ヤメ判 新堂謙介 殺しの事件簿3

2017/12/11(月)
午後2:00~3:55

ヤメ判 新堂謙介 殺しの事件簿3

橋爪功演じる元判事の清掃員・新堂謙介が鋭い推理で難事件を解決するシリーズの第3弾。

キャスト

    新堂謙介:橋爪 功
      ○
    藤安和可奈:野際陽子
      ○
    藤安俊一:勝部演之
    藤安俊作:宮川一朗太
    藤安春美:魏 涼子
    梅沢仁美:西尾まり
    梅沢高文:斉藤陽一郎
    松野文江:角替和枝
      ○
    柳原英生:川野太郎
      ○
    恩田珠子:中山 忍
    堀切 努:石橋蓮司
      ○
    石渡武史:佐藤B作
    岩村真佐子:大河内奈々子

スタッフ

    脚本 … 田辺 満
    監督 … 神山征二郎

番組内容

橋爪功演じる元判事の清掃員・新堂謙介が鋭い推理で難事件を解決するシリーズの第3弾。ヤメ判(元東京地裁判事)の謙介は、判事の経験と知識、わずかな手がかりも見逃さない観察眼を駆使して事件の謎を解く。
野際陽子がゲスト出演。数々のドラマで共演し、気心の知れた橋爪と野際は、旅先のシーンで打ち解けた表情を見せる。

【あらすじ】
元東京地裁判事の新堂謙介(橋爪功)は、都内にある藤安病院で清掃員として働いている。
ある日、藤安病院の理事長・藤安俊一(勝部演之)が河原の土手で死体で発見された。俊一は心臓に持病があり、常に薬を持ち歩いていたが、現場にはその薬が見当たらず、俊一の妻・和可奈(野際陽子)のブレスレットが落ちていた。警部補・石渡武史(佐藤B作)と巡査・若村真佐子(大河内奈々子)は、殺人事件の疑いもあるとして捜査を開始する。
その頃謙介は、主任清掃員の恩田珠子(中山忍)から病院では次期理事長を巡り、俊一の長男・俊作(宮川一朗太)と現院長の柳原英生(川野太郎)が水面下で争っていると聞かされる。珠子は俊一の死によって2人の争いが激しくなるのではないかと心配そうに語る。案の定、通夜の会場で俊作とその妻・春美(魏涼子)、俊一の長女・仁美(西尾まり)、柳原らが跡目や遺産相続について口論となり、和可奈がたしなめる一幕があった。
葬儀が終わったある日、和可奈が姿を消した。事件現場に自分の所持品が残っていた和可奈が捜査を逃れるため逃走したのではないかと家族と警察は疑う。
その頃、謙介は品川駅にいた。謙介が属する清掃会社の常務で友人の堀切努(石橋蓮司)と鉄道旅行に出かけるはずだったが、堀切が急に出かけられなくなり渋々一人で電車に乗ることになったのだ。そんな謙介は掛川駅で和可奈と遭遇。置き引きに遭った和可奈を手助けしたことと、行き先が同じであることが重なり2人は共に行動することに。次第に謙介に打ち解けた和可奈は、俊一の前にもある男性と結婚していたことと、その夫とは死別したことを明かす。また前夫の弟・桐山裕之(並樹史朗)を探していると話し、一緒に探してほしいと謙介に依頼する。
しかし謙介と和可奈は、テレビのニュースで桐山の死体が東京で発見されたことを知る・・・。

ページの先頭へ