にっぽん!歴史鑑定

毎週月曜
よる10:00~10:54

にっぽん!歴史鑑定

歴史のWHY(なぜ)に迫ります!

キャスト

    ナビゲーター:田辺誠一

番組内容

歴史に「WHY」や「if」はつきものです。
毎回日本史の『人物』や『文化』『風習』などから興味深いテーマを選び、その謎を解きあかしながら鑑定する。
その当時「なぜその人物はその行動をとったのか?」「なぜその事象は生まれたのか?」「なぜ、今にも引き継がれているのか?」
この番組は「歴史鑑定士」という名称のナビゲーターが様々な歴史の「謎」を徹底鑑定し現代の私たちの知恵につなげていこうというものです。
お楽しみに!

次回の放送情報

  • 5月28日放送
    #160 「鎌倉炎上 鎌倉幕府はなぜ滅んだのか?」
    #160 「鎌倉炎上 鎌倉幕府はなぜ滅んだのか?」

    毎年2千万人以上が訪れる、日本屈指の人気観光地・鎌倉。
    しかし、今からおよそ685年前の元弘3年(1333)5月22日、
    鎌倉は炎上…。燃え盛る炎の中、
    鎌倉幕府第14代執権・北条高時は800人以上の家臣と共に自害し、日本初の本格的な武家政権はこの世から完全に姿を消した。
    なぜ鎌倉幕府は壮絶な最後を迎えることとなったのか…

    都から遠く離れた山中で倒幕の狼煙を挙げた後醍醐天皇。
    その理由は、皇子を次期天皇にしたかったから?

    後醍醐天皇の挙兵に呼応し、倒幕の急先鋒となった楠木正成。
    わずか500の兵で20万の幕府軍を翻弄した、常識破りの戦術とは?

    有力御家人でありながら倒幕軍に寝返った足利尊氏。
    裏切りの理由は、北条氏との蜜月関係にあった?

    鎌倉を炎上させ、幕府にトドメを刺した新田義貞。
    攻略の決め手は“月”にあり?
    義貞が鎌倉攻めに利用した自然現象とは?

    破壊と再生…
    鎌倉幕府の滅亡は後の世に何をもたらしたのか…
    最新の学説をもとに真相に迫る!

過去の放送

リンク

ページの先頭へ