釣り刑事6

2017/12/14(木)
午後2:00~3:55

釣り刑事6

奥多摩でペンションを営む元刑事・鈴木五右衛門が、釣り人ならではの知識を駆使して事件を解決する人気シリーズの第6弾!

キャスト

    鈴木五右衛門:中村梅雀
      ○
    城下香津美:石川梨華
      ○
    鈴木沙依:原 日出子
      ○
    稲田隆蔵:中本 賢
      ○
    鈴木真里奈:前島亜美(SUPER☆GiRLS)
    城下香那美:中島早貴(℃-ute)
      ○
    三池千枝:渡辺 梓
      ○
    芦原良彦:川野太郎
    佐古泰介:斉藤陽一郎
      ○
    葉山紀一郎:佐戸井けん太
      ○
    泉 加代子:国生さゆり
      ○
    八重樫久吉:村田雄浩

スタッフ

    脚本:入江信吾
    監督:皆川智之

番組内容

奥多摩でペンションを営む元刑事、鈴木五右衛門(中村梅雀)が、釣り人ならではの知識を駆使して事件を解決する人気シリーズの第6弾。
奥多摩の渓流で、著名な外科医の刺殺死体が発見された。凶器が五右衛門の所持品だったため、五右衛門は被疑者として逮捕された。五右衛門を目の敵にしている葉山警部(佐戸井けん太)が捜査を指揮しており、厳しく五右衛門を取り調べる。なす術のない五右衛門を救うため、泉弁護士(国生さゆり)が現われる。今回の殺人事件は身に覚えがないが、五右衛門は被害者の外科医とは面識があった。外科医は10年前に五右衛門が捜査をした殺人事件の容疑者の一人だったのである・・・。
前作まではペンションに住み込みで働いていた沙依(原日出子)と五右衛門がめでたく夫婦になり、沙依の連れ子、真里奈(前島亜美)は五右衛門の娘に。ペンションの片隅に3人ショットの写真も飾られて、いい雰囲気。幸せ度が増したペンションだったが、五右衛門が逮捕されたために、暗雲が垂れ込める。
さらに真里奈が何者かに誘拐され、家族は最大のピンチ!事件の謎を追いながら、五右衛門は夫として父として大いに悩む。普段は五右衛門とは犬猿の仲の八重樫刑事(村田雄浩)が、男気のある友情を発揮。城下刑事(石川梨華)も全力で一家を支える。
無事事件を解決して鈴木家は家族の絆を深めることができるのか?

【あらすじ】
奥多摩の渓流で、心臓外科医・芦原良彦(川野太郎)の刺殺死体が発見された。凶器が鈴木五右衛門(中村梅雀)の所持品だったため、八重樫久吉刑事(村田雄浩)と城下香津美刑事(石川梨華)は五右衛門を逮捕し署に連行する。
五右衛門が身に覚えがないと抗議すると、八重樫は、五右衛門とは折り合いの悪い葉山紀一郎警部(佐戸井けん太)が捜査を指揮していると打ち明ける。そこへ葉山が現れ、八重樫と城下を押し退け取り調べを始める…。
なす術のない五右衛門の前に思わぬ救いが現われた。五右衛門のペンションに宿泊していた弁護士の泉加代子(国生さゆり)が弁護を買って出たのである。泉は五右衛門の妻、沙依(原日出子)に頼まれて急遽駆けつけたのだ。
今回の殺人事件は知らないことだが、五右衛門は芦原とは面識があった。
話は10年さかのぼる。当時、五右衛門は看護師・上林玖美(服部名々子)殺害事件を捜査していた。この事件の容疑者が芦原と、芦原と同僚の麻酔医・佐古泰介(斉藤陽一郎)だった。二人と玖美は男女の三角関係にあった。捜査の結果、佐古が逮捕され服役したが、最近、仮出所していることが判明した。
芦原を恨んでいた佐古が復讐を果たしたのではないか。五右衛門は泉を通して、この推理を八重樫と城下に伝える。
一方、五右衛門のアリバイを立証する三池千枝(渡辺梓)が現われ、五右衛門はようやく釈放された。だが、それも束の間、葉山はその証言に不審な点があると指摘。五右衛門は再び囚われの身に。
その頃、沙依の携帯に娘の真里奈(前島亜美)を誘拐したと脅迫電話が入る。警察に知られると真里奈の命が危ない。沙依と五右衛門は夫婦ならではの阿吽の呼吸で意思を通じさせ、真里奈救出に向かう。
誘拐犯は誰なのか? 医師殺害事件との関連は? 五右衛門は必死の推理を働かせるが・・・。

ページの先頭へ