅がある。農産物の直売所やレストラン、温泉を完備した道の駅まで!地域の特色を生かした宮城の道の駅へ立ち寄ってみませんか?

#140「仙台の伝統工芸」

#140「仙台の伝統工芸」

2014年03月03日放送
今回は先代の匠の技を紹介。木目の荒々しい部分だけを厳選して、箪笥の正面に据えるよう設計してある仙台箪笥。もともとは4尺という大きさだったが、現在は住まいに合わせて様々な大きさのものが作られている。漆工芸の一つの仙䑓堆朱。現在唯一残る仙台堆朱作家は、伝統を受け継ぎながらも新しいデザインにチャレンジし、2011年にはグッドデザイン賞も受賞している。匠の技が息づく伝統工芸品の町・仙台を旅してみませんか。

#129「技が光る!大崎の職人たち」

#129「技が光る!大崎の職人たち」

2014年02月24日放送
今回のテーマは大崎の伝統工芸。「しの竹細工」はもともと下級武士の内職として作られていたもの。「竹工芸館」では、しの竹細工の製作体験をすることもできる。鳴子漆器は、木目を生かした木地呂塗りやふき漆仕上げが特徴。平成3年には国の伝統的工芸品に指定された。どちらも伝統を受け継ぐ職人の技が光る。みなさんも、大崎で伝統工芸を魅力に触れてみませんか。

#111「まだまだ旬!宮城のかき」

#111「まだまだ旬!宮城のかき」

2014年02月17日放送
かきの産地・石巻。かきは冬が旬のイメージだが、実は春も旬。石巻では「かき小屋」で美味しい春の焼きガキが味わえる。そのほか、春のかきを使った様々な料理を提供しているお店も紹介する。

#145「鳴子温泉、ボランティアガイドさんと湯巡り」

#145「鳴子温泉、ボランティアガイドさんと湯巡り」

2014年02月10日放送
日本にある11種類の泉質のうち、9種類が楽しめるという鳴子温泉郷。魅力的なお風呂も数多くある。今回は、そんな温泉の特徴や効果的な入り方を教えてくれる鳴子観光ボランティアガイドの方との湯巡りを紹介する。今話題の民家を利用して地元の人たちが開いた、食事処もご案内。みなさんも、秋深まる鳴子温泉郷でガイドさんとの湯巡りを楽しんでみませんか?

#151「東北宮城、日本酒三昧」

#151「東北宮城、日本酒三昧」

2014年02月03日放送
日本有数の米どころである宮城は、地酒の里でもある。今回は、20代~30代という若手が担っている伝統ある蔵元を紹介。また、そんな若手蔵元がおすすめする、宮城の美味しい食材と県内の地酒が飲めるお店も紹介する。若手蔵元が熱い思いを込めて造った、国内外で評価されている宮城の地酒をぜひ味わってみよう。

#142「NEWスポット発見!宮城ラーメン」

#142「NEWスポット発見!宮城ラーメン」

2014年01月27日放送
今回は宮城自慢のご当地ラーメンを紹介!30年間地元で愛される、仙台辛味噌ラーメンが有名な「味よし」。「らーめん工房網地島屋 富谷本店」では網地島の郷土料理をラーメンに取り入れている。七ヶ浜の「とうふ屋らーめん」はラーメンが絶品なのはもちろんのこと、豆腐が食べ放題!気仙沼の「やまと食堂」は震災で被災したものの、見事復活した老舗店。みなさんも宮城の様々なラーメンを食べ比べてみませんか。

#115「食通政宗の街仙台おすすめグルメ」

#115「食通政宗の街仙台おすすめグルメ」

2014年01月20日放送
週に一度は伊達な旅。いいトコ!みやぎへさあ出かけましょう。仙台藩62万石の生みの親、伊達政宗公はたいそうな食通だったと言われています。今回はそんな政宗公にまつわる仙台味噌やづんだ餅、そしてグルメな街ならではの食材、仙台牛をご紹介。食通政宗が生んだ街で仙台グルメを味わってみませんか?

#150「大自然の感動!冬空を舞うガンの群れ」

#150「大自然の感動!冬空を舞うガンの群れ」

2014年01月13日放送
国内有数の渡り鳥の飛来地として知られる伊豆沼。この周辺は国内で越冬するマガンのおよそ9割が飛来するとも言われている。沼を埋め尽くす姿や冬空を舞う群れは、この地域の冬の風物詩だ。伊豆沼の隣、長沼ではハスの名所としても知られ、冬だけでなく、夏は蓮が咲き誇る景色を楽しめる。大自然の雄大さに触れる旅に出かけてみよう。

