横山秀夫サスペンス「密室の抜け穴」

2018/10/20(土)
午後2:00~3:54

横山秀夫サスペンス「密室の抜け穴」

捜査一課三班班長代理となった東出が姿を消した容疑者の密室の抜け穴を解く

キャスト

    石橋凌→東出裕文(捜査一課三班警部補)
    隆大介→石上孝志(同)
    田中哲司→松田秀行(同巡査部長)
    真瀬樹里→西山知子(同刑事)
    古川康太→清水道明(同)
    小川剛→佐藤仁(同)
    信太昌之→鈴木真一(同)
    伊武雅刀→村瀬透(同班長)
    光石研→氏家忠宏(暴力課・巡査部長)
    丹古母鬼馬二→小浜(同警部)
    中西良太→湯浅(同警部補)
    寺田農→尾関泰嗣(刑事部長)
    橋爪功→田畑昭信(捜査一課長)
    水島かおり→南美香子
    鬼丸→早野誠一(暴力団)
    赤咲伶奈→東出希(裕文の娘)
    小林恵→三村多佳子(ホステス)
    江藤漢斉/狩野謙/大門裕明/眞島秀和/日向丈/松本航平/本田次布/武藤令子/伊藤ゆきえ/山上賢治/常石梨乃/尾崎恵/細田健公/佐藤夏帆

スタッフ

    原作:横山秀夫(集英社刊「第三の時効」所収より)
    脚本:森岡利行
    監督:榎戸耕史

番組内容

山林で白骨死体が見つかった。死後、かなりの時間が経過しており捜査は難航を極めることが予想された。この事件を担当する捜査課三班の東出は捜査中脳梗塞で倒れた班長・村瀬に替わって班長代理に任命される。しかし三班内部では東出が先に昇進したことで同期の石上が強烈なライバル意識を剥き出しにして、最悪な捜査の進行状況に東出は頭を悩ませる。そんな折、白骨死体の人物が割り出された。被害者は東出が二年前、飲みに行った店でホステスをしていた多佳子だった。彼女は東出に「カリフォルニアに行きたい」と力強く夢を語っていた。また、カルチャーセンターで出会った友達にも同じように夢を語り、欧米資金稼ぎに水商売や風俗をし、友人も店に勧誘していたことが判明された。東出は多佳子に斡旋料を払っていた暴力団関係者に絞り込むよう指示し、程なくして早野という人物が操作上に挙がった。十分な証拠がないまま暴力団対策課に協力を得て早野を張り込むが、マンションの自室にいるはずの早野の姿は忽然と消えていた。

ページの先頭へ