放送番組審議会

  • 2015.01.20

    第48回

    1.

    日 時

    2015年1月20日 (火) 午後5時3分

    2.

    場 所

    BS-TBS大会議室

    3.

    委員の出席

    委員総数 7名
    出席委員数 7名

     

    出席者

    委員長 山崎敏子
    委員 岸伸久 北代耿士 諸田玲子 渡辺久哲 丸島俊介 滝田洋二郎

     

    局側

    平本 取締役会長
    武田 代表取締役社長
    渡辺 常務取締役
    狩野 専務取締役
    菅原 取締役
    三ツ井 取締役
    大崎 取締役
    佐藤 制作局長
    佐藤 編成局編成部長
    鈴木 制作局制作部担当部長

    4.

    議 題

     
     

    審議事項

    テレビ番組
    「夢の地球大横断!世界絶景レストランSP 月別おすすめ旅決定版 前編」
    放送日時:
    2015年1月1日 (木) 前編 (1月~6月編)
                  2日 (金) 後篇 (7月~12月編)

    5.

    審議内容

    ・月毎に紹介されるレストランについて「このレストランが1月」「このレストランが2月」という理由がピンとこない。余り深く考えなくてよかったのかもわかりませんが、狙いがあったのかなというのが、わかるような月もあるし、わからない月もある。

    ・道案内の若い男性のタレントがいて、それぞれに案内役の地元の女性がついてという設定、あれも国によってのばらつきが結構あるように思いました。各地の生き生きとしてそこで新鮮に感動していている女性もいる反面、一方「どうですか、これ、きれいでしょう。きれいでしょう」と、ちょっと小うるさいような女性もいて、そういうばらつきもそれぞれあったなという印象もありました。

    ・この番組、どういう人が見るのかなというのを想定していらっしゃるのかなと思いました。軽い感じの内容なので、エンターテインメントとしてはそれなりだと思いますが、この正月にぶつける内容なのかなと正直思いました。

    ・絶景とパワースポットという映像は非常にわかりやすかったが、どれも他の番組でほとんど紹介されている内容なので、例えばオーロラとかグランドキャニオンとかベトナムとか、余り目新しさはなかったのかなと。

    ・短い間で情報を伝えるというところを重視するのはわかるが、旅人の個性とかキャラが立つような会話があるとよかったのかなと思います。

    ・北極圏のアビスコがよかった。真っ暗で何もないので逆に印象に残っている。観光ガイドみたいな人もいますけれども、本当に観光地だったのかなみたいな、逆にすごくよかったなという印象を持ちました。

    ・冒頭に「4人のドリームコレクターが」というけど、4人が何のドリームをコレクトするのかもわからなかった。最初の方だけはジャケット持って出ますというので見せているんですけど、その次のときにはそういう人は出てこなくて、ドリームコレクターが出てくる回と出てこない回の違いが何なのかもわからないままだった。

    ・旅人で登場する若い人たちが感動を伝えるメッセンジャーになってないという印象。
    どのレストランに行っても、風景はきれいですが、いわゆる食事のおいしそうな印象というのがない。ただ12カ月羅列しただけで、結局みんな綺麗な景色なのでみんな同じ絵に見えちゃったみたいなことにしかならないなと思いました。

ページの先頭へ