スマホラー劇場

この番組は終了しました。

スマホラー劇場

あなたの部屋が恐怖の館に!スマホと共に楽しむ新感覚ホラー番組登場!

キャスト

    ストーリーテラー:渡辺直美
      
    「ロストソウル」
    夏目加奈子:高柳明音(SKE48)
    倉貫薫:柴田阿弥(SKE48)
    藤村渚:古川愛李(SKE48)
      
    「悪魔召喚」
    リナ(坂上莉奈):山邊未夢(東京女子流)
    ミズホ(古屋みずほ):中江友梨(東京女子流)
    トモカ(篠山友果):庄司芽生(東京女子流)

番組内容

スマホと共に楽しむ新感覚ホラー。
放送では、ホラーのショートムービーが2本放送されるが、そのメイキングシーンからすべてが始まる。
出演のSKE48と東京女子流がそれぞれ、ある部屋に呼ばれ、ホーラームービーの演出家から、あるお題を告げられるところから番組はスタートする。
視聴者は、事前に自分のスマートフォンに、この番組用に開発されたアプリをダウンロードして放送を見ると、放送に即した恐怖の内容が、スマートフォンにも送られ、番組で起こっていることと同内容の出来事が起こり、あたかも、放送内のドラマと同じ出来事が自らに身にも起こっているように楽しむことができる新感覚の番組となる。
演出家には、若手ホラークリエーターとして名高い山本淳一と朝倉加葉子を招き、季節としては暖かくなってくる春の夜に、背筋が凍るようなホラーを送り届ける。

■「ロストソウル」あらすじ
とある会社の給湯室で、倉貫薫(柴田阿弥)は、ものすごく落ち込んでいた。かつてその社内で起こったエレベーター事故で、同僚の夏目加奈子(高柳明音)が亡くなったからだ。そんな様子を見た藤村渚(古川愛李)は、彼女を励ますのだが、薫は、すんでのところでそのエレベーターに乗れなかったために助かったことが心に闇のように残っていたのだった。
スマホラー番組アプリをダウンロードし、起動している視聴者には、彼女たち出演者への着信と共に自分のスマホにもメールが届くなど、様々なできごとが巻き起こり、視聴者もドラマの中に参加しながら、この物語が進んで行く。

■「悪魔召喚」あらすじ
教室で仲良し3人組のリナ(山邊未夢)、ミズホ(中江友梨)、トモカ(庄司芽生)は、あるアプリに夢中になっていた。それは、ノルウェーでは、ダウンロード禁止となった魔法陣アプリ。願い事がかなうというアプリだ。
早速アプリを起動する3人。「幸せになりますように」と願うリナ、「3人がいつまでも仲良しでいられますように」と願うリナ。3つしかかなわない願い事の残りひとつはトモカ。
彼女は、大好きな男子、「カズヤ(佐藤友祐)と付き合いたい」と叫んだ!と同時に、スマートフォンアプリのボタンを押すが、何の反応もしない。
それよりも、トモカはカズヤのことが好きだったということを知らなかったほかのふたりからは質問攻めにあう。と同時に、トモカのスマートフォンには着信が…。何とカズヤからだ。
しかし、この着信が、3人を恐怖のどん底に突き落とすスタートだったのだ。
ドラマ中では、スマートフォンから次々とデータが消えて行くのだが、このアプリをインストールしながら見ている視聴者のスマートホンからも、あたかも自分のデータが消えて行くような雰囲気を味わうことができる。

★「スマホラー劇場」番組専用アプリアプリのダウンロードに関して
「スマホラー劇場」の番組専用アプリは、アンドロイド携帯をご利用の方は、「Google Play」、i-Phoneをご利用の方は、「App Store」にて、「スマホラー」で検索していただき、ダウンロードをお願いします。
なお、アンドロイド携帯をご利用の方は、Android 4.0以降、i-Phoneをご利用の方は、iOS 7.0以降が推奨環境となります。
また、タブレット端末には対応していませんのでご注意ください。

★「スマホラー劇場」番組専用アプリで恐怖体験を楽しむには、以下の設定をおすすめしています。
・マナーモードを解除、音声を最大に設定
・テレビの音声がスマートフォンのマイクに届く位置にスタンバイ
・充電を満タンもしくは充電機持参

★「スマホラー劇場」番組専用アプリの注意点
※番組に連動して、大きな音声が鳴ったり、バイブレーションが機能したりします。
※端末が強制操作される演出を含みますが、実際に操作(データの削除・編集等)するものではありません。

ページの先頭へ