十津川警部シリーズ39「飛騨高山に消えた女」

この番組は終了しました。

十津川警部シリーズ39「飛騨高山に消えた女」

飛騨高山に消えた女~顔のない連続殺人…失踪美人画家は第4の被害者か容疑者か!?

キャスト

    十津川省三:渡瀬恒彦
         ○
    小野寺由美子:洞口依子
         ○
    白石圭一郎:寺田農
         ○
    西本刑事:堤大二郎
         ○
    根本一成:大鶴義丹
         ○
    戸田実:小沢和義
         ○
    本多捜査一課長:小野ヤスシ
    安原刑事:山村紅葉
         ○
    小西刑事:小西良太
    村川刑事:古川りか
    清水刑事:矢野喬之
    山下刑事:山田アキラ
         ○
    向井警部:佐藤銀平
    北原刑事:小林健
         ○
    宇田川宏:並樹史朗
    北浦秀夫:朝倉伸二
    浅井正明:花王おさむ
    大沼章:林京介
         ○
    亀井定雄:伊東四朗

スタッフ

    原作:西村京太郎「飛騨高山に消えた女」(光文社刊)
    脚本:安本莞二
    監督:油谷誠至

番組内容

亀井刑事は容疑者を追跡中に自動車事故に遭い重傷を負った。だがある女性に病院に搬送されて一命を取り留める。しかし女性は名も告げずに立ち去ったため、誰だか分からなかった。
退院後、休暇を取り飛騨高山を訪れた亀井は、命である小野寺由美子と偶然再会した。画家志望だという由美子と亀井は翌日も会う約束をするが、なぜか由美子は現れなかった。
その頃、飛騨の山林で、女性の他殺死体が発見される。被害者は顔をひどく損傷しており、現場には由美子のスケッチブックが残っていた。由美子と面識のある亀井が参考人として岐阜県警の向井警部の事情聴取を受ける。そこへ十津川警部が東京から駆け付け、被害者は由美子ではないと鋭く指摘する。そして由美子が宿で使った、「白石ゆか」という偽名と住所を手がかりに捜査が始まった。

ページの先頭へ