今週の謎

#84 2013年11月11日放送

今週のテーマ:「近松門左衛門」

元禄末期、人形浄瑠璃「曾根崎心中」が上演されます。作者は江戸のシェイクスピアと呼ばれた近松門左衛門。若い男女の心中を描いたこの近松の作品は多くの人々の心を大きく揺らしました。人形浄瑠璃の悲しくも美しい世界が起こした世にも奇妙な江戸の町のブームとは?幕府を巻き込む事になったその意外な結末とは?今回は近松門左衛門の生涯に秘められた謎に迫ります。

「今週のふれーず」
ダイジェスト動画

過去の放送一覧をみる

江戸のうんちく学

江戸のシェイクスピアと呼ばれた男・近松門左衛門。元禄末期、大坂・曾根崎で起きた一組の男女の心中事件。この事件に目を付けた人形浄瑠璃・竹本座は近松門左衛門に脚本を依頼します。すると近松は事件後わずか1ヶ月で脚本を書き上げ、「曾根崎心中」を上演。これが大ヒット。竹本座はこの作品一本で19年分の赤字を解消し、一気に黒字に転換するほどでした。しかし、この作品をきっかけに上方に世にも奇妙な心中ブームが起こり、やがて江戸にまで広がります。八代将軍・徳川吉宗はこの風潮を激しく嫌い、心中を厳しく取り締まります。そしてその禁令により、近松の心中作品は江戸時代、二度と上演されなくなるのです。

江戸あらかると

露天神社

露天神社

創建1300年の歴史を持つ露天神社は、曾根崎の総鎮守として崇敬を集めています。元禄16年(1703)に境内で実際にあった心中事件を題材に、近松門左衛門が人形浄瑠璃「曾根崎心中」の脚本を書きます。近松は心中した二人を「未来成仏疑いなき恋の手本」とし、大きな話題となりました。以後、露天神社は心中した女の名前「お初」にちなみ「お初天神」と呼ばれるようになり、今日まで恋の成就を願い多くの人が訪れ賑わっています。

過去の放送一覧

過去の放送一覧を見る

  • 公式ブック 謎解き!江戸のススメ
  • 公式モバイルサイト スマホ・携帯サイトにも対応
  • ダウンロード無料!番組オリジナルスマホアプリ
  • 「江戸のススメ」検定
江戸のススメテーマソング

「大河悠久」(アルバムTOGI より)演奏:東儀秀樹,古澤巌