十津川警部シリーズ38「愛と悲しみの墓標」

この番組は終了しました。

十津川警部シリーズ38「愛と悲しみの墓標」

十津川VS美人弁護士の推理対決!会津若松に散る女の涙…巨額遺産狙う悲しき愛人たち。

キャスト

    渡瀬恒彦、床嶋佳子、佐藤B作、堤大二郎、浅利陽介、笹岡莉紗、小野ヤスシ、山村紅葉、中西良太、古川りか、石井洋祐、羽田圭子、矢野喬之、山田アキラ、伊東四朗ほか

スタッフ

    原作:西村京太郎
    脚本:長坂秀佳
    監督:松原信吾

番組内容

悪徳金融会社の社長・五十嵐(河内隆志)が自宅マンションで殺された。寝室で女に毒を盛られたらしい。情け容赦のない取り立てで知られる五十嵐を憎んでいる者は多いが十津川(渡瀬)は五十嵐の三人の愛人に殺害の動機があるとにらみ捜査を開始。三人とは、死体の第一発見者でモデルのさつき(矢松亜由美)、クラブママ・友美(羽田)、そしてアイドルタレントの知恵(笹岡)である。マンションの防犯カメラには白いスーツケースを持った不審な女が映っていた。さつきがそれと同じスーツケースを持って外出したという情報を得て十津川と小西刑事(中西)が尾行する。さつきは東京から福島の会津若松へ向かった。十津川はさつきと同じ旅館に泊まり彼女を監視するがこれといった動きは無い。ところが同じ福島県内で警察がマークしていた友美が死体で発見される。現場には血まみれの石が落ちていた…。

ページの先頭へ