夢の鍵

毎週土曜
夕方5:30~6:00

夢の鍵

世界に通用する「モノづくり」に挑む姿を追う!

キャスト

    ナレーター:小出恵介、賀来賢人(週替わりの出演を予定)

番組内容

日本のお家芸、モノづくりに情熱を傾ける人々を描いてきたTBSテレビのドキュメンタリー『夢の扉』放送終了から半年。『夢の扉』の志はBS-TBSへと引き継がれ、新番組『夢の鍵』が始まります。21世紀の世界で通用する日本のモノづくりとは何か、熱い志をもってそれぞれの道を切り開く人たちに焦点を当てることで、戦後日本のお家芸と言われた「モノづくり」を未来へ引き継ぐ人たちを応援します。見ているみなさんに元気を与える番組を目指していきます。
ナレーターは、小出恵介さん、賀来賢人さんというフレッシュな顔ぶれで現場の思いを熱く伝えていきます。

次回の放送情報

  • 5月27日放送
    #32 食べ残しをエネルギーに変える
    #32 食べ残しをエネルギーに変える

    温泉に宿泊した人の8割が食事を残した経験があるという。こうした食べ残しをエネルギーに変換したいと研究を続けているのが、東北大学大学院の多田千佳准教授。目指すのは、何一つ無駄にしない循環型の社会だ。宮城県の名湯、鳴子温泉では、多田さんの主導で旅館などの生ごみをバイオガスに変換する装置を作りあげた。この装置を動かすために欠かせないのが食べ残しを分解し、ガスを発生させる微生物の力だ。装置内の温度は、微生物が活発に動く温度、35度に保たれるように温泉のお湯を再利用して温めている。ここでは循環型の社会を目指す工夫が随所に凝らされ、そのガスを利用してカフェのお湯を沸かすなどの取り組みが行われている。鳴子温泉の隣町でも、同様の取り組みが始まるなど広がりを見せているが、実はこの装置の開発を押し進めたのは、東北大震災の時に味わったある思いだった。

    ナレーション:賀来賢人

過去の放送

ページの先頭へ