【にっぽん百景】皇室が愛した名旅館

過去の放送

番組詳細

#6 「夜がらす山荘 長多喜」「下呂温泉 湯之島館」

#6 「夜がらす山荘 長多喜」「下呂温泉 湯之島館」

2010年09月28日放送
「夜がらす山荘 長多喜(岐阜)」
ご主人のこだわりで約10軒の古民家が移築され、客間として使われています。この中の「雲居の間」は、昭和32年、皇太子時代の天皇陛下がお泊りになることが決まった際、中津川の料亭にあった離れを、急きょ移築しました。料理は俳諧とともに茶道も盛んだったという中津川ならではの茶懐石くずし。この宿の夏場の名物は鮎笹焼き。

「下呂温泉 湯之島館(岐阜)」
昭和6年創業。和風、洋風、さらには東洋風、民家風など多彩な様式を混在させ、山の斜面を最大限に利用した造りとなっており、館内を巡ればその大きさに圧倒されます。昭和33年には昭和天皇香淳皇后、昭和51年は天皇皇后両陛下がご宿泊。皇室ゆかりのお部屋「七重八重之間」は、本間31帖に控えの間を備えた純和風のお部屋。また「あじめの甘炊き」をお気に召されました。杉や檜の木立の中で湯煙を上げている露天風呂からは、下呂の温泉街を一望できます。

#4 「芦原町温泉 開花亭」「粟津温泉 法師」

#4 「芦原町温泉 開花亭」「粟津温泉 法師」

2010年09月21日放送
「芦原町温泉 開花亭(越前)」
昭和、今上両天皇陛下がご宿泊。広さ一万平方メールに及ぶ日本庭園は絶景。また、新鮮なお造りや品のいい器も好評です。

「粟津温泉 法師(越前)」
鉄の釘を一本も使っていない総檜の御殿造りの「延命閣」に賀陽宮殿下、三笠宮殿下、高松宮妃殿下等、皇族方が御投宿。笠宮殿下御手植の銀松、高松宮妃殿下御手植の千本杉などがあります。

#3 「三養荘(伊豆長岡)」「ニュー銀水(伊豆)」

#3 「三養荘(伊豆長岡)」「ニュー銀水(伊豆)」

2010年09月14日放送
「三養荘(伊豆長岡)」
1999年、天皇陛下がご宿泊。選りすぐりの巨匠、名工が丹精込めて作り上げた建物は、純和風の棟は数奇屋作り、客室内は伝統ある書院造りとなっており、その美しさに天皇陛下も感心されました。趣向を凝らした懐石料理、四季折々の自然が楽しめる庭園などをご紹介します。

「ニュー銀水(伊豆)」
全室オーシャンビューの客室、室内プールなどが満喫できるリゾートホテル。 和、洋の貴賓室あります。駿河湾の新鮮な海の幸、伊豆の天然素材を生かした懐石料理が好評です。

#1 「強羅環翠楼(箱根)」「富士屋ホテル(箱根・宮ノ下)」

#1 「強羅環翠楼(箱根)」「富士屋ホテル(箱根・宮ノ下)」

2010年08月31日放送
「強羅環翠楼(箱根)」
昭和30年に昭和天皇・皇后両陛下がご宿泊。 「思い出のふかき山々 さしびしげに そばだつ見えて 秋ぞくれゆく」という陛下のお歌が残っている。
格別のおいしさの箱根芋をはじめ、この旅館の料理は相模湾で獲れた新鮮な魚介を使い、食味豊かな季節の味を堪能できます。そのほか、皇后陛下がお泊りになった客室、一万坪の野趣あふれる庭、柔らかな光がそそぐ浴室など、自然と一体になれる造りの「強羅環翠楼」をご紹介します。

「富士屋ホテル(箱根・宮ノ下)」
伝統あるサービスで賓客を数多く迎えた明治11年創業のレトロなクラシックリゾートホテル。皇室とのかかわりが深く、天皇・皇后両陛下をはじめ、皇室ゆかりの宿となっています。各国から要人も多く宿泊し、チャップリンやヘレン・ケラーにも愛されました。

#8 「山中温泉 よしのや依緑園」「山代 ホテル百万石」

#8 「山中温泉 よしのや依緑園」「山代 ホテル百万石」

2009年09月02日放送
「山中温泉 よしのや依緑園(金沢)」
鶴仙渓に面した絶好の場所にある創業800年の名水の宿。眺望北陸随一の男女露天風呂や能舞台付宴会場もあります。また、総檜作りの別荘「依緑園」に昭和天皇ご宿泊の貴賓室も。明治18年、書家の日下部鳴鶴が、杜甫の漢歌「名園緑水に依る」の一説から"依緑園"と命名。

「山代 ホテル百万石(金沢)」
数奇屋造りの美を追求した別館「梅鉢亭」特別室に、昭和58年昭和天皇ご宿泊。本館もまた、露天風呂をはじめ充実した施設。料理もその日の旬の素材を使い日替わりの会席料理を楽しめます。また、朝食の焼きたてのパンが好評です。

#7 「戸倉上山田 笹屋ホテル」「上諏訪 諏訪湖ホテル」

#7 「戸倉上山田 笹屋ホテル」「上諏訪 諏訪湖ホテル」

2009年08月12日放送
「戸倉上山田 笹屋ホテル(信州)」
昭和天皇ご来訪。志賀直哉、竹久夢二などに愛された数寄屋造りの別荘、奥別荘があります。四季の移ろいが満喫できる各露天風呂が人気。

「上諏訪 諏訪湖ホテル(信州)」
昭和天皇ご来訪。諏訪湖のほとりに位置し、全室から湖と南アルプスを眺望できます。檜風呂、茶室、中庭を備えた「菊の間」は必見。

#2 「向瀧(会津若松)」「花水館(飯坂)」

#2 「向瀧(会津若松)」「花水館(飯坂)」

2009年07月08日放送
「向瀧(会津若松)」
奥会津の山峡、東山温泉の老舗旅館。故高松宮殿下がこよなく愛された名旅館であり、書院造りの建物は国の登録有形文化財に指定されています。「鉄筋の建物にはしないで下さい」と殿下直々のお願いを受け、今でも昔ながらの建築美を備えています。傾斜地をいかした3千坪の回遊式庭園、珍しい六角形の湯船、会津で珍重される「鯉」の料理など、江戸の伝統が今にいきる「向瀧」の魅力をご紹介します。

「花水館(飯坂)」
創業300年、明治29年明治天皇がご宿泊。昭和35年、59年に昭和天皇・皇后両陛下がご宿泊。今上天皇も訪れています。

番組詳細

ページの先頭へ