夢の鍵

毎週土曜
夕方5:30~6:00

夢の鍵

世界に通用する「モノづくり」に挑む姿を追う!

キャスト

    ナレーター:賀来賢人 大谷亮平

番組内容

日本のお家芸、モノづくりに情熱を傾ける人々を描いてきたTBSテレビのドキュメンタリー『夢の扉』放送終了から半年。『夢の扉』の志はBS-TBSへと引き継がれ、新番組『夢の鍵』が始まります。21世紀の世界で通用する日本のモノづくりとは何か、熱い志をもってそれぞれの道を切り開く人たちに焦点を当てることで、戦後日本のお家芸と言われた「モノづくり」を未来へ引き継ぐ人たちを応援します。見ているみなさんに元気を与える番組を目指していきます。

※次回、9月15日(土)は、よる6:30からお送りします

次回の放送情報

  • 9月22日放送
    #101 伝統の丸い木桶をシャープに
    #101 伝統の丸い木桶をシャープに

    京都の木桶職人の息子として中川周士さんは生まれた。父親は人間国宝にまでなった人物だ。中川さんは若い頃から偉大な父親を持ったがゆえのプレッシャーと戦いながら、新たな道を模索し続けてきたのだった。それは伝統の木桶作りだけではなく、自分にしかできないモダンな感覚を取り入れた木桶作りの道だ。一躍脚光を浴びたのは、丸い木桶ではなく、木桶を木の葉の形にした作品だった。海外から注目され、フランスの高級シャンパン、ドンペリニヨンの公式クーラーとして採用された。しかし、丸い木桶をシャープに作り上げるのは、並大抵のことではなかった。丸い木桶はかかる力が均等に分散するアーチ構造になっているが、シャープな形状にするとどうしても強度が不足する部分が出てくるのだ。開発を続けること2年、中川さんはこの問題を解決していく。

    ナレーション:大谷亮平

過去の放送

ページの先頭へ