#143「趣あふれる贅沢温泉」

#143「趣あふれる贅沢温泉」

2014年01月06日放送
秋も深まり温泉が恋しくなる季節。今回は白石市の温泉郷をご案内!小原温泉にある、岩風呂かつらの湯。洞窟のような作りはなんともいえない雰囲気がある。鎌先温泉の「時音の宿 湯主一篠」は創業約600年の老舗旅館。大正時代にタイムトリップしたかのような空間の個室料亭匠庵では、仙台牛や宮城野ポークなど贅沢な創作料理も味わえる。みなさんも温泉につかって、ゆったりとした時間を過ごしてみよう。

※12/30(月)は特別編成の為放送休止いたします。

#152「のどかな町の郷土料理」

#152「のどかな町の郷土料理」

2013年12月23日放送
宮城県・美里町には新鮮な野菜やこんにゃくを使った地元で愛され続ける郷土料理がある。その名も「すっぽこ汁」。野菜の濃厚な旨みがたっぷりの、寒い冬に体が温まる一品だ。今回はそんな伝統料理の由来とともに、美味しいすっぽこ汁が味わえるお店を紹介する。どこか懐かしく、心も体もほっこりするような伝統料理を食べに、出かけてみよう。

#149「宮城ふるさとの味 はらこめし」

#149「宮城ふるさとの味 はらこめし」

2013年12月02日放送
仙台市内の川では鮭が遡上する姿が見られるってご存知だろうか?宮城の人にとって鮭はとても身近な存在。この季節楽しめる鮭を使ったふるさとの味が「はらこめし」。今回は、今年行われた「はらこめし総選挙」でグランプリを獲得したものを紹介する。「はらこめし」の季節が終ったら、次は「ほっきめし」。今が旬の宮城の味をお腹いっぱい楽しんでみよう。

#148「SENDAI 光のページェント 2013」

#148「SENDAI 光のページェント 2013」

2013年11月25日放送
今年も仙台の師走の夜を彩る「SENDAI光のページェント」が開催される。今年のテーマは「あたたかな光が作り出す、喜びと感動のステージ」。来場する方々の様々なリクエストに対応し、感動のひと時を楽しんでもらおうと準備中。イベント期間中、仙台市内の観光の足として人気の「ベロタクシー」は会場を一周する特別運行を実施。光のトンネルを走る幻想的なドライブが楽しめる。今年で28回目の「SENDAI光のページェント」で、光り輝く仙台の夜を楽しんでみよう。

#147「遠刈田温泉とこけしの里」

#147「遠刈田温泉とこけしの里」

2013年11月18日放送
古くから湯治場として賑わってきた遠刈田温泉。味わい深い温泉を様々に楽しむことができる。また温泉街を歩くと目につくのが「こけし」。遠刈田では伝統あるこけし作りが行われており、「新地こけしの里」は代々のこけし工人の集落。東北各地のこけしが集められている町のこけし館もある。温泉と伝統工芸、魅力満載の遠刈田温泉に出かけてみよう。

#146「色麻・新米実りの季節」

#146「色麻・新米実りの季節」

2013年11月11日放送
実りの秋。今年も新米の季節がやってきた。宮城県・色麻町(しかまちょう)は奥羽山脈からの清水が潤す肥沃な大地を利用して稲作が盛んだ。色麻で作られる8割近くは甘味、粘り、香りのバランスが良いといわれる「ひとめぼれ」。また、お米の国宮城では今「環境保全米」という環境にやさしい米づくりにも取り組んでいる。みなさんもおいしい宮城の新米を味わってみませんか?

#144「サン・ファン・バウティスタ号出航400年!」

#144「サン・ファン・バウティスタ号出航400年!」

2013年10月28日放送
今年、2013年は支倉常長らが慶長遣欧使節がローマを目指して出帆してからちょうど400年。今回は石巻にある、常長ゆかりのサン・ファン館を紹介する。案内役は支倉常長の子孫、13代目支倉恒隆さん。7年という長旅の中、常長が持ち帰った資料は、今年、ユネスコ記憶遺産に登録された。この貴重な資料は仙台市博物館で見ることができる。サン・ファン館は震災のため休館していたが、11月3日に再オープン。ぜひこの場所で、遠い異国の地を訪れた支倉常長に思いをはせてみませんか。

#141「白石城の城下町歩き」

#141「白石城の城下町歩き」

2013年10月07日放送
今回は片倉小十郎の城下町、白石をご案内。昔の風情が味わえる商家の屋敷「壽丸屋敷」。ゆったりとした時間の流れを味わうことができるスポット。また、「白石の三白」の一つ白石和紙は現代の紙にない魅力があるだけでなく、様々な使い方がされているのだとか。みなさんも情緒あふれる白石を旅してみませんか。

