肺の生活習慣病って何!? 増え続けるCOPDとは?

この番組は終了しました。

肺の生活習慣病って何!?  増え続けるCOPDとは?

海外では「死よりも恐ろしい病」とも呼ばれるCOPD。番組ではこのCOPDという病気について、日本を代表する専門家とともに明らかにして行く。

キャスト

    司会:仁科亜季子
    進行:川瀬良子
    ゲスト:工藤翔二(複十字病院院長)、今村 聡(社団法人日本医師会常任理事)、松沢成文(前神奈川県知事・スモークフリージャパン代表理事)
    VTR出演:永井厚志(日本呼吸器学会理事長、東京女子医科大学病院 院長)、木田厚瑞(日本医科大学特任教授、日本医科大学呼吸ケアクリニック所長)

番組内容

「COPD(シーオーピーディ)は、「慢性閉塞性肺疾患」という
喫煙に伴う気道の炎症が主な原因となって起こる肺の病気」
この病気は、初期症状が「咳」「痰」という非常にありふれたものなので、実際はすでに病気に罹っているにも関わらず、気付いていない人が大勢いる。現在、COPDと診断された患者の数は約22万人だが、日本国内になんと530万人以上の患者がいると推定されている。
さらに、COPDは肺だけではなく全身に影響を与える病気とも言われ、だからこそ、早期に発見し治療が必要だ。この番組では、COPDに立ち向かい、治療することで元気に生活している方に密着取材。海外では「死よりも恐ろしい病」とも呼ばれるCOPD。番組ではこのCOPDという病気について、日本を代表する専門家とともに明らかにして行く。

ページの先頭へ