江戸を斬る 第八部

この番組は終了しました。

江戸を斬る 第八部

里見浩太朗主演!“遠山の金さん”こと北町奉行の遠山金四郎が江戸の悪を退治する大人気シリーズ第8弾!

キャスト

    里見浩太朗、江藤潤、太川陽介、中野みゆき、谷幹一、櫻木健一、渡辺徹、二宮さよ子、佐野圭亮、高橋浩二朗、春川ますみ、左とん平、城之内早苗、吉井丈絵、彩木優花、河内久美、鈴木ヒロミツ、稲村友紀  ほか

スタッフ

    原作:葉村彰子
    脚本:葉村彰子、櫻井康裕、大西信行 ほか
    監督:矢田清巳、高倉祐二、山内鉄也 ほか
    制作年:1994年
    全26話

    ※10月19日(木)は特別編成のため休止

番組内容

痛快時代劇「江戸を斬る」シリーズの第8部。里見浩太朗が“遠山の金さん”こと、北町奉行・遠山金四郎に扮し、江戸の町に巣食う悪を退治する。太川陽介、谷幹一らが前作に続きレギュラー出演し、春川ますみも復帰。その他のメンバーは一新され、江藤潤、中野みゆき、櫻木健一、渡辺徹らが共演。さらに“紫頭巾”が第6部以来の登場となり、城之内早苗が熱演する。今作は、将軍家のご落胤を名乗る女性の真贋を巡る騒動に直面した金四郎が、その真相を暴くところから物語がスタートする。1994年作品。

【ストーリー】
先代将軍・家斉のご落胤・茜姫(芦川よしみ)が現れたという話で、江戸の町は大騒ぎになっていた。茜姫は由井典膳(亀石征一郎)を後ろ盾に証拠の品を揃え、妹・ゆき(城之内早苗)とともに品川東海寺に入り、現将軍・家慶(竹脇無我)との兄妹対面の日を待っているという。証拠のお墨付きと三つ葉葵の紋所を打った短刀を本物と確認した南町奉行・鳥居耀蔵(名和宏)らは早くも取り入ろうと努力していた。一方、北町奉行・遠山金四郎(里見浩太朗)の情報機関である、お蘭(二宮さよ子)が経営する瓦版屋蔦屋に、由井典膳は詐欺師だという情報を千次という男が持ち込んだ。だがその翌日、千次の死体が発見され…。

過去の放送

ページの先頭へ