#137「丸森で農村体験」

#137「丸森で農村体験」

2013年09月09日放送
今回は大自然に囲まれた、丸森町の魅力を紹介。平成11年、「日本の棚田百選」に選ばれた大張沢尻棚田は見事な景観を作り出している。そんな丸森町は恵まれた環境を生かし、「農業チャレンジ研修」という形で農業への参入希望者に技術支援を行っている。また、宮城県産のお米を使った「う米米めん」や「エゴマ」など自然の恵みをたっぷり味わうこともできる。丸森町で大自然の恵みに触れてみませんか。

#136「古き良きめぐり旅」

#136「古き良きめぐり旅」

2013年09月02日放送
今回は古き良き仙台の魅力に迫る。仙台藩祖政宗公が生きた時代を象徴する桃山文化の建物・瑞鳳殿。誰もが目を奪われる極彩色の涅槃門には隠れたエピソードがある。また今となっては美味しい鰻が食べられる隠れた名所となっている仙台だが、政宗公の時代、鰻を食べない文化があったとか。古き良き時代を感じながら仙台を散策してみよう。

#135「蔵とモータースポーツの町」

#135「蔵とモータースポーツの町」

2013年08月26日放送
蔵造りの家並みが続く、みちのく宮城の小京都・村田町。立派な蔵や屋敷が立ち並び、まるで江戸時代へタイムスリップしたよう。そんな村田町の特産品は「そらまめ」。道の駅村田では、そらまめが買えるのはもちろん、そらまめを練りこんだ蕎麦を味わることもできる。この町のもう一つの顔は「モータースポーツ」!実は、国際的なレースからビギナー向けの講習まで、様々なモータースポーツを楽しむことができる町でもある。楽しさ2倍の村田町に出かけてみませんか。

#134「南三陸体感ツアー」

#134「南三陸体感ツアー」

2013年08月18日放送
魚市場も再開し、町の活気が戻りつつある南三陸町。かつてのおさかな通りには、復興への思いを込め、この地に古くから伝わる縁起物の神棚飾り「切り子」が掲げられている。南三陸町のおもてなしの顔、「さんさん商店街」には名物のキラキラ丼をはじめ、地元の名物が勢ぞろい!宿を探すなら「さんさん館」がおすすめ。ここは約130年の歴史を重ねた小学校の校舎を利用した宿泊施設で、農業体験や林業体験もできる。復興に向け活気づく南三陸を訪れてみませんか。

#133「ペンションでゆっくり蔵王を楽しむ」

#133「ペンションでゆっくり蔵王を楽しむ」

2013年08月13日放送
緑鮮やかな夏の蔵王連峰。市街地から少し離れて、涼しい高原で、森林浴やバードウォッチングなど大自然を楽しむことができる。また蔵王酪農センターでは、乳製品作り、ソーセージ作りなどを体験することができる。夏の蔵王のもう一つの楽しみは、ペンション。森の中には個性豊かなペンションがあり、朝食に美味しい手作りパンなどをゆっくり味わうこともでる。喧騒を離れて、蔵王で爽やかな夏のひとときを過ごしてみませんか。

#132「夏の気仙沼大島を楽しむ」

#132「夏の気仙沼大島を楽しむ」

2013年08月05日放送
「緑の真珠」とも呼ばれる、気仙沼大島。ここは海水浴場、シーカヤックや地引網の体験など夏の楽しみがたくさん!また島の原産「椿油」はヘアケアやスキンケアに優れた特長を持ち、お土産にも重宝しそう。民宿「海鳳」では海の幸を存分に味わうことができる。きっとまた来たくなる島で、夏の思い出を作ってみませんか。

#131「一年中楽しめる泉ヶ岳」

#131「一年中楽しめる泉ヶ岳」

2013年07月29日放送
今回は泉ヶ岳の魅力を紹介。ここは仙台市街の近くながら、自然の中でスポーツが体験できる場所。冬はスキー、春から秋にかけては、ウォータージャンプやパラグライダー、登山などが楽しめる。スポーツを楽しんだあとは心も体も癒される「日帰り温泉」へ。岩温浴や露天風呂でリラックスできる。最後は、オススメ料理「メガカレー」に挑戦も!?この夏、泉ヶ岳で自然を体感しながらスポーツを楽しんでみませんか。

#130「魚の宝庫!亘理の海で釣り三昧」

#130「魚の宝庫!亘理の海で釣り三昧」

2013年07月22日放送
今回は、亘理町の海釣りを紹介。ここは震災で大きな被害を受けたが、現在はすべての釣り船が営業を再開している。様々な魚が釣れ、まさに魚の宝庫!ヒラメのシーズンになると全国からお客さんが来るほど人気なのだ。また、震災の際、津波で流された「鳥の海ふれあい市場」は、仮設店舗で営業を再開している。亘理町ならではの新鮮な魚介類はもちろん、野菜や果物も販売。復興に向けて地元の人が力を合わせて頑張っている。みなさんも、潮風を感じる亘理町を訪れてみませんか。

