放送番組審議会

  • 2018.02.01

    第60回

    1.

    日 時

    2018年2月1日(木)午後4時56分

    2.

    場 所

    BS-TBS 会議室

    3.

    委員の出席

    委員総数 8名
    出席委員数 6名

     

    出席者

    委員長 末綱隆
    副委員長 諸田玲子
    委員 渡邊久哲 天野篤 大森美香 瀬古利彦

     

    局側

    星野 代表取締役社長
    高田 常務取締役
    水田 常務取締役
    藤原 常務取締役
    金澤 取締役
    吉田 制作局局長
    佐藤 編成局局長・放送番組審議会事務局
    佐藤 編成局編成部長
    高安 番組プロデューサー

    4.

    議 題

     
     

    審議事項

    テレビ番組
    「大沢たかお インカ帝国 隠された真実に迫る」
    放送日時:2018年1月19日(金)

    5.

    審議内容

     

    委員

    ◎今回、前編・後編とも両方見させていただきました。素晴らしい傑作だったなと思いました。1つは、大沢たかおさんが非常に繊細な感じで、仕事というよりは自分がそこに行きたいのだという気持ちが前面に出ていて、見ていて気持ちがいいというか、共感できたところです。

    ◎大体、審議のときに紀行ものかなり見せていただいているのですけど、これは テーマ性がすごく感じられて、本当にBSは進化しているなと思って感心しました。私は何度もいろんなものを見ているので、とてもいい番組だと思いました。

    ◎大沢たかおが、体を張って何かをするというのは、やはりすごいですね。穴に入ったり、怖いところを通ったり。でも、私はそれ以上に、彼が自分の言葉で話していると思いました。

    ◎前後編両方見せていただきました。2時間が、マラソンを見ているように吸い込まれた。歴史の勉強って、ちょっとかじって本を読んでいるくらいで、本当に真剣に見たのは初めてでした。

    ◎インカ帝国のことをそんなに知らなくて、ただ、どこか行ってみたい外国とかいうときに、マチュピチュというのが出てきてというくらいの興味しかなかったもので、勉強するような気持ちで拝見しました。

    ◎今回のは中身が物すごく盛りだくさんでした。このテーマで4時間だけの番組で終わるのはもったいないから、例えば現地事情紹介とか、もしくは別途のドキュメンタリー番組としてでもいいし、数回に分けて、歴史発見番組みたいなのでもいいと思いました。

    今回はドローンを駆使した4K映像に迫力があり、
    さらにテーマ性が強烈に感じられたこと。
    大沢たかおがストレートな目線でレポートしていたことなどに評価していただきました。

ページの先頭へ