夢の鍵

毎週土曜
夕方5:30~6:00

夢の鍵

世界に通用する「モノづくり」に挑む姿を追う!

キャスト

    ナレーター:賀来賢人

番組内容

日本のお家芸、モノづくりに情熱を傾ける人々を描いてきたTBSテレビのドキュメンタリー『夢の扉』放送終了から半年。『夢の扉』の志はBS-TBSへと引き継がれ、新番組『夢の鍵』が始まります。21世紀の世界で通用する日本のモノづくりとは何か、熱い志をもってそれぞれの道を切り開く人たちに焦点を当てることで、戦後日本のお家芸と言われた「モノづくり」を未来へ引き継ぐ人たちを応援します。見ているみなさんに元気を与える番組を目指していきます。

次回の放送情報

  • 10月21日放送
    #53 脳波で気持ちを見える化
    #53 脳波で気持ちを見える化

    脳波のデータを基に人の気持ちを見える化する装置を開発したのは慶應義塾大学の満倉靖恵(みつくらやすえ)准教授だ。15年間にわたって延べ8000人のデータを蓄積、感性アナライザという装置を開発した。頭にヘッドホーン状のものを装着、額と耳たぶの2点から脳波を計測し、その時、その時の「興味、好き、集中、ストレス、沈静」の五つの状態をタブレットに表示する装置だ。例えば、この装置をつけた研究生の前にお寿司を置くと、好きのレベルが跳ね上がり、寿司を食べさせないでおくと今度はストレス度が上昇する。個人の気持ちの揺れが見事にグラフで表示される。満倉さんはこのデータの蓄積を利用して、ほかにも人の気持ちを見える化する機器を次々と開発している。その満倉さんが、今、力を入れているのが人の気持ちを元気にさせる装置の開発だ。万華鏡を使うというのだが…。

過去の放送

ページの先頭へ