#128「仙台七夕まつり」

#128「仙台七夕まつり」

2013年07月08日放送
仙台といえば仙台七夕まつり。今年は8月6日から8日まで開催される。アーケードが豪華絢爛な竹飾りで埋め尽くされる光景はあまりにも有名ですが、実はほかにも魅力がいっぱい!七夕まつりの前日には前夜祭として花火大会を開催。また、伊達政宗公の霊屋(おたまや)、瑞鳳殿は七夕まつりの期間だけライトアップされる。その様子はなんとも幻想的。様々な楽しみ方ができる仙台七夕まつりへ、出かけてみませんか。

#127「日本最古の伝統染め『正藍染』」

#127「日本最古の伝統染め『正藍染』」

2013年07月01日放送
今回のテーマは、日本最古の伝統染め「正藍染」。東北地方に古く伝わる技法を使った「正藍染」は人工的な保温、過熱をいっさい行わず、自然の力のみで藍を発酵させるのが特徴だ。千葉まつ江さんは三代目の継承者。今も現役で伝統を守り続けています。愛藍人・文字(アイランド・モンジ)では、そんな伝統の正藍染を期間限定で体験することもできる。みなさんも栗原市で、最古の伝統染めの美しさに触れてみませんか。

#126「復活!奥松島で自然体験」

#126「復活!奥松島で自然体験」

2013年06月24日放送
日本三景のひとつ松島の、さらに東に位置する奥松島。ここでは雄大な自然を体感でき、様々な体験学習に参加できる。今回は、「奥松島体験ネットワーク」の方と一緒に自然体験へ出かけた。みなさんも日本を代表する絶景の中、大自然を味わってみませんか。

#125「高山植物が咲き誇る世界谷地」

#125「高山植物が咲き誇る世界谷地」

2013年06月17日放送
今回は日本有数の大湿原、世界谷地がテーマ。長い冬を終え、世界谷地は一年で最も生命が躍動する季節を迎える。この季節、ミズバショウやワタスゲなどの可憐な花々が咲き誇り、湿原は巨大な花園へと姿を変える。そんな世界谷地の魅力を、栗駒の自然を守る会の方に伺った。みなさんも、世界谷地で初夏の大自然を味わってみませんか。

#124「陶芸とわさびの里、加美町」

#124「陶芸とわさびの里、加美町」

2013年06月10日放送
今回は、水が綺麗な加美町へ。温泉施設や伝統焼き物の切込焼など、様々な魅力を紹介。中でもこの町は、水の清らかさを生かして山葵が生産されている。そんな「わさびの里」ならではのアイデア料理を楽しむことができる施設やレストランを紹介。加美町で爽やかな初夏を楽しんでみませんか。

#123「艶やか!みやぎの銀ざけ」

#123「艶やか!みやぎの銀ざけ」

2013年06月04日放送
宮城の名産、養殖銀ざけ。実は銀ざけの養殖を国内で最初に始めた宮城県。改良を重ねた餌を与えるため、刺身でも美味しく食べられる銀ざけの養殖に成功!そんな宮城の銀ざけは5月から夏までと、まさにこれからが旬。宮城の銀ざけを味わえるレストランも紹介する。旨味が凝縮された宮城の銀ざけ、一度味わってみませんか。

#122「気仙沼の今!観光ボランティアツアー」

#122「気仙沼の今!観光ボランティアツアー」

2013年05月27日放送
気仙沼では今、観光ボランティアや震災ガイドが活躍している。観光ガイドは地元の人が手ごろな料金で名所を案内。震災復興ガイドでは、ボランティアガイドが自身の震災の体験や教訓、復興の状況を伝える。いつもの旅では見えない気仙沼の今、訪ねてみませんか。

#121ヒーローたちが帰ってきた!『萬画の国・いしのまき』

#121ヒーローたちが帰ってきた!『萬画の国・いしのまき』

2013年05月20日放送
震災から2年。今年3月に、石巻市の「石ノ森萬画館」がリニューアルオープンした。石巻線ではラッピング列車マンガッタンライナー!萬画王国石巻へみなさんをお連れする。商店街の漫画ロードも健在。復活した「萬画の国・いしのまき」へ出かけよう!

