十津川警部シリーズ28「陸中海岸殺意の旅」

この番組は終了しました。

十津川警部シリーズ28「陸中海岸殺意の旅」

十津川警部が雪舟の偽絵を巡り起こった殺人事件の真相を追う

キャスト

    渡瀬恒彦:十津川省三
    小野ヤスシ:本多捜査一課長
    小野武彦:三上刑事部長
    堤大二郎:西本刑事
    本田博太郎:佐川(岩手県警警部)
    国分佐智子:水島まなみ
    宇梶剛士:室井隆志
    高樹澪:室井さつき
    伊東四朗:亀井定雄 ほか

スタッフ

    脚本:安本莞二
    監督:脇田時三
    原作:西村京太郎「陸中海岸殺意の旅」

番組内容

青山の古美術商が殺された。犯人は雪舟の偽者だけを盗んで行った。残されたメモからその絵は広中和也(高杉端穂)によって店に持ち込まれていたことが分かる。和也は先日、その掛け軸を実家から持ち出し鑑定番組に出演しており、現在はホストとして働いていた。その和也が恋人・まなみ(国分佐智子)を連れて、実家のある宮古へ向かったことを知った十津川(渡瀬恒彦)は、和也の尾行を命じる。彼らは人を探している様子だったが、突然現れた車にまなみが誘拐されてしまう。誘拐犯は和也に実家に残る雪舟の偽物を全て持ってくるように指示。それは和也の両親が20年前世話した旅の僧・空仁(寺田農)が残していったものだという。岩手県警の佐川警部(本田博太郎)は和也に掛け軸をもたせ犯人との接触を待つが、裏をかかれて取り逃がす。その後、もう一度犯人逮捕のチャンスがあったが、それにも失敗。十津川は全ての掛け軸に書かれている文字を照らし合わせ「塔のへつり」という地名が隠されていた事に気づく。犯人が欲しいのは掛け軸その物ではなかったのだ。塔のへつりからは20年前の新聞が発見された。また、その新聞が発行される3日前、宝石店が襲われた事件が発生しており、犯人も盗まれた宝石も行方不明のまま時効となっていた。その事件に空仁という男が関っていたのだ。しかも、空仁は遠い昔、和也の母親・敏江(神保美喜)と結婚前提に交際、和也の実の父親でもあると判明する。何故、20年前、空仁は敏江の前に再度現れたのか、十津川は和也が実父である空仁と逢うためにまなみと旅をしていたと知り、まなみを心底心配する和也の為にも捜査を急ごうと意気込む。

ページの先頭へ