駅弁刑事・神保徳之助7

この番組は終了しました。

駅弁刑事・神保徳之助7

小林稔侍主演「駅弁刑事・神保徳之助」シリーズ第7弾!

キャスト

    小林稔侍、小林健、遠藤久美子、田丸麻紀、美保純、長谷川朝晴、岡本信人、西村雅彦 ほか

スタッフ

    脚本:深沢正樹
    演出:上野貴弘

番組内容

小林稔侍主演「駅弁刑事・神保徳之助」シリーズ第7弾!秘めた思いを抱える駅弁好きの所轄刑事・神保徳之助が事件を解決していく。

日暮里警察署の刑事・神保徳之助(小林稔侍)は駅弁が大好き。駅弁フェアに行っては、フリーライターの工藤美奈子(遠藤久美子)と全国の駅弁を奪い合っている。徳之助には、定年したら夫婦2人で日本全国駅弁めぐりの旅をするという約束を果たせずに亡くなった妻への思いも残していた。
そんなある日、日暮里警察署管内で自殺と見られる遺体が発見される。亡くなったのは矢沢秀弘(兼松若人)。矢沢は5年前、財務省官僚・河原武敏(長谷川朝晴)を暴行し殺害、服役していた。この事件をきっかけに、河原が金融業界と癒着していたことが明るみになった。そのことで残された家族たちも世間の批判を浴びた、後味の悪い事件だったのだ。河原の妻・千鶴(田丸麻紀)は、未だに夫が不正をしていたことが信じられず事件の真相を調べているという。徳之助は千鶴に会いに静岡に向かう。そこで以前鉄道イベントで知り合った男の子・敏春(井上瑞稀)と再会する。敏春は千鶴の息子だった。徳之助に対して警察やマスコミの不満をぶつける千鶴は、矢沢の死亡推定時刻には東京で代議士の宝生雪乃(美保純)と会っていたと主張する。一方、警視庁捜査一課係長の北村祐介(小林健)は、上司の澤本紀彦(西村雅彦)から、矢沢が亡くなった件を穏便に処理するように指示される。矢沢の一件から、5年前の財務省不正スキャンダルが再燃することを恐れたのだ。北村は徳之助の捜査に合流するが…。

ページの先頭へ