今週の謎

#79 2013年10月7日放送

今週のテーマ:「徳川将軍の休日」

約260年に亘る太平の世を築いた徳川将軍たち。多忙で常に大きな重圧にさらされていた将軍たちは束の間の余暇をどのように過ごしていたのでしょうか。また将軍唯一の別邸「浜離宮」そこで興じた優雅な遊びや驚きの利用法とは!?さらに家臣たちも感激の将軍自らの「おもてなし」の心とは!?今回は徳川将軍の休日に秘められた謎に迫ります。

「今週のふれーず」
ダイジェスト動画

過去の放送一覧をみる

江戸のうんちく学

多忙な日々を送っていた徳川将軍たち。そんな彼らの束の間の余暇と言うと、例えば、「鷹匠組」という集団を作るほど鷹狩りが好きな家康、花癖ありと言われたほど園芸に時間を費やした秀忠。武芸や馬術、それに船揃いという今で言うクルージングが大好きな家光、能に入れ込んでいた 綱吉、将棋が好きな家治、変わった遊びが好きな家慶などなど、性格的に派手な遊びを好むものから、地味な遊びを好む者まで、各々の余暇の過ごし方は将軍によって全く違うもので、それぞれの人となりや個性が強く出ているものでした。また、そこには政治的時代背景も関係しており、それぞれの時代にあった趣味を将軍たちはもったのでした。しかし、実は余暇と言えどもその裏側には政治的な目的も多く隠されており、そんな天下人として君臨する彼らには一国を背負う知られざる大きな重圧がいつもあったのでした。

江戸あらかると

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園は当時「浜御殿」と呼ばれていましたが、明治頃に皇室の所有となった事で「浜離宮」となり一般公開されるようになりました。また徳川将軍唯一の別邸で、歴代の将軍たちが余暇を過ごした場所でもあります。かつてはこの場所で鷹狩りが行われていたのですが、浜離宮では現在、毎年1月2日、3日に「新春の空に鷹が舞う!放鷹術の実演」として諏訪流放鷹術保存会の鷹匠の方々によるイベントが行われています。江戸時代と変わらぬ衣装で鷹が獲物を狩る迫力ある瞬間を見る事が出来ます。是非皆さんも一度足を運ばれてはいかがでしょうか。

過去の放送一覧

過去の放送一覧を見る

  • 公式ブック 謎解き!江戸のススメ
  • 公式モバイルサイト スマホ・携帯サイトにも対応
  • ダウンロード無料!番組オリジナルスマホアプリ
  • 「江戸のススメ」検定
江戸のススメテーマソング

「大河悠久」(アルバムTOGI より)演奏:東儀秀樹,古澤巌