内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ3~北国街道殺人事件~」

この番組は終了しました。

内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ3~北国街道殺人事件~」

伝説の田舎刑事・寺脇康文×超エリート刑事・高橋克典がタッグを組んで事件に迫るロマンチックサスペンス!!

キャスト

    竹村岩男:寺脇康文
    竹村陽子:麻生祐未
    宮崎良雄:螢 雪次朗
    木下隼人:川村陽介
    丸山亮介:温水洋一
    直江健三郎:モト冬樹
    刀根鉄子:大島蓉子
    吉岡秀夫:村松利史
    川端達彦:伊藤 毅
    畑野恭子:井上晴美
    畑野高秀:清水章吾
    篠原清司:相島一之
    田尻風見子:高田里穂
    岡田薫:山﨑萌香
    畑野君子:中島愛里
    大沢雄一:宮本大誠

    岡部和雄:高橋克典

スタッフ

    原作: 内田康夫「北国街道殺人事件」(徳間文庫刊)
    脚本:穴吹一朗

番組内容

代表作の“浅見光彦シリーズ”などで人気の国民的推理作家・内田康夫「信濃のコロンボ」シリーズドラマ化の第3弾!
寺脇康文演じる主人公の警部・竹村岩男は、俳句が趣味で着古したバーバリーのコートがトレードマーク。その姿を「コロンボ気取り」と揶揄される冴えない見かけの田舎刑事である。しかし、人一倍のしつこさと粘り、卓越した推理力はまさに「刑事コロンボ」さながら。そんなちょっと風変わりな「信濃のコロンボ」の活躍を描く本格サスペンス。
長野県警捜査一課の警部・竹村が、まさしくコロンボ警部として事件の謎を解く!

【あらすじ】
長野県警捜査一課の警部・竹村岩男(寺脇康文)は、二年に一度行われる野尻湖・ナウマン象化石発掘調査に妻の陽子(麻生祐未)と友人の町医者・丸山(温水洋一)と出かけた。五万年前の化石に出会えると興奮気味の陽子に対し、あまり乗り気でない竹村。ところが、その発掘調査の現場で、首のない白骨死体が見つかった。早々、長野県警察に捜査本部が設置され、身元を調べるため動き始めた竹村と木下(川村陽介)たち。だが、疑問だらけの中、現場の捜索が中止になることが分かった。渇水期だった野尻湖に水が戻るからだ。そして、白骨死体が発見された現場は、湖の底になってしまうことに……。

ある日、竹村は陽子に誘われ、新潟の出雲崎から国上山・国上寺へと旅行に来ていた。良寛と小林一茶、二人の歌人が歩いたといわれる北国街道を巡る旅……。良寛と一茶は、江戸時代同じ時期を生きた人物で、そこには陽子の大好きな歴史ミステリーが組み込まれているのだ。良寛ゆかりの地・国上山の五合庵に続く石段を上がっていると、二人を追い抜くように警察官たちが走って上がってきた。「これから立ち入り禁止になるのでこのまま降りて欲しい」と警察官は言うが、黙っていられない竹村は現場へ向かう。
殺されたのは東京三田大学の教授・大沢雄一(宮本大誠)で、新潟県警と東京の警視庁による捜査が始まった。担当は竹村の親友ともいえる超エリート刑事の岡部和雄(高橋克典)だった。

同じ頃、野尻湖で見つかった白骨死体の身元が判明した。畑野高秀(清水章吾)、東京の北澤大学の教授で二年前から行方不明だったとのこと。胸部に手術跡があり、新潟の出雲病院に残っていたカルテから、胸骨軟骨肉腫だったことも分かった。畑野の実家があるという新潟に竹村が、東京には木下が捜査に向かった。

そんな中、丸山から知らされ、五合庵で殺された大沢とすれ違ったと話していた女子大生の風見子(高田里穂)と薫(山﨑萌香)を探しにナウマンゾウ博物館にやって来た竹村。ちょうど、二人はカメラを盗まれたことに気付き、怪しいサングラスをかけた男を追いかけようとしていた。外へ出ると風見子の車の屋根にカメラが置いてあったが、メモリーカードだけ抜き取られていた。何故写真のデータが欲しかったのか?それぞれ良寛と一茶を大学の卒論用に調べていたという風見子と薫に話を聞くと、五合庵ですれ違った男が話していた「イナンが京都で死んだ」という会話を覚えていて……。
“良寛と父親の以南(イナン)”事件にどんな関係があるのか……。
東京・長野・新潟をつなぐ事件の糸口とは……!?

ページの先頭へ