#120「春の松島味めぐり」

#120「春の松島味めぐり」

2013年05月13日放送
松島では春を堪能できるおいしいイベント「松島春ランチフェア」を開催中!ホテルや旅館が参加し、地元の厳選食材を使ったとびきりのランチを、コンテストに入賞した料理人たちが腕を振る。うららかな春の松島で味わえる、ちょっと贅沢なランチをご紹介。

#119「古代のロマン!仙台で化石発掘」

#119「古代のロマン!仙台で化石発掘」

2013年05月06日放送
仙台市内にある「化石の森」。ここはおよそ500万年前の地層が露出していて、さまざまな化石が発見できる場所。東北大学理学部の自然史標本館には、巨大なクジラの骨格標本など、仙台市内で発掘された貴重な化石が展示されている。さあ、都会の真ん中で神秘の化石を探しに出かけましょう!

#118「笑顔咲くたび伊達な旅 ~リゾート列車でほっこり旅~」

#118「笑顔咲くたび伊達な旅 ~リゾート列車でほっこり旅~」

2013年04月29日放送
「奥の細道湯けむりライン」の愛称で親しまれている「リゾートみのり」は6月30日までの金・土・休日に運転中。車内から美しい景色を満喫しながらさまざまなサービスを受けられる。沿線には鳴子温泉。温泉につかって旅の疲れを癒そう。鳴子の27の旅館では「なる子ちゃんこ鍋」が味わえる。「リゾートみのり」で列車の旅を満喫しませんか?

#117「1200年間港を見守る鹽竈神社」

#117「1200年間港を見守る鹽竈神社」

2013年04月22日放送
鹽竈神社は、古くから東北鎮護・陸奥国一之宮として崇敬を集めてきた。平成14年には国の重要文化財の指定を受けている。神社のある塩釜は港町であると同時にお酒の街でもある。塩竈の歴史に触れながら、おいしい魚やお酒を味わえる街めぐりをしてみませんか?

#154「復活!唐桑御殿」

#154「復活!唐桑御殿」

2013年04月13日放送
宮城県・気仙沼市、唐桑半島に見られる唐桑御殿。まさに豪邸というこの建物は、この地の漁師さんの家。今、その唐桑御殿を一般に開放している場所もある。「民宿 唐桑御殿つなかん」は震災後、一度は取り壊しを考えたが、民宿として再活用することに決めた。牡蠣や帆立を使った美味しい料理を味わうこともできる。ぜひ一度、漁師さんの豪快さと温かみに触れに、唐桑御殿をたずねてみませんか。

#114「笑顔咲くたび伊達な旅~花いっぱいの宮城編~」

#114「笑顔咲くたび伊達な旅~花いっぱいの宮城編~」

2013年04月08日放送
白石川堤の一目千本桜や船岡城址公園は桜の名所。毎年開催される桜まつりは20万人以上の花見客で賑わう。5月下旬からは南三陸町、田束山のツヅジが見ごろ。さあ花いっぱいの宮城を感じに出かけませんか?

