内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ~死者の木霊~」

2018/8/15(水)
午後2:00~3:55

内田康夫サスペンス「信濃のコロンボ~死者の木霊~」

“浅見光彦シリーズ”国民的推理作家・内田康夫が推理作家として世に誕生した衝撃のデビュー作「死者の木霊」のドラマ化!

キャスト

    竹村岩男(長野県警飯田署 刑事):寺脇康文
     
    竹村陽子(岩男の妻):麻生祐未

    桂木 誠(長野県警飯田署 刑事):庄野崎 謙
    浜野理恵(五代通商 社長秘書):滝沢沙織
    君江(クラブ三番館ホステス):遊井亮子
    野本敏夫(五代通商 管理人):山中 聡
    野本美津子(敏夫の妻):宮澤美保

    戸沢信夫(タクシー運転手):村松利史
    丸山亮介(岩男の友人 町医者):温水洋一
    新井貴志(長野県警鑑識課巡査部長):嶋田久作

    大森修司(長野県警飯田署 署長):西村雅彦
     
    野本孝平(俊夫の叔父 総会屋):本田博太郎
    福島太一郎(五代通商 社長):長谷川初範
    沢藤栄造(五代通商 専務):小木茂光

    岡部和雄(警視庁室町署 警部補):高橋克典

スタッフ

    原作:内田康夫「死者の木霊」(角川文庫刊)
    脚本:穴吹一朗
    監督:中前勇児

番組内容

長野県警飯田署の刑事・竹村岩男(寺脇康文)はある日、釣りに出掛けた松川ダムでバラバラ死体の一部を発見してしまう。飯田署では死体の残りの部位の捜索が始まり、バラバラ殺人の第一発見者となった竹村は早速、部下の桂木(庄野崎謙)と捜査にあたり、妻の陽子(麻生祐未)とも"刑事コロンボ"並の推理を展開していく。
一方同じ頃、東京の室町署ではタクシーの運転手・戸沢信夫(村松利史)が「恐らく自分は死体を運んだ・・。」と訴えて出頭してくる。戸沢の供述によると室町署管轄内のオフィス街で一人の男と共に七つのダンボールを積んだのだが、男は戸沢に50万円も差し出し、長野と東京を往復させ、行き先の松川ダムの橋の上で積んできたダンボールをすべて投げ捨てたというのだ。しかも道すがら戸沢が「まさかその中身、ホトケさんじゃないですよね?」と聞くと男は「そうだよ」と返答したという。
室町署員が戸沢が男を乗せたという付近の聞き込みを行うと近隣にある五代通商株式会社という会社のビルの住込み管理人夫婦が行方不明になっていることが判明。捜査に乗り出した岡部和雄警部補(高橋克典)が管理人部屋を調べに来ると畳の下からおびただしい血痕が発見される。聞き込みから戸沢が乗せた男の風貌が管理人の野本敏夫(山中聡)と一致し、失踪した野本敏夫がバラバラ殺人に関与していると見なされる。
東京で容疑者が浮上したと連絡を受けた竹村は早速上京。岡部と合流し、敏夫の身元保証人になっているとう叔父の野本孝平(本田博太郎)の自宅マンションを訪ねる。ところが、孝平もここ数日姿が見えなくなっていることが判明。孝平の部屋を調べると敏夫が孝平から多額の借金をしていた借用書が見つかる。室町署では敏夫と孝平の間に多額の借金を巡って金銭トラブルが起こり、敏夫が孝平を殺害したとの見解に達し、失踪中の敏夫と妻の美津子(宮澤美保)を全国指名手配にする。
誰もが叔父甥間で起こった借金がらみによる単純な殺人事件と見なし、捜査は終結へと向かうかに思えたが、その見解に一人、納得出来ない竹村は執拗に捜査の手を緩めようとせず・・・。

ページの先頭へ