浅見光彦シリーズ32「天河伝説殺人事件」

この番組は終了しました。

浅見光彦シリーズ32「天河伝説殺人事件」

三代目・浅見光彦として速水もこみちが登場!原作シリーズの中でも人気を誇る「天河伝説殺人事件」!

キャスト

    浅見光彦:速水もこみち
    浅見雪江:佐久間良子
    浅見陽一郎:風間杜夫
      ○
    長原敏子:田中美佐子
    水上秀美:黒川智花
    高崎義則:篠田三郎
      ○
    水上和憲:江原真二郎
    水上菜津美:伊藤かずえ
    水上和鷹:窪塚俊介
      ○
    瀬田謙三:岡本信人
    新井佑介:ラサール石井

スタッフ

    原作:内田康夫「天河伝説殺人事件」(角川文庫)
    脚本:林誠人
    演出:村上牧人

番組内容

東京都新宿区の路上で、一人の男が突然命を落とした。その男の傍らには、奈良・吉野の天河神社の五十鈴が転がり落ちていた。
ある朝、浅見家に懐かしい客が訪れる。光彦(速水もこみち)が幼い頃に可愛がってもらっていた高崎義則(篠田三郎)だ。高崎は能の流派・水上流の長老で、光彦の亡き父は生前、高崎から“お謡い”を習っていた。高崎は、光彦に見合いの話を持ってきたのだ。相手は、水上秀美(黒川智花)。能楽師として天賦の才を持つ、水上流宗家の令嬢だ。高崎から近く行われる水上家の追善能へと招待されるが、光彦は取材を理由に断るのだった。
その取材は、能の史蹟を巡るもの。奈良県の吉野を訪れた光彦は、小学校教諭の長原敏子(田中美佐子)と知り合う。
そんな中、母・雪江(佐久間良子)からの電話を受けた光彦は、京都へ向かうことに。雪江は、光彦と追善能を見るために呼び出したのだった。ところが2人が見たのは、追善能で「道成寺」を舞っていた秀美の兄・和鷹(窪塚俊介)が舞台上演中に急死する姿だった。次期宗家となるお披露目舞台での悲劇に会場は騒然となるが、光彦は「あまりに劇的すぎないか?」と疑問を持つ。
数日後、再び吉野を訪れた光彦は偶然、秀美と出会い・・・。
日本を代表する能の流派、水上流を襲った突然の悲劇。それが吉野の地で、遥か遠く、室町時代の悲劇の伝説を呼び起こすことになるとは、光彦はまだ、知る由もなかった・・・。

ページの先頭へ