今週の謎

#94 2014年1月20日放送

今週のテーマ:「江戸の世界一」

技術大国 日本。現在、世界トップレベルを誇る日本の技術力の礎は江戸時代に築かれていました。今回は、江戸の世界一と題し、江戸時代に発展を遂げた日本のテクノロジーを中心に世界に誇る江戸を紹介します。

「今週のふれーず」
ダイジェスト動画

過去の放送一覧をみる

江戸のうんちく学

多くの国々で科学や技術が特権階級や専門家だけのものとされていた時代に、江戸時代の日本では庶民にまでしっかりと情報が伝わるような仕組みが出来上がっていました。例えば、蚊を顕微鏡で観察した図があります。もともと、この図はオランダ人や蘭学者のもつ知識を一般向けに紹介した『紅毛雑話』という書物に掲載されたもの。本になったことで広く人々に知られるようになったのですが、その後さらに庶民に浸透することになります。黄表紙『松梅竹取談』に妖怪として登場したのでした。今の漫画本にあたる黄表紙に掲載されたことで、最先端科学の結果が庶民にまで行き渡っていたのです。

江戸あらかると

五角堂

五角堂五角堂内部

発明家・飯塚伊賀七が設計した五角形の屋根を持つ建物"五角堂"。奇数角の建物を造るのは困難と言われていた時代に、伊賀七は独自の建築法で建てることに成功しました。その方法とは、屋根を中心の柱および傘の骨のように放射状に広がる10本の棒で支えるというものでした。

過去の放送一覧

過去の放送一覧を見る

  • 公式ブック 謎解き!江戸のススメ
  • 公式モバイルサイト スマホ・携帯サイトにも対応
  • ダウンロード無料!番組オリジナルスマホアプリ
  • 「江戸のススメ」検定
江戸のススメテーマソング

「大河悠久」(アルバムTOGI より)演奏:東儀秀樹,古澤巌