一色京太郎事件ノート7「京都花づくし殺人事件」

この番組は終了しました。

一色京太郎事件ノート7「京都花づくし殺人事件」

元検事の板前・一色京太郎が殺人事件の謎解きに挑む第7弾!

キャスト

    里見浩太朗、愛川欽也、水谷敦詞、古柴香織、頭師孝雄、大島さと子、松原智恵子、建みさと、ほか

スタッフ

    脚本:田口耕三
    監督:矢田清巳

番組内容

京太郎(里見浩太朗)は検事を辞め、今は祇園で料理屋を営んでいる。今でも友人で元同僚の村越(愛川欽也)から事件について相談を持ちかけられることもある。そんなある日、大阪府警の森下梢警部補(大島さと子)が担当している贈収賄事件の容疑者が京都の公園で殺された。続いてパチンコ店の従業員寮で放火事件が起きる。建物には、金融会社社長・恵利子(和泉ちぬ)が多額の保険金をかけていたという。捜査に加わった京太郎は恵利子の会社の前で、馴染みの踊りの師匠・河野君江(松原智恵子)の娘・香澄(建みさと)に会った。香澄は君江に反発して家を出ており、今は恵利子の下で借金の取り立てを行っていると話す。数日後、その恵利子が何者かに殺害されてしまう。

ページの先頭へ