十津川警部シリーズ27「九州特急つばめ殺人事件」

この番組は終了しました。

十津川警部シリーズ27「九州特急つばめ殺人事件」

十津川警部シリーズ第27弾!舞台は九州。十津川のかつての恋人・香川美子役で名取裕子がゲスト出演する。

キャスト

    渡瀬恒彦、名取裕子、西村和彦、堤大二郎、小野武彦、小野ヤスシ、山村紅葉、伊東四朗、ほか

スタッフ

    原作:西村京太郎
    脚本:安本莞二
    監督:山内宗信

番組内容

十津川警部シリーズ第27弾。広大な九州を舞台に、十津川警部が殺人事件の謎に挑む。十津川のかつての恋人・香川美子役で名取裕子がゲスト出演。美子も事件の謎に大きく関わってくる。

東京・新宿で中国人密航の手配師・黄小元が刺殺された。十津川警部(渡瀬恒彦)は、実行犯が肩に竜の刺青をした“竜の爪”と呼ばれる青年であることをつかんだ。そして、その竜の爪が8年前に中国人からリンチを受けていた少年、馬泰明(マァタイメイ・比留間由哲)だったことを思い出す。一方、鹿児島県の指宿では、公務員の石田とその愛人・黄レイラの溺死体が発見される。石田はレイラに公金を貢いでいたことが発覚して逃走中だった。その後、レイラが新宿で殺された黄の妹であることが判明し、十津川は鹿児島へ飛ぶが、そこで意外な人物と再会する。

ページの先頭へ