ラインナップ

ラインナップ

2010年05月03日放送
■5月3日 #1「伊達な仙台」
伊達な旅紀行いよいよスタート!杜の都仙台を観光ループバス「るーぷる仙台」でぐるりとまわります。
■5月10日 #2「日本三景松島」
かの松尾芭蕉が感激のあまり句が詠めなかったほどの絶景!カモメとともにクルーズに出かけます。
■5月17日 #3「牛タン」
仙台の牛タン焼きはとっても肉厚でジューシー!「牛タン」の魅力をたっぷりご紹介します。
■5月24日 #4「みやぎの明治村」
武家屋敷の家並み、明治の面影が残る名建築の数々…懐かしさ溢れる登米
を訪れます。
■5月31日 #5「栗原」
映画「東京タワー」のロケ地にもなった細倉鉱山とその周辺を訪れます。 
■6月7日 #6「世界谷地」
美しい自然が残る栗駒山。その南斜面に広がる広大な湿原を歩きます。
■6月14日#7「南三陸~ホヤ」
磯の香りと独特の甘み。ここ三陸ならではの珍味をいただきます。
■6月21日#8 「奥松島」
シーカヤックに乗って、ユニークな景色の海岸線を楽しみます。
■6月28日#9 「猫の島」
人より猫の方が多い島、田代島を訪れます。
■7月5日 #10 「仙台七夕」
仙台の夏と言えば七夕祭り。七夕飾りの作業場を訪れます。
■7月12日 #11 「蔵王連峰で農業体験」
宮城が世界に誇る火山の景勝地、蔵王を訪れます。
■7月19日 #12 「唐桑半島の夏」
気仙沼から唐桑半島へ。新鮮な魚介類を使った大漁祝膳を食します。
■7月26日 #13 「加美町」
グリーン・ツーリズムが体験できる民宿で、わさびと名物おかあさんに出会います。
■8月2日#14 「木造校舎の宿 『さんさん館』 」
小学校を改築した宿に泊まり、ホタルなどの自然と触れ合います。
■8月9日#15 「仙台の奥座敷へようこそ」
仙台駅から「作並温泉行き」バスに乗り、鳳鳴四十八滝やニッカウヰスキーの工場に立ち寄ります。
■8月16日#16 「ホルモンvsフカヒレ」
気仙沼で、サメ肉を使った「フカバーガー」とホルモンをいただきます。
■8月23日#17 「伊達の小京都」
大崎で日本最古の学校建築「旧有備館」に立ち寄ります。
■8月30日#18 「塩竃塩スイーツ」
御釜神社で「藻塩焼き神事」を体感し、町で有名な塩スイーツを探します。
■9月6日#19「黄金の島 金華山」
今が旬!金華サバや季節の魚を盛り合わせた金華ランチを堪能します。
■9月13日#20「心遣いから生まれた名物めん」
片倉小十郎のお膝元、白石でうーめんをいただきます。
■9月20日#21「ずんだ餅」
農家レストランでずんだ餅をいただきます。
■9月27日#22「奥州三名湯!鳴子温泉郷」
雄大な自然の中で温泉に癒されます。
■10月4日#23「栗駒の温泉郷」
お肌がすべすべになる美肌の湯として好評な名湯に立ち寄ります。
■10月11日#24「塩竃で魚三昧」
三陸塩竈ひがしものという期間限定のブランドのマグロをご紹介致します。
■10月18日#25「仙台秋保温泉」
皮膚病をたちどころに全快させたという逸話が残る名湯中の名湯。
■10月25日#26「夜の松島」
昼とは違った幻想的な世界を見せてくれます。
■11月1日#27「フルーツ 蔵王・山元町」
フルーツ王国としても有名な宮城県で、果樹園が数多くある山元町・蔵王町を訪れます。
■11月8日#28「おいしさ街道へようこそ」
広い畑が広がる大崎の自然に触れ、なつかしさを楽しむ「おいしさ街道」をご紹介致します。
■11月15日#29「仙台の奥座敷へようこそ」
古くから仙台の奥座敷として親しまれてきた、美人づくりの湯「作並温泉」へ立ち寄ります。
■11月22日#30「丸森 自然のめぐみ」
阿武隈川が流れる丸森町で、芋煮鍋やイノシシなど大自然の恵みをご紹介致します。
■11月29日#31「仙台横丁めぐり」
みやぎ観光コンシェルジュと一緒に、昔ながらに佇む壱弐参横丁や文化横丁を巡ります。
■12月6日#32「松島のカキ!」
松島より、濃厚な甘みが身の中に凝縮された「鳴瀬のカキ」を堪能致します。
■12月13日#33「南三陸を旅する」
日本屈指の豊富な漁場を誇る南三陸で、美味しい志津川のタコや海の幸をご紹介致します。
■12月20日#34「漫画の王様に会いにいこう」
自然豊かな町で生まれた漫画界の巨人、石ノ森章太郎のふるさと記念館を訪れます。
■12月27日#35「渡り鳥の聖地へ!伊豆沼」
5万羽を超えると言われるマガンが羽を休める渡り鳥の楽園、伊豆沼を訪れます。
■1月10日#36「絶品!酒蔵見学」
米どころとして知られている大崎で、3箇所の酒蔵を訪れ地酒の魅力をご紹介致します。
■1月17日#37「漫画のまち 石巻」
漫画の列車で石巻市へ立ち寄り、石ノ森章太郎さんが歩んだ足跡を巡ります。
■2月7日#38「樹氷王国へようこそ」
冬の蔵王。すみかわスノーパーク。自然が作り出した芸術作品、樹氷を巡る。
■7月4日#39「伊達になる旅」
震災から立ち直り、復興に向けてがんばっている仙台から、伊達な旅スタート!
■7月11日#40「仙台七夕まつり」
東北三大祭りの一つ、仙台七夕まつりは8月開催に向けて準備の真っ只中!
■7月18日#41「蔵王」
蔵王の雄大な自然と遠刈田温泉を堪能します!
■7月25日#42「松島」
日本三景の一つ、松島の絶景をご紹介。震災後、いち早く営業を再開した水族館も!
■8月1日#43「伊豆沼水上散歩」
伊豆沼で満開の蓮の花を船から見物。そして、登米名物の油麩丼をいただく!
■8月8日#44「くりこま高原で涼」
いわかがみ平から少し登って、広大な湿原の中でニッコウキスゲなどの花と出会う!
■8月15日#45「農家で楽しむ」
加美町で農業体験をし、やくらい薬師の湯の露天風呂でゆっくりくつろぐ!
■8月22日#46「秋保温泉」
仙台から車で40分。仙台の奥座敷で名湯につかり、伝統工芸のトンボ玉作りを体験!
■8月29日#47「夜の仙台を楽しむ」
東北有数の繁華街、国分町で宮城ならではの料理やお酒が楽しめるお店をご紹介!
■9月5日#48「奥の細道湯煙の旅」
女将さんと一緒に駅弁を食べながら、列車に乗って鳴子温泉まで小旅行!

■9月12日#49「先端技術と伝統の町」
角田宇宙センターで最先端のロケットに遭遇!そして、上質な地ビールを堪能します!
■9月19日#50「職人の技が光る塩釜」
塩釜といえば寿司の町!新鮮で美味しい魚と日本酒をいただきます!
■9月26日#51「伊達な伝統工芸」
仙台箪笥や玉虫塗、そして伊達政宗公も鮎釣に愛用したと伝えられる仙台釣竿をご紹介します!
■10月3日#52「宮城のコダワリ!芋煮会」
仙台味噌と豚肉が決め手!宮城ならではの芋煮会をご紹介します!
■10月10日#53「水陸両用バスでクルージング 川崎町」
釜房湖の景観をバスに乗って、陸と水の両方から楽しみむ。
■10月17日#54「鬼首温泉」
滝の流れる珍しい温泉と山の恵みたっぷりの食事を堪能する。
■10月24日#55「渓流釣り」
広瀬川上流でイワナやヤマメを釣り、作並温泉でゆっくりする。
■10月31日#56「身も心も温かくなる白石」
片倉小十郎が登場!いろいろな「うーめん」を紹介する。
■11月7日#57「蕪栗沼の自然」
お見事!この秋飛来したマガンたちの大乱舞、飛び立ちをご覧あれ。
■11月14日#58「夜の松島」
絶景と名高い、松島の月をゆっくり堪能する。
■11月21日#59「猫の島」
田代島で震災後も元気に頑張っている猫たちに会いに行く。
■11月28日#60「仙台光のページェント」
今年も開催予定!仙台市の冬の風物詩、光のページェントを紹介する。
■12月5日#61「美味しい郷土食に舌鼓!」
亘理町で旬は郷土飯「はらこめし」と「ほっきめし」をいただく。
■12月12日#62「峩々温泉で現代湯治」
蔵王の山々に囲まれた川崎町にある、宮城の秘湯を紹介する。
■12月19日#63「仙台で社会科見学」
宮城名物「笹かまぼこ」とビールの工場見学に訪れる。
■12月26日#64「作並温泉」
仙台の奥座敷・作並温泉にある天然岩風呂を訪れる。
■1月9日#65『阿武隈ライン舟下り「こたつ舟」』
冬の風情を感じられる丸森町を紹介。
■1月16日#66「塩釜街歩き」
塩釜名物・藻塩を使ったお寿司、ラーメン、菓子を食べ尽くす。
■1月23日#67「仙台レトロ案内」
昔懐かしい仙台市電と柳生和紙に触れ合う。
■1月30日#68「仙台駄菓子とお茶文化」
茶の湯の歴史深い仙台で、伝統の仙台駄菓子と出会う。
■2月6日#69「樹氷王国へようこそ!」
すみかわスノーパークで冬のレジャーを楽しむ。
■2月13日#70「夜の仙台・地酒めぐり」
国分町でおいしい宮城の地酒を飲み歩く。
■2月20日#71「おすすめ仙台牛の魅力」
最高級のブランド牛をおすすめの店でいただく。
■2月27日#72「蔵王で自然と触れ合おう」
蔵王でキツネや野鳥と触れ合う。
■3月5日#73「青根温泉ほっこり旅」
伊達政宗や文豪が愛した名湯でくつろぐ。
■3月12日#74「復興『気仙沼』応援ツアー」
復興に向けて様々な取り組みが行われている気仙沼。バスツアーで美味しく楽しく気仙沼を応援しよう。
■3月19日#75「宮城の伝統工芸」
伊達政宗も愛用した雄勝硯。その雄勝石を使った新しいものづくりが始まっている。
■3月26日#76「鳴子でこけし職人気分」
9種類もの泉質が楽しめる鳴子温泉郷。長い歴史の中で愛される鳴子のこけしの魅力をお届けする。
■4月2日#77「グルメな春ランチの旅」
宮城の新鮮な食材をふんだんに使った「春のちょっとぜいたくな昼食」を堪能しする。
■4月9日#78「亘理・山元 甘く香るフルーツの町」
宮城で生まれた美味しいいちご「もういっこ」。特産の果物を使った手作りジャムを紹介する。
■4月16日#79「仙台・新伝統工芸の魅力」
伝統を活かした新しい感覚の工芸品。「赤けし」や「さすりねこ」等、癒しの工芸品を紹介する。
■4月23日#80「仙台・歴史ある麹の町へ」
蔵の町、荒町。今も残る造り酒屋や、伝統の麹を守り続ける老舗を訪ねる。
■4月30日#81「仙台・政宗公と出会う一日」
歴史が息づく街、仙台。伊達武将隊とともに政宗公の面影を探して街を歩く。
■5月7日#82「栗原・花山で春を感じる」
景勝と山の幸が魅力の花山に、やっと訪れた春を探しにいく。
■5月14日#83「仙台万華鏡美術館」
世界でも珍しい秋保の万華鏡美術館で、幻想的な光と色に出会う。
■5月21日#84「細倉鉱山を歩く」
1200年の歴史を持つ、細倉鉱山の跡地で歴史ロマンを堪能する。
■5月28日#85「白石・小原温泉の魅力」
白石川の上流、秘湯・小原温泉でリフレッシュする。
■6月4日#86「賑わいの南三陸で豪快グルメ」
復活したキラキラ丼を味わう。
■6月11日#87「ぐるり!夏の金華山」
東奥三大霊場の一つとして有名な金華山を訪れる
■6月18日#88「初夏の中山平温泉郷を行く」
夏でも楽しい、鳴子温泉郷の中山平温泉でくつろぐ。
■6月25日#89「宮城は夏もスキーシーズン!」
蔵王・七ヶ宿スキー場で爽快な夏のゲレンデを楽しむ。
■7月2日#90「さんさん館でタイムスリップ」
自然に囲まれた南三陸町を紹介する。
■7月9日#91「仙台七夕まつり」
幻想的な星空と仙台七夕まつりを楽しむ。
■7月16日#92「石巻と女川へ!復興応援バスツアー」
バスツアーに参加して被災地のいまを感じる。
■7月23日#93「宮城・伊達な女旅」
東北一の繁華街・国分町で特に女性にオススメの店を案内する。
■7月30日#94「歴女必見!片倉組うーめんツアー」
片倉小十郎がうーめんの美味しい楽しみ方を教えてくれる。
■8月6日#95「気仙沼大島泊まって応援」
気仙沼大島ボランティア活動応援ツアーを紹介する。
■8月13日#96「畑と温泉でリフレッシュ!」
東鳴子温泉で大豆づくりと湯治を楽しむ。
■8月20日#97「森林でストレス発散」
登米で気持ちのいい夏の森林浴を体験する。
■8月27日#98「宮城・どぶろくの旅」
大崎市鳴子温泉周辺「どぶろく特区」をご案内。
■9月3日#99「仙台駅ナカ散歩」
東北の玄関口、仙台駅の楽しみ方をご案内。
■9月10日#100「塩釜マグロ合戦」
塩釜で味わえるマグロ料理をご紹介。
■9月17日#101「ダイナミック蔵王」
雄大な蔵王の自然と美味をご紹介する。
■9月24日#102「仙台空港 途中下車の旅」
仙台空港と空港周辺の魅力をご紹介する。
■10月15日#103「みやぎ史跡めぐり」
歴史ロマン溢れる多賀城市をめぐりる。
■10月22日#104「秋色に染まる鳴子温泉」
一番人気の鳴子峡紅葉は必見。
■10月29日#105「夜の松島」
ライトアップされ幻想的な風景に出合います。
■11月5日#106「米どころ宮城」
宮城を代表するお米を生かしたおいしい料理を紹介。
■12月3日#107「SENDAI 光のページェント」
今年で27回目となる「SENDAI 光のページェント」のもようを紹介する。
■12月10日#108「宮城が誇る食めぐり」
海の幸、山の幸が豊富な宮城の食材が味わえる仙台グルメを紹介する。
■12月17日#109「伝統こけしと名物料理で楽しむ作並温泉」
仙台の奥座敷、作並温泉を訪ねる旅。伝統民芸品「作並こけし」もご紹介。
■12月24日#110「復興酒蔵 石巻 希望の酒」
震災被害から復活し、銘酒である地酒造りを行う石巻の酒蔵を紹介する。
■3月4日#111「まだまだ旬! 宮城のかき」
春も旬だという宮城の牡蠣。身が太って大きいのが特徴。生食ではなく、加熱して食べるのが旨い。かき小屋、かき料理。
■3月11日#112「笑顔咲くたび伊達な旅~沿岸部の復興商店街~」
女川希望の鐘商店街。商店街のおススメポイント。
■3月18日#113「笑顔咲くたび伊達な旅~宮城のグルメ編~」
塩釜~石巻~気仙沼の寿司海道。気仙沼の寿司海道、ふかひれ寿司、黄金丼、気仙沼ラーメン、南三陸キラキラ丼。
■3月25日#114「笑顔咲くたび伊達な旅~花いっぱいの宮城編~」
一目千本桜、しばた桜祭り、桜の名所ビューポイント、5月からは田束山のつつじ。

番組詳細

ページの先頭へ