今週の謎

#65 2013年7月1日放送

今週のテーマ:
「三代将軍 徳川家光」

江戸幕府、三代将軍・家光は1604年徳川家の嫡男として生まれました。弟である忠長に将軍の座を奪われそうになったときに乳母・春日局が命がけでとった行動とは?泰平の世を目指し、断固とした政策を打ち出していく家光。その内に秘めた祖父・家康への溢れる尊敬の念!三代将軍・徳川家光に秘められた謎に迫ります。

「今週のふれーず」
ダイジェスト動画

過去の放送一覧をみる

江戸のうんちく学

徳川家光の父は二代将軍・秀忠、母は正室のお江です。家光は生まれつき引っ込み思案な性格で、病弱で食が細かったといいます。それを心配した春日局は様々な方法で食に興味を持たせようとしました。あるときは柿を100個食べる大食漢を城に招き、その食べっぷりを見せました。そしてまたあるときは7種類のご飯を炊かせたといいます。そんな兄とは対照的に弟の忠長は容姿端麗で聡明。周囲からも次期将軍は家光ではなく、弟がふさわしいと評判が高まっていました。しかし家康の一声で家光は若干20歳で三代将軍となります。自分こそが家康の真の後継者であるという思いから、家康の意思に沿った政策を打ち出していきます。幕府の組織作りや諸制度の確立など徳川家の威光を示すために家光は大名の改易にも乗り出します。家康が目指した幕府安定と権力拡大。家光は厳しい態度を持って、推し進めていったのです。

江戸あらかると

徳川家光

徳川家光

家光は「男色」を好み、城を抜け出してはお気に入りの小姓のもとに通っていたそうです。いつまでもたっても子供ができないことを心配した春日局は街中から美女を探し出しては、家光に引き合わせるなど、女性に興味をもたせようとしていたといいます。さらに側室として江戸城に女性を集めました。それが後の大奥の基礎となりました。

過去の放送一覧

過去の放送一覧を見る

  • 公式ブック 謎解き!江戸のススメ
  • 公式モバイルサイト スマホ・携帯サイトにも対応
  • ダウンロード無料!番組オリジナルスマホアプリ
  • 「江戸のススメ」検定
江戸のススメテーマソング

「大河悠久」(アルバムTOGI より)演奏:東儀秀樹,古澤巌