アスリート夢共演

日曜あさ9:30~10:00
月2回放送

アスリート夢共演

障がい者アスリートと健常者アスリートが、2020へ、その先へ続く「夢」を共に語り合う!

番組内容

「TOKYO!」。
2013年IOC総会でのあの瞬間以来、その成功はパラリンピックの成功なくして有り得ないと言われている。
その主役である障がい者アスリートに変わらぬ敬意を払い続けているのは、他ならぬ健常者アスリートだ。この番組では、障がい者アスリートと同じ競技の健常者アスリート(現役・OB・OG問わず)が、練習を体験し、2020のみならずアスリート同士の「スポーツの夢」を共に語る。

次回の放送情報

  • 5月20日放送
    #27 山﨑晃裕 × 室伏由佳 (前編)
    #27 山﨑晃裕 × 室伏由佳 (前編)

    今回の主役は、パラ陸上やり投げ日本代表・山崎晃裕選手。
    先天性で右手首から先が欠損している山﨑選手ですが、小学3年生から熱中した野球で高校時代は甲子園を目指していた。後に出会った障がい者野球では、2014年の「障がい者野球世界選手権~もう一つのWBC」で、日本代表として大会優秀選手にも選ばれたが、さらに大きなステージを求めて、やり投げに転向した。
    転向してわずか3年で出場した「世界パラ陸上ロンドン大会」で5位入賞を果たし、2020のメダル候補として注目を集めている。
    今回、山﨑選手を訪ねたのは、円盤投げとハンマー投げの日本記録保持者室伏由佳さん。
    投擲競技に造詣が深く順天堂大学で研究を続ける室伏さんが、山﨑選手の練習を多角度的にチェックし、山﨑選手の苦手箇所を見つけると早速指導開始!投擲競技を目指す方はもちろん、体の動かし方を身に着けたい皆さんにも必見のレッスンが始まった。
    対談の収録では、山﨑選手と高校野球でバッテリーを組んでいた一人のプロ野球選手からサプライズメッセージも!
    陸上に対する熱い思いをぶつけ合った対談で語られる「大切な言葉」もお見逃し無く!

    山﨑晃裕  1995年 埼玉県生まれ
    先天性右手欠損(手首から先)で生まれる。
    小学3年生から野球を始め、高校時代は甲子園を目指す。
    2014年「障がい者野球世界選手権」で優秀選手賞。
    2015年やり投げに転向。
    16-17年「日本パラ陸上選手権」と「陸上ジャパンパラ」を連覇。
    17年「世界パラ陸上ロンドン大会」で5位入賞。
    F46クラスの日本記録保持者・世界ランキングは3位。

    室伏由佳  1977年 静岡県生まれ 愛知県出身
    1995年~98年円盤投げで日本インカレ4連覇。99年日本記録樹立。
    2004年ハンマー投げで日本選手権初優勝、円盤投げ5回目と合わせて二冠。
    同年ハンマー投げで日本記録樹立。アテネ五輪出場。
    07年円盤投げで日本記録更新。
    12年現役を引退後、陸上中継の解説や日本陸上競技連盟普及育成委員として活躍を続ける。

過去の放送

ページの先頭へ