十津川警部シリーズ1「札幌駅殺人事件」

この番組は終了しました。

十津川警部シリーズ1「札幌駅殺人事件」

渡瀬恒彦主演、十津川警部シリーズの記念すべき第1作!

キャスト

    渡瀬恒彦→十津川警部
    吉川十和子→市川真代
    金田賢一→田宮洋一
    伊東四朗→亀井刑事(十津川の部下)
    船越栄一郎→山口刑事(札幌第一署刑事)
    魁三太郎→大山刑事(同)
    奈辺悟→水原健(探偵)
    築山万有美→原田みどり(はるみの姪)
    好永康子→田宮はるみ
    大村浩之→西本刑事(札幌第一署刑事)
    原田大二郎→三浦警部(同署警部)
    岡まゆみ→木元和子
    星野真由美→ケイコ(銀座のクラブホステス、田宮の愛人)
    岡田勝/藤真秀/神末佳子/杉弥生/赤坂広人/松井弓佳/城谷光俊/菊池美由紀

スタッフ

    原作:西村京太郎「札幌駅殺人事件」
    脚本:竹山洋
    監督:脇田時三

番組内容

★妻と別れ、愛人と暮らす為に札幌を訪れた男の周辺に起こった連続殺人事件に、警視庁の十津川警部と亀井刑事のコンビが挑む旅情サスペンス。

札幌駅に到着した電車の中で殺人事件が発生し、続いて小樽のホテルで東京の女性・はるみが殺された。札幌第一署から被害者の身辺捜査を依頼された十津川は、はるみの夫で、現在は不倫相手の真代を追って札幌にいるはずの田宮に疑問を抱き、自身も札幌に出向いて、容疑者として逮捕された真代を釈放して尾行する。彼女の人柄に好感を持った十津川は、彼女が田宮に騙されていると直感。初めは反発していた第一署の山口も、次第に十津川のペースに乗せられていく。そんな時、真代の元に田宮の弁護士と名乗る女性から電話が入る。観光バスでその女弁護士・和子と落ち合った真代は、田宮を助ける為には、犯人の脅迫に応じたふりをして、その男の声をテープに録るのが一番だと勧められ、田宮を犯人扱いする警察には協力するなと諭される。純情な真代は和子の言葉を信じ、十津川らの尾行をまいて、指定の場所に出かける。

ページの先頭へ