高島礼子が家宝捜索!蔵の中には何がある?

2017/12/13(水)
よる9:00~9:54

高島礼子が家宝捜索!蔵の中には何がある?

高島礼子が“蔵の街”福島県・喜多方市で個性豊かな蔵を拝見!

キャスト

    高島礼子

番組内容

蔵には夢が詰まっている──。
2014年には、滋賀県・長浜の土蔵から小判など2000万相当の品々が発見された。
今年7月には兵庫県の旧家から、豊臣秀吉が側室茶々にあてた直筆のラブレターが見つかるなど、お宝にまつわるニュースが後を絶たない。
そう、日本中の蔵には、まだまだ未知のお宝が眠っているのだ。
そこで、女優・高島礼子さんが、日本各地の街を訪ねて、個性豊かな「蔵」を拝見しようというのが、この番組。暮らしの中で使われている「現役の蔵」から「開かずの蔵」まで、様々な蔵を訪ね、埋もれていた歴史に迫る。
今回の旅の舞台は、福島県喜多方市。ラーメンで名高い喜多方市だが、実はこの地は知る人ぞ知る「蔵の街」。江戸時代より物資の集散地として栄えたこの街には、なんと4000棟以上の蔵があるという。喜多方市の蔵の中からは、果たして何が出てくるのか?
高島礼子を案内してくれるのは…。全国の約500の蔵を見て歩き、これまでに74棟の蔵を調査した経験を持つ、蔵研究家・建築家の渡邉義孝さん。そして、喜多方のことなら何でもおまかせ、喜多方観光物産協会常務理事の樟山敬一さん。
蔵を通して、街の歴史や、暮らす人々の歴史が見えてくる。
驚きと発見、そして感動の旅に、高島礼子さんと一緒に出かけましょう。

ページの